FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

59歳の手作りケーキ

私が59歳になった昨日の誕生日は、自宅で乾杯して焼き肉をたらふく食べた後、パーティーの締めとしてケーキもいただきました。
焼き肉の写真はありませんが、赤飯と食事をしながらいただいたビールやワイン、それにデコレーション前後のケーキの写真を掲載します。

BL191108誕生日パーティー1IMG_2873  BL191108誕生日パーティー2IMG_2859  BL191108誕生日パーティー3IMG_2866

BL191108誕生日パーティー4IMG_2871  BL191108誕生日パーティー5IMG_2901  BL191108誕生日パーティー6IMG_2906E

自家製のシフォンケーキを生クリームでカバーしておき、ブルーベリーやイチジク、追加のクリームによるデコレーションは子どもたちが担当。夏のブルーベリー狩りの後、私の誕生日までとっておきたいと冷凍保存を頼んだ息子も、生クリーム大好きの娘も真剣な表情で取り組んでくれました。
そんな愛情もてんこ盛りのケーキは市販のものより美味しいほどで、ビール、ワイン、どぶろくと飲み続けてほろ酔い気分の私は、幸せな気分にひたらせてもらいました。

入院中で招待できなかった父が59歳を迎えたのは、私が札幌に赴任していた独身時代。その頃の私は、約30年後の自分が、こんなにぎやかな誕生日を過ごすことなど想像できなかったはず。
人生がどう展開していくのか、分からないものです。

スポンサーサイト



餃子・芋づる白ビール

本日は地元の高齢者の集いで、息子が通う幼稚園の年長組が鳴子を持ってヨサコイのパフォーマンスを披露しましたが、舞台は5分ほどで終わり、その間私は先日の運動会に引き続き主にビデオ撮影をしていたことなどから紹介できる写真はありません。

代わりに掲載するのは夜までの勤務だった昨日、独りでいただいた夕食の際に撮った写真です。

BL191026餃子1IMG_2827  BL191026餃子2IMG_2831  BL191026餃子3IMG_2834

子どもたちは既に寝床に就いていましたが、パリパリとして美味しかったメインの餃子のほとんどは息子と娘が餡を包む作業をしてくれたということでした。
また近々予定している芋掘りを前に、このところどんどん収穫してはいただいているサツマイモの葉とメインのツルの間の茎「芋づる」は出勤前に私が取って一部下ごしらえをしたもの。芋づるもまた子どもたちが大好きですが、枝豆やササゲと同じく、連日のように食卓にのると子どもも飽きてくるのか、頼まなくても食べ残すようになってきました。

そして晩酌でいただいたのは酒類量販店でときどき買ってくるドイツ・エッティンガーの白ビール。
このビールは麦とホップだけを使った本物のビールとしては格安の1本150円余りですが、フルーティーさと厚みのある味わいはなかなかのもの。少し苦みにクセがあって常用はしていませんでしたが、よくよく味わってみると、このタイプの国産ビールでは一押しの銀河高原ビールとかなり似ていてコストパフォーマンスが格段に良いため、しばらく瓶ビールなどとともに常用してみようと思っています。

枝豆・ササゲ・落花生

トレランやイベントの写真が続きましたが、本日はこのところ毎日のように食卓にのっている家庭菜園で取れた豆類などの写真を紹介します。といいますのも、夏野菜のときもそうでしたが、どんどん際限なく取れるように思っていても、どの野菜にも収穫期の終わりがあるもので、秋の豆類などもいよいよ打ち止めの時期が近付いているからです。

BL191017豆1IMG_2779  BL191017豆2IMG_2777  BL191017豆3IMG_2768

そのうち1週間前、1本の畝を覆っていたものの、その畝での最後の収穫をした落花生は、いまだに連日いただいていますが、掲載したのはさらに10日ほど前の今月上旬に撮影したもの。
落花生は生のままグリルで焼いていますが、中の豆はナッツのように固くならないまでも殻はかなり固くなるため、食卓では子どもたちにむいてやる作業が忙しく、ほとんど写真に収めることができなかったのです。

落花生と平行して、ほぼ連日のようにいただいていたものの、ようやく先が見えてきたのは枝豆。
今シーズンは春まきで夏に収穫する早生の枝豆は不作でしたが、夏まきの中晩生のものはまあまあの出来で、落花生とともにビールのアテになってくれました。

そして夏以来、大豊作が続いていたササゲは、ここにきてサヤの伸びるスピードが落ち、短めになってきましたが、まだ辛うじて収穫ができています。
写真でササゲと一緒の皿にのっているオクラは、スタートはなかなかの収穫量でしたが、今月初めごろからは頭打ち状態で、実はポツリポツリとしかならなくなってきました。オクラはごく緩い傾斜のある畝の上の方に植えていたため土の中の養分が流れやすかったはずなのに、定期的に追肥するのを怠ったのが問題だったようです。
ちなみに枝豆やササゲなどの写真は1週間前の撮影でした。

まだ食卓彩る秋野菜

自宅そばの家庭菜園は夏の収穫が一段落して端境期になっていますが、ササゲや秋ナスなどの収穫は続いて食卓の彩りを添えてくれています。
大阪城トライアスロンを終えて休養日となった本日は日中の勤務に電車で出かけ、新たな写真もありませんので、撮りっぱなしになっていた6日前と4日前に食卓にのった、そんな野菜たちの写真を掲載します。

BL190919食卓1IMG_2661  BL190919食卓2IMG_2662  BL190919食卓3IMG_2668

このところ連日のように大量の収穫が続くのはササゲ。サヤが乾くまで待って硬くなった豆を取る手もありますが、豆になったらなったで料理に手間がかかりますし、乾燥した豆なら市販されたものを買えばよいようですので、やはりスジが入る前のサヤを緑色のうちに収穫して、そのままゆででいただくのが得策です。
とはいえ、どんどんできるサヤの中にはどうしても豆が大きく、紫色になったものも交じり、ゆでたときの色がきれいです。こうしたサヤからは豆を出し、豆好きの娘に食べさせてやります。

オクラやナスの収穫は先が見えてきたようで、いずれも数も大きさも控えめとなっていますが、これはこれで大事に味わうことができるように思います。

BL190921食卓4IMG_2719  BL190921食卓5IMG_2727  BL190921食卓6IMG_2724

先日、大量に収穫してソースになったバジルは、さっそくソースを使ったトーストやマカロニなどに重宝していますが、再び茂った葉の収穫も続き、肉料理やスパゲッティなどでいただいています。

バッタにさんざんやられたエゴマの葉もなんとか収穫し続けることができ、やはり被害の大きいシソは既に一斉に伸びてきた花穂を、そのままいただいていますが、間もなく実もどんどん収穫することになりそうです。

メロン、ササゲに蛸

沼津のトライアスロンに参加するのに合わせて2泊3日の旅行をし、その間にも日照りが続いたため、家庭菜園では収穫時期の最後を迎えていたキュウリが一気にほとんど枯れてしまったほか、梅雨明け直後に種をまいたニンジンが芽をださないままに終わったもようです。
一方、10本ほど以上の実が巨大化してスジだらけになってしまったオクラは、その後も収穫が続き、プリンスメロンやササゲも収穫できています。本日はそんな野菜や果物とともに、沼津から帰宅した日に中高の同級生にしてタコ釣り名人の洋一さんが届けてくれた大阪湾のタコの写真を紹介します。

190808食卓1IMG_1754  190808食卓2IMG_1738  190808食卓3IMG_1751