“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

全記事表示リンク

今日もツル&オクラ

本日は昨日から連休をいただいていましたが、まだ慣れない仕事の疲れが十分にとれていなかったことに加え、依頼を受けた書き物があったことや昼ごろから雨もようになったことからトレーニングはさぼったまま。
夕方からは幼い子ども2人と留守番になったため、久々に少しだけ台所に立つことになりました。

といいましても、既にカレーが用意されていたことから自分がしたことはといえば、家庭菜園でまだ健在のツルムラサキとオクラを本日もとってきて、ゆでたことと、子ども用にフライドポテト&カボチャを揚げたことぐらいでした。
そうそう、本当は昼間に買い込んでいたトウモロコシもラップにくるんでチンしていたのですが、電子レンジの中に置きっぱなしにしているのを、子どもたちを寝かしつけた後に思い出すという失態もありました。

BL170922夕食1IMG_4962  BL170922夕食2IMG_4971  BL170922夕食3IMG_4966

スポンサーサイト

唐辛子・エゴマ・濁酒

なかなか秋からの野菜に切り替えることができない家庭菜園では、依然としてオクラやツルムラサキが日々収穫できていますが、韓国風焼き肉になくてはならない青い唐辛子やエゴマの葉もまだまだとれます。
エゴマは、真夏に比べると葉が大きくなるスピードが落ちたようで、いよいよつぼみが見えてきていますが、それでも小ぶりの葉はとり放題の状態。唐辛子は長い間、ポツリポツリとしか実がなりませんでしたが、ここにきて一気に何本も伸びてきて、消費が間に合わないほどです。

というわけで、ちょうど韓国風焼き肉「サムギョプサル」用の豚肉のいただきものがあった昨日と本日は、自家製のエゴマと青唐辛子を使って、お肉をたっぷりいただきました。
晩酌のお酒はビールでスタートしていますが、その後にいただいているのはマッコリと似た濁り酒のドブロク。お酒の量販店で手に入る長野・遠藤酒造の「渓流 どむろく」を何カ月ぶりに購入して飲んでいます。

このドブロクは720ミリリットルが1000円台と安価ですが、、荒くこした米粒がそのまま入って、酵母が生きている活性のためシュワシュワの微炭酸であるうえ、フルーティーな香りも十分に楽しめます。
醸造用アルコールを加えていることや、少々甘すぎるのが微妙なところですが、手軽にいただけるお酒としては、安価な輸入ワインよりは満足感が高く、私の晩酌用お酒として定番の1つになっています。
このお酒は通年出荷されているもようで、季節感が損なわれるようにも思いますが、これが美味しく思えるようになったということで、世の中が涼しくなって本格的に秋になっていくのを感じています。

BL170920夕食1IMG_4918  BL170921夕食どぶろく2IMG_4951  BL170920夕食3IMG_4922

コスモス&ワタの花

泊まり勤務明けの本日は、このところ本格的にトレーニングを始めようと思っているフォアフット走法に適した新たなシューズを物色しに大阪・梅田の百貨店やランニングシューズ専門店に立ち寄りましたが、自分に合うサイズや購入に踏み切ろうと思うような商品がなかったことから、あきらめてロードバイクに乗り帰路に就きました。

その後、淀川河川敷で、いつも走っている広い自転車道ではなく、流れに近い歩道・自転車道を通ってみようと草地を横断したところ、四角いブロックが板チョコのように並んだ場所が草に覆われて分からず、大きな段差に前輪が落ち込み、そのまま前回りする格好で大転倒をしました。
奇跡的に、けがは肘の下を擦りむいた程度で済みましたが、チェーンが外れただけだと思っていたバイクは、その後こいでみると、左側のペダルを踏み込む度にカチカチと異音が出るようになってしまいました。
しかし、その足で出かけた行きつけの自転車屋さんは本日が休みで、そこから近いスポーツクラブに寄って、軽く泳いできました。

掲載する写真は、淀川から離れるあたりの河川敷公園で咲いていたコスモスとワタの花「綿花」です。

BL170920コスモス&綿花1IMG_4402  BL170920コスモス&綿花2IMG_4413  BL170920コスモス&綿花3IMG_4420

コスモスは、先ごろここで撮ったオレンジのキバナコスモスに代わって咲いてきますが、まだポツリポツリと咲き始めたばかり。そんなピンクの花が風に揺れる様子を、薄曇りの白い空をバックに下からあおってハイキーで撮ってみました。

先月から咲き始めているというワタは、花よりも実を包む白い綿の方が目立っていましたが、その両方を1枚に収めることができず、それぞれ別に撮ることにしました。

ワタはアオイ科の植物で、花は同じ科のアオイやフヨウ、ハイビスカスやオクラで良く似ています。
しかし、近くで見ることは初めてだと思う白い綿は独特で、家庭菜園で日々収穫しているオクラと、このフワフワの綿を、同じ仲間の植物がつくっているというのは不思議極まりありません。

淀川河川敷&かき氷

泊まり勤務の本日は時間のあった昼ごろ、4日前に続いて息子を連れて淀川の河川敷公園に出かけ、自転車の練習をする息子に付き添う格好で、5本指シューズを履いてのジョギングをしました。

地下足袋のような5本指シューズを履いて、重心を先に前に移動させながら前足部の着地を心がけるフォアフット走法をすると、ヒザの痛みが出ないことに先日気づいたため再度、試みようとしたのです。
すると今回もやはり痛みはほとんど出ず、走りに慣れてきたこともあってか、前回以上に快調にジョギングをすることができました。

本日はさらに暑く、夏が戻ってきたようで、河川敷を3、4キロ走った後は先日と同じく、旧京街道・枚方宿のエリアにある氷専門店に立ち寄って、美味しいかき氷をいただきました。
先日は河川敷に来た話だけを紹介しましたが、本日は5本指シューズや、「いちごミルク+ダブルミルク」のかき氷の写真も撮っていましたので、河川敷の様子とともに掲載します。

BL170919淀川&かき氷1IMG_4349  BL170919淀川&かき氷2IMG_4353  BL170919淀川&かき氷3IMG_4368

台風一過のジテツウ

鹿児島、高知、兵庫と3度にわたって西日本に上陸した台風18号は、日本海に抜けた後、さらに北海道へと進んでいますが、大阪では朝から晴れ間ものぞき、雲は多いものの風も少なく、台風一過の穏やかさとなりました。

昨日は大事をとって電車通勤をした私ですが、3連休3連続勤務で昼前から夜にかけての仕事となった私は、満を持してロードバイクに乗り、ジテツウ(自転車通勤)を再開しました。
掲載する写真は、その出勤時に撮った3枚。まだらな雲が広がる空をバックに踏切を通過する京阪特急と、淀川河川敷の自転車専用道路を覆う大きな水たまりに映った雲。それに雲間から射す薄日に照らされた淀川大堰の風景です。

BL170918バイク出勤1IMG_4339  BL170918バイク出勤2IMG_4342  BL170918バイク出勤3IMG_4345

琥珀のビール、料理

本日はカレンダーを見ると3連休の中日に、あいにくの台風となりましたが、私は3日とも仕事があり、大事をとって電車に乗って通勤しました。
結果的には出勤時にはまだ雨が降っておらず夕方まで天気はもって、片道は自転車に乗ることもできたのですが、さすがに帰宅時には小雨とともに猛烈な風が吹き始め、その中をなんとか自宅にたどりつくことができました。

そんなわけで本日も、このところの埋め草の定番となっている食卓の写真でお茶を濁します。

BL170917夕食1IMG_4873  BL170917夕食2IMG_4876  BL170917夕食3IMG_4879

掲載した3枚は図らずも、ビールも料理もアンバー(琥珀色)系。
そのうち銀河高原ビールの新作らしい「アメリカン ペールエール」は、銀河高原と並んで私が好きな日本のクラフトビール醸造所の1つであるヤッホーブルーイングの長年の人気商品である「よなよなエール」と色も、薫り高いビターな味も似ていますが、さらに銀河高原らしく麦や酵母そのものの味が効いています。

子ども向けに作られたミニロールキャベツとタマネギの肉詰めのセットは、なんだかアニメか絵本のキャラの顔のように見えたため、自分で口の部分にスプーンを置いてシャッターを切りました。
そしてやはり小ぶりのカレイの切り身には、ビールと似た琥珀色の子が顔を出していました。

茗荷に続きショウガ

香味野菜に目がない私は、この春から自宅そばで借りた狭い家庭菜園で、これまでメインだった夏野菜のすき間に、ハーブ類などを「混植」していました。

既に紹介している通り、タイバジルやスイートバジル、エゴマ、それになぜか自然にあちこちから生えてきたシソは繰り返し収穫を楽しんでいますが、それらに加えて1週間ほど前からミョウガ(茗荷)がとれるようになったのに続き、昨日はサトイモの株間に植えてあるショウガを初めて収穫しました。

BL170915ショウガ1IMG_4819  BL170915ショウガ2IMG_4824  BL170915ショウガ3IMG_4832

それなりに葉を茂らせたショウガの株の根元を見ると、わずかに紅色に染まった茎もあり、これは地面の中に新ショウガができていることを示すサインですので、そのうちの並んだ2本を掘り起こしてみました。

すると地面の中から小ぶりながら白っぽい新ショウガが顔を出し、それに連なって立派な種ショウガも掘り出すことができました。
新ショウガの部分は種ショウガよりも小さく、出来が良いとは言えませんが、先日のミョウガと同じく、やせた土地で収穫があるかどうかすら危ぶまれたことを思うと、一応の収穫が見られたことは十分な成果です。

そして、生のまま味噌をつけて食べたり、甘酢漬けにしたりした新ショウガは、辛みが少なく、みずみずしい味と香りが絶品で、やはり市販のものよりは美味しいようです。
また正真正銘の「ひねショウガ」となった種ショウガの方は本日、すりおろして刺身と一緒にいただいたところ、ピリリと辛くて、これまたとりたてならではの美味しさでした。