FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

ランニング誌でも続々紹介!!

ランナー向けランニング雑誌の今月発売号は既に店頭に並んでいますが、カメラ雑誌同様こちらランニング誌でも写真展「走った!撮った!わが町マラソン」の告知が続々と掲載されています!!

BL110627ランニング誌1R0012947  BL110627ランニング誌2R0012945  BL110627ランニング誌3R0012958

写真展の告知記事を掲載してくれたのは「ランナーズ」と「ランニングマガジンcourir(クリール)」(中央)。
ランニングブームで女性ランナー向けなどの新しい雑誌も増えましたが、この2誌は最も広くランナーらに支持されている雑誌の双璧といえます。

2誌のうちランナーズには先月発売号の「慶州さくらマラソン」のレポートに続いて、今回も私は「ぎふ清流マラソン」のレポートを執筆させてもらっていて、その記事の末尾に、編集部の計らいで写真展の告知欄を加えていただきました(左)。

一方のクリールは情報ページのイベント案内で、ギャラリー遊の住所や電話番号も含めて写真付きの告知を掲載してくれました(右)。
両誌の編集長さま、ご担当者さま、どうもありがとうございました!!

さて私が会場に詰めた週末の3日間を過ぎて、週明けの本日はギャラリー遊を訪問してくださる方がめっきり減ったということです。
ギャラリーを開いてくださっているオーナーの遊座武さんから、そんなふうに聞くと、寂しく感じるとともに私の上京に合わせて訪問しようと考えてくれる人が多いと思えば、うれしいようにも感じます。

ちなみに私自身は当初、後半は土日の2日間だけギャラリーに詰める予定でしたが、同僚の尚彦さんに頼み込んで仕事をカバーしていただき、もう1日前倒しして金曜から上京することになりました。
つまり、今週末もまた金曜から日曜まで、7月1日から最終日の3日までは現場で皆さまをお迎えします。

もちろん、ご都合がつかない場合は、その前も毎日ギャラリーは開館していますので、訪問していただければ写真をご覧になると同時に、クロスカントリースキーの猛者・遊座さんのお話も、うかがえるかもしれません。

ということで、まだまだ続く「走った!撮った!わが町マラソン」を、引き続きよろしくお願いします!

カメラ誌で続々紹介!!

本日までに発売のカメラ雑誌2つが「走った!撮った!わが町マラソン」の紹介を掲載してくれました!!

これらの雑誌は「CAPA」(学研)と「カメラマン」(モーターマガジン)のそれぞれ7月号。
ともにギャラリー情報のページで、「注目の写真展」として写真付きで紹介記事を掲載してくれています。
こうしたページに掲載される情報のほとんどは一覧に並ぶ文字のみで、写真付きで掲載されるギャラリーは、1月に8~9カ所のみ。今回、両誌ともに写真付きの記事が掲載された写真展は、「走った!撮った!」以外にはプロの競作写真展が2つだけです。

もちろん会場となる東京・日本橋の「ギャラリー遊」も名前がバッチリ載り、メジャーなスポットに仲間入りです。

BL110621カメラ誌1R0012748  BL110621カメラ誌2R0012731  BL110621カメラ誌3R0012743

そうそう、ついでのお知らせが1つ。ラジオへの生出演についてです。
写真展の前日、23日午後5時40分すぎから、FM東京のランナー向け番組「JOGLIS+」にゲスト出演して「わが町マラソン」の魅力などについてお話させていただくことになりました。

先月、高橋尚子さんの故郷・岐阜市で開かれた「ぎふ清流マラソン」で久々にお会いした浅利そのみさんがパーソナリティーを務めてられる人気の番組で、5分ほどのコーナーの締めくくりの部分では、写真展の案内もさせていただく予定になっています。

銀座での写真展では、オープニングパーティーにお越しになった浅利さんはギャラリーで私のインタビューを収録してくださったのですが、今回は初日に出張が重なることになって、その代わりにと前日の生出演を提案してくださいました。
写真展の準備疲れもあって声がしっかり出るかどうか心配ですし、そもそも口下手の私ですからシドロモドロになりそうですが、またとない宣伝の機会ですので少なくとも明るくお話できればと思っています。

サイト・ブログで続々紹介!!

東京・日本橋のギャラリー遊で開かれる写真展「走った!撮った!わが町マラソン」の初日まで1週間余りとなった本日までに、ネットサイトやブログ上で、写真展の紹介が続々と掲載されています!!

昨夜も夜なべをして、会場に設置するパネル用のあいさつ文をひねり出し、仕事のあとも引き続きもろもろの準備に追われるなか、ネタ切れが必至となった本日の私にとって、これは朗報。さっそく転載いたします。

BL110616タイムアウト1  BL110616タイムアウト2R0010137  BL110616みやちさん

写真展を紹介してくれたネットサイトは東京のホットな情報を日英のバイリンガルで豊富に提供している人気サイトの「タイムアウト東京」。
http://www.timeout.jp/ja/tokyo/event/2163

ぎふ清流マラソンで長良川に架かる金華橋の上を笑顔で快走するQちゃんこと高橋尚子さんの写真をはじめ出品する写真3枚とともに、大きな記事を掲載してくれました。しかも、去年オープンしたばかりのギャラリー遊についても詳しい地図入りで情報を載せてくれていて、さすが人気サイトだけあって気配りが利いています。

この記事を掲載してくれたのは、自らもランナーでありトライアスリートでもある快足で敏腕の美人コンテンツ・ディレクター、彰子さん(中央)。
今年の東京マラソンに合わせて銀座のリコーフォトギャラリー「RING CUBE」で開かれた私のミニ写真展「走った!撮った!東京マラソン2010」も紹介してくれた彰子さんは東京マラソンの際に、32キロの給水所でボランティアをされていました(中央)。
このとき既にオメデタだった彰子さんは、つい最近、無事ママになられたばかりですが、今回の記事を自宅でつくってくださいました。おめでとう、そしてありがとうございます!!!

本日、彰子さんから連絡を受けて私は当初「タイムアウト」のトップページから記事を探そうとしたのですが、「アート&カルチャー」のページを開いても見つかりません。「まだテスト中だろうか」と悩んだあげくに、やっと記事を見つけたのは「スポーツ&フィットネス」のページ。
「そうか、自分の写真は、どちらかといえばアートというよりスポーツだよな」と妙に納得してしまいました。
しかも、掲載初日から「スポーツ」イベントの人気コンテンツでトップに躍り出るという快挙!やはりスポーツで正解だったんですね。

そして昨日、やはり私の写真展についてフライヤーの画像入りでデカデカと掲載してくれた人気のブログは、トレイルランナー/スカイランナーのみやちふじお(宮地藤雄)さんのサイト(右)。
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/bt_fujio/article/2662

国内だけでなくヨーロッパ各国のスカイレース(登山競走)でも活躍するみやちさんは、実力が一流なうえに、甘いマスクのイケメン。しかもご自身が活躍するフィールドに恩返しをしたい気持ちからゴミを拾う「清掃登山」を企画するなどハートもホット。
「東京夢舞いマラソン」でも、ゴミばさみの「トング」を片手に歩く「トング隊」を結成して東京の町をきれいにしてくれるほか、「東京マラソン2010」の際にも私が不在にかかわらず甘くて美味しいケーキを差し入れてくださいました。今回も、ありがとうございます!!!

そんなふうに格好良く優しいみやちさんは今後、私が「言い出しっぺ」になって実現を目指す韓国・済州島の「漢拏(ハルラサン)山登山競走」の企画に1枚加わってくださるものと(私から)期待されています。
どうぞ、よろしくお願いします!!!

ちらし&DMを先行公開!

今月24日から来月3日まで東京・日本橋の「ギャラリー遊」で開催する写真展「走った!撮った!わが町マラソン」のフライヤー(ちらし)とダイレクトメール(DM)の原稿が完成しましたので、印刷・配布に先立って、そのデザインを公開します。

要するに、写真展の準備が追い込みの時期に入って、新たに撮った写真付きのネタが枯渇しているのです。
ギャラリーで展示をするパネル用の写真のうち、自前でプリントするメーンの52枚については、昨夜のうちに出力をすべて終えましたが、この後、今回もパネルの制作をしてくださる明走会の駆けっこ仲間の「雄ちゃん」こと「シンエイ株式会社」社長の田中雄一郎さんにプリントを発送するところで、息つく暇も寝る暇もあまりないのが実情だからです。

やはり明走会の駆けっこ仲間で、敏腕デザイナーの金森尚さんが渾身の力を注いで制作してくれたちらしとDMは、以下にご覧いただけるように、すばらしい出来ばえです。

ブログに掲載する写真はこれまで、小画面のPCでも上下端が切れない程度のサイズに整えていましたが、今回は小さな字も読めるように、少し大きめのサイズにしてあります。
ギャラリーを訪ねてくださる方は、画像を拡大したうえコピー・プリントしていただければ、この画像がなんとか使いものになるのではないかと思っています。

ちらしコピー1E  ちらしコピー2EE  DMコピー1  DMコピー2

そもそも、このままで配布するものですから、何ら説明などいらないようなものですが、お分かりの通り左側の2枚は、ちらしの表と裏、右側がDMの裏と表ということになります。

今回も増田明美さんから、すばらしいメッセージをいただいていますが、このちらし用のメッセージに加えて、ギャラリーに掲示するパネル用にもスペシャルメッセージをいただいています。
どうか、足を運んで、写真とともにそのメッセージもご覧いただればと思っています。