FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

新酒、どぶ&ワイン

本日も真冬のような冷え込みの中、シューズに中敷き型のカイロを入れたり手袋を三重にしたりするなど防寒対策を万全にしてロードバイクで自転車通勤をし、昼休みにも軽いジョギングをしました。
掲載するのは、ここ数日にいただいているお酒やワインです。以前よりは格段に酒量を減らし、泊まり勤務がなくなって一時難しくなった休肝日も週に1度設けてはいますが、やはり1日の締めの楽しみは夕食時の晩酌。気に入ったお酒がそろっていれば、帰宅時のバイクライドも頑張れるというものです。

BL210216お酒4IMG_0518 BL210218お酒2IMG_0529 BL210218お酒1IMG_0522

行きつけの酒屋さんで一昨日にゲットした新しい日本酒は、岐阜・飛騨古川にある渡辺酒造の「W」シリーズのうち酒蔵好適米・強力を使った純米吟醸の新酒。圧倒的にフルーティーな香りと米本来の味、それにほど良い酸味がマッチした、みずみずしい美味しさのお酒で、私にとってストライクゾーンのど真ん中。酒量を自制しつついただくのが難しいほどです。

また同じ店で何度もリピートしている濁り酒は、山形・酒田酒蔵の「黒どぶ」。残念ながら火入れをしていますが、わずかにガスが残って、こちらも若々しい味わい。米のつぶつぶが十二分に残り、フルーティーで酸味も上々。韓国の田舎でいただくマッコリのようでもあって、濁り酒の中では一押しの一つです。

そしてワインは、大阪・柏原市のカタシモワイナリーがつくっている「キングセルビー・柏内ワイン」の白で、やや甘口の1升瓶入り。
国産でリーズナブルな価格のフルーティーなワインがお好みの私にとって、地元の大阪ワインは応援したい気持ちがあるものの、やや高めの値段設定がネックになって敬遠しがちでしたが、近くの量産店で最近見つけたこのワインは、そこそこに安いものの内容は一級品。ブドウ本来の香りも、うまみもあふれるほどで、甘ったる過ぎることもなく、食中酒としても夜中にそのままいただいてもOKで、1升瓶とはいえ、あっという間になくなってしまいます。
以前、富士登山競争に毎年参戦していたころ、麓の富士吉田で何度も買ってきた1升瓶ワインの「クラシック」と少し似ていて、調べてみると、やはり同じく国産の甲州ブドウが使われていました。

実は最初にゲットした店では1本だけを見つけ、近くの系列店では売り切れていたため本日、職場近くの天神橋商店街にある店で置いているの事前の検索で確認して2本目をゲットしてしまいました。

スポンサーサイト



雨の日は家でご馳走

せっかくの土日なのに昨日も本日も雨がしとしとと降り続けました。
おかげで2日の間に外に出たのは、わずかに昨日の昼ごろ、家庭菜園の畝1本の半分に施してあるビニールトンネル内に雨が入るよう覆いを外しに行ったのと本日の夕方、少し熱が出た息子に留守番させて近くの生協スーパーや酒の量販店に買い出しに行ったのだけ。一歩も走ることなく、続けざまにご馳走を食べ続けました(そうそう、その合間に家に持ち込んでしまった仕事も済ませることができましたが)。

昨日に続き、そんなご馳走のうち写真で紹介するのは、お昼にいただいた自家製の豚まんと油を控えたあっさりうどん、夕食のメインとなった殻付きのカキ、それにお家で続いた宴会の締めくくりとして開けたスパークリングワインです。
こうしてゆっくり体を休め、かつ栄養をたっぷりとって英気を養ったことを振り返ると、明日からの1週間をまた頑張れそうな気になってくるというものです。

BL210124食事1IMG_0151 BL210124食事2IMG_0156 BL210124食事3IMG_0154

BL210124食事4IMG_0164 BL210124食事5IMG_0169 BL210124食事6IMG_0176

油抜きでも息抜きも

動脈硬化を改善するため日ごろかなり厳格な油・脂抜きの食事療法を続けている私ですが、たまには油っこいものをいただいて息抜きをすることもあります。
といいますのも、子どもと一緒に暮らしていると彼らが好きな油っこい料理を食卓に全く並べないわけにもいかず、それらとは別に私向けの枯れたような料理を用意してもらっていても、ちょっとは付き合いに食べたくなるものだからです。また、いくら動脈内のアカであるプラークを減らすのに邪魔者となる油・脂とはいえ、それもさまざまな栄養を運んだり体をつくり維持する必須栄養素ですので、極端に排除するのはかえって逆効果になるのではないかといったもっともらしい言い訳も用意しています。

BL210122サツマイモ天IMG_0060 BL210123パフェIMG_0084 BL210123ホットドッグIMG_0065

そんなわけで子どもと週末を迎えた昨日から本日にかけては、けっこうご法度なモノもいただいていて、そのうち三つを撮った写真を掲載しておきます。

昨夕にいただいたのはサツマイモの天ぷら。秋に畑で収穫したサツマイモはこのところ料理にしたりオヤツにしたりして次々に消費してきましたが、いよいよ残り少なくなって、子どもたちの大好物である天ぷらを初めて作ってもらいました。
煮たり蒸かしたりしても十分に甘い畑のサツマイモですが、やはりさらに高温で揚げると甘さは一段と凝縮されて格別です。

本日の朝にいただいたのはホットドッグ。普段はほぼ毎食ご飯と味噌汁をいただいていますが、ソーセージの脂ぐらいはOKにして、さっと軽くパン食にしてみるのも悪くはありません。そもそも息子は、学校の給食でパンを食べる機会がそれなりにあるため、ダブりを避けようという意味もあって平日の朝食ではご飯を食べさせていますので、土日ぐらいしか皆でパンを食べられないという事情もあります。

そしてオヤツにいただいたのはパフェ。夏に収穫してきて冷凍してあったブルーベリーも加えた豪華なものですが、私は小ぶりなサイズにしてもらいました。
コロナの緊急事態宣言下であることに加え、朝から雨もようの本日は皆が家にこもっていたこともあり、昼食には焼きそば、夕食にはなんとカモ鍋という、それなりに油・脂っこいごちそうもいただき、少しばかりの罪悪感もおぼえながら幸せな気分に浸りました。

弁当も毎日ごちそう

昨年11月の定年・継続雇用スタートを機に、休み時間ゼロで宿直もこなすシフト勤務から外れ、ようやく自分の裁量で昼休みを取ることができれば飲みに行くのも仕事になり得る立場になったというのに、世の中はコロナ禍の最中で外食も会食もはばかられる毎日が続きます。

そんななか幸い家族で食卓を囲める身分とあって夕食では連日のようにごちそうにありつけ、お酒もいただいていますが、職場のデスクで半ば仕事をしながらいただくお弁当も、量こそ控えめですが毎日がごちそうで楽しみとなっています。
外の空気を常時取りこめる窓を背に広いデスクを使わせてもらえて、「密」とは無縁の職場の席で、そんなお弁当を感謝を込めていただく直前、さっとカメラを出して撮った3日前と昨日、本日の写真を掲載します。

BL210118お弁当1IMG_1594 BL210120お弁当2IMG_1622 BL210121お弁当3IMG_1641

朝もしっかり食べ、夕食は宴会のようにたっぷりいただいていますが、2年ほど前に減量と荷物のコンパクト化を図って弁当箱をダウンサイズした後、動脈のプラークを減らすため脂・油を控える食事療法も始めたことから、お昼は以前と比べると一見質素な感じです。

とはいえご覧の通り、全体の量こそ控えめながら、その内容は盛りだくさん。もちろん脂・油の量はしっかりコントロールされて、いきおいカロリーもほどほどに。秋に収穫したシソの実の塩漬けをはじめ家庭菜園で取れた人参や大根、レタスやミズナも入っていて、美味しくありがたくいただいています。

甘い菜園のニンジン

冬を迎えた家庭菜園で、結球しないままだったハクサイや雑煮用ぐらいにしか太らなかったダイコンと対照的に、それなりの収穫を続けることができているのは、幅1メートル足らずの畝の2メートル分ほどだけを使って育てたニンジンです。

梅雨明け前の種まき以来、手塩にかけて育てたニンジンは、最終的な間引きに手抜かりがあったため大きくならなかった株も少なくありませんが、市販のものに負けないほどの大きさのものも少なくなく、我が菜園の野菜の中では優等生の部類です。
しかも肥料の少ない畑に育ち、よほど養分をため込まなければならないと思ったのか、その甘さは格別で、生のままかじっても料理に使っても感動してしまいます。

BL210114人参1IMG_0033 BL210115人参2IMG_0041 BL210115人参3IMG_0038

そんなニンジン料理のうち昨日いただいたのは、無脂肪乳だけを加えて作ったスープ。糖分を足していないのがウソのような甘さで子どもたちも喜ぶほどでした。
また本日は間引きそびれて不出来のままだったコロコロのニンジンを、皮もむかないまま料理したグラッセをいただきました。こちらはむしろお酒のツマミになりましたが、やはりかめばかむほど甘くて絶品でした。

オマケは、やはり生でも甘い不出来なダイコンのスティックと、ひとしきりの収穫を終えた後、今度は立派な葉もいただいているブロッコリー。
このブロッコリーの葉は少し繊維っぽく、青汁の原料となるケールや野沢菜を思わせる濃い色ですが、やはり冬の寒さを受けて糖度が増しているようで何とも言えない甘さを楽しむことができます。