FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

紀州加太を味わう2

長い夏休みをいただいたとあって月の後半のシフトは少しだけきつめとなり、週末の宿直明けの休みは昨日1日だけで本日は仕事に戻りましたが、引き続き掲載するのは紀州・加太での食事です。
後半の今回は、ホテルの朝食のほか、加太に向かう途中で立ち寄った道の駅や旅行最終日に渡った友ケ島での食事もオマケで紹介します。

BL200810休暇村朝食1IMG_6784 BL200811休暇村朝食2IMG_6861 BL200811休暇村朝食3IMG_6871

BL200811休暇村朝食4IMG_6981 BL200811休暇村朝食5IMG_6866 BL200810休暇村朝食6IMG_6788

食事はホテルのサービスの主要部分ですから当然ではありますが、今回2度目の利用となるこのホテルの朝食は、普段の朝ごはんからは想像できないほどの豪華さ。朝から新鮮な刺身や金目鯛の干物などが出てくるとあって、紹介せざるを得ません。
また、基本料理に加えて、それだけでも満足できそうな内容の副菜やデザートのビュッフェも夕食同様に付いているうえ、ここの名物である対面注文で多彩な具材を選べるおにぎりまであり、優雅に時間を費やしながら食事を楽しめて満腹になってしまいます。

BL200809道の駅シラス丼IMG_6709 BL200812スイカIMG_7076 BL200812カレーIMG_7074

オマケの1枚目は加太に入る少し手前の大阪・岬町の道の駅でいただいた名物の生シラス丼。
実は私の大好きな生シラスは、近所のスーパーでもかなり新鮮なものが時おり売られていて、そのたびに買ってきていますが、さすがに地元のシラスはいっそう新鮮に思え、前回に続いて注文し、おいしくいただきました。

そして友ヶ島の「海の家」で注文したのはカレーライス。
旅行の間中、朝な夕なにごちそうの連続でしたのでシンプルな料理は新鮮に感じましたし、海辺の前庭というロケーションでは質素な内容でも楽しめたようで、ご飯をおかわりして満足しました。
さらなるオマケは島に持参してデザートにいただいたスイカ。旅行2日目のバーベキューで用意しておきながら、砂交じりの強風下でスイカ割りをするのがはばかられ、ホテルの冷蔵庫で冷やしたうえ持ち込みました。

紀州加太を味わう1

夏休み後で初めてのオフとなった本日は午前中、子どもたちと一緒に留守番をして、午後にはショッピングモールに買い物に行き、比較的のんびりと過ごしました。
休み中に出かけた海や山の風景は一通り紹介し終えましたが、この後は落穂拾いとして宿泊先などでいただいた料理などの写真も掲載します。まずは海で3泊を過ごしたホテル「休暇村 紀州加太」での食事からで、前半は夕食の品々です。

BL200809休暇村食事1IMG_6720 BL200809休暇村食事2IMG_6727 BL200810休暇村食事3IMG_6823

このホテルでは連泊する場合、魚介料理をメインとする基本の懐石であっても毎日内容を変えてくれるとのことでしたが、義母も合流してくれた貴重な家族旅行でもありましたので、2日目、3日目は少し追加料金がかかりましたが別のコースを頼みました。
最初の3枚は、初日にいただいた新鮮で豪華な刺身盛りと、2日目の「熊野牛コース」のオードブル、それに初日に生ビールの後に注文した地酒の飲み比べセットです。

ただ、最近減酒に伴って自宅でもいっそう美味しいお酒を厳選していただいている私には、残念ながら飲み比べのお酒はいずれもイマイチに感じ、あまり量が飲めなくなってきていることもあって、飲みきるのに一苦労でした。まあ、おかげで追加注文したり、お土産で同じお酒を買ったりしなくて済んだわけで、良しとします。

BL200811休暇村食事4IMG_6949 BL200811休暇村食事5IMG_6963 BL200811休暇村食事6IMG_6953

BL200811休暇村食事7IMG_6955 BL200811休暇村食事8IMG_6972 BL200811休暇村食事9IMG_6959

3日目の夕食で注文したのは「鱧(ハモ)コース」。
関西の夏のごちそう言えばハモですが、私自身は昨年、仕事の一環である他社の方々との飲み会で自らが幹事となって初めてのハモコースを体験していたものの、家族や義母にごちそうさせてもらってはいませんでしたので、この機会に奮発することにしました。

その結果、さすがにハモがとれる海のそばとあって、煮凝りから鍋まで七変化で出されるハモそのものが新鮮で美味しく、さらにアワビをはじめとする他の魚介の刺身などもプラスされていて、大満足でした。
お値段も自分が仕切った宴会に比べると、追加料金はさほどの額ではなく、この食事代も事後的にはGoToトラベルの割引対象になることも考えると十分以上にリーズナブルで、せっかくの機会にホテルの食事で少しぜいたくしてみるのも悪くないと思えました。

しゃぶしゃぶで満腹

宿直明けの本日は家族の記念日で、帰宅時に京阪の自宅最寄駅から2つ手前の寝屋川市で下車して途中で買い物を挟み5キロほどを走った後、夕方には子どもたちの希望も受け、しゃぶしゃぶの専門店で食べ放題のディナーを楽しみ、体重が一時的に2、3キロ増えるほど満腹になりました。

BL200712しゃぶ葉1IMG_6228  BL200712しゃぶ葉2IMG_6232  BL200712しゃぶ葉3IMG_6230

頸動脈にたまったプラークなど動脈硬化の改善を目指して食事療法を続けている私にとって、肉の脂身は避けた方が良い食材の一つです。とはいえ日常的に多くの量を食べなければ問題ないように思われ、本日のところは少しばかり口にしたほか、脂身の少ない鶏肉や野菜を多めにいただくなどしました。

一方、やはり飲み過ぎを控えるべきビールは、時間制限のある食べ放題で追加料金を支払っていただくのはお腹のスペースを狭めるうえ時間の無駄にもなりますので注文せず、全体的には外食とはいえ健康的な食事を楽しめました。
ただデザートは別腹でもあり控えることはしませんでしたが、これも油の少ない和風のメニューもあって、かなりがっつりいただきましたが自分なりの気遣いを加えることができました。

入学祝いイタリアン

本日は掲載できる写真を撮っておらず、代わりに泊まり勤務明けだった3日前、所要で家族と来阪していた兄に誘われ、息子の入学祝いとの名目で父も一緒にいただいたディナーの際に撮った写真を紹介します。

BL200624イタリアン1IMG_5723  BL200624イタリアン2IMG_5715  BL200624イタリアン3IMG_5718

BL200624イタリアン4IMG_5728  BL200624イタリアン5IMG_5741  BL200624イタリアン6IMG_5756

BL200624イタリアン7IMG_5759  BL200624イタリアン8IMG_5786  BL200624イタリアン9IMG_5778

出かけたのは隣町・高槻市内のイタリアン料理店。ワインに詳しい兄もソプラノ歌手のめいもともにイタリアンが好きなため小ぢんまりとした店を貸切にして会を開いてくれました。コースの料理はいずれも少ない量ながら見た目にもこだわっていて被写体としてもばっちり。ほぼすべての料理にオリーブオイルがたっぷり使われていたのは、油制限をしている私には合わないところでしたが、全体の量が少ないことから、たまにはこってりしたものをいただくのも悪くないと思えました。

ただ残念なことに私が運転手を務めたことから、例によって兄が持ち込んだボトルを含め次々についでくれたワインを味わうことはできませんでしたが、代わりにいただいたノンアルコールワインもなかなかの美味しさでした。
息子はデザートの際、お祝いの文字が書かれ、花火付きで運ばれた専用のプレートをもらって大喜び。「キッザニアをしましょう」とマスターに誘われ、娘と一緒に厨房の見学や手伝いもさせてもらって興奮しっぱなしでした。

食べ放題お寿司25皿

週末で明るいうちに帰宅できる早番のシフトとなった本日は、コロナ自粛以降初めてとなる家族での外食として、近くの寿司店で食べ放題をしました。私がいただいたのはなんと25皿。60歳間近で、本日は雨のため自転車通勤で十分にお腹をへらしておけなかったことも考えると、まあまあ頑張りました。

BL200612食べ放題1IMG_5404  BL200612食べ放題2IMG_5396  BL200612食べ放題3IMG_5406

1時間制限での料金は大人1848円で、元を取るための「ノルマ」19皿に達することができるかどうか不安でしたが、選択できるメニューに私の好きなイカ、タコ、貝も豊富で十分に美味しかったこともあり、あっという間に目標を達成。大きな味噌汁やボリュームたっぷりのプリンなどサイドメニューも4品いただいたのも含めるとお得でした。
ただ、食後は動くのもおっくうになるほどお腹がパンパンになり、体重計に乗ると当然のことながら約2キロは増えていて、ここ数カ月では最高を記録しました。

大阪では新たな感染者がほぼゼロになり、緊急事態宣言や休業要請も既に解けていますので飲食店への客足もそれなりに戻っているのではないかと思っていましたが、郊外型の人気回転寿司店でジャスト夕食時に行ったのにもかかわらず駐車場も店内もがらがら。もちろんレールに乗せて回転するシステムは中止でタブレットによる注文のみ。
薄利でも、まさにお客の回転によって成り立っている店としては極めて厳しい状況が続いているようで、お得な食べ放題もいつまで楽しめるものか分かったものじゃありません。

主な感染経路として分かっているのは、ほとんどが「3密」を具現したようなライブハウスや接待を伴う飲食店に個室の居酒屋、それに医療機関であって、ファミリー向けの広いレストランは元々ほとんど危険がなかったようにも思いますが、他人と接近すること自体がはばかられるのが社会常識となってしまったとあっては外食はおろか交通機関を使っての遠距離移動や旅行・宿泊、文化・スポーツイベントなどが以前のように普通にできる世の中にはなかなか戻ることは難しいのかもしれません。

社会の変化はまだまだこれからだと思うと、ほんの数カ月前までの、いろんなことが気兼ねなく自由にできた世の中が無性に恋しくもなりますが、こればかりはどうしようもありません。
冷静に無理なくできる範囲で人生の楽しみ方を考えていくしかないということなのでしょう。