“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

FC2カウンター

全記事表示リンク

大川村が舞台の芝居

本日は学生時代、劇団「そとばこまち」に関わって以来の友人で女優の、みやなおこさんが出演する小劇場の芝居を、大阪市内で見てきました。当初は大阪での初日となった一昨日の仕事終わりに行く予定でしたが、家族が立て続けにインフルエンザでダウンしたことから延期して、最終回のマチネー(昼の上演)を見ることになりました。
終演後、一緒に客席にいらした先輩の有子さんも一緒に撮ってもらったスリーショットなどを掲載します。

BL180212埋没1IMG_5562  BL180212埋没2IMG_5561  BL180212埋没3IMG_0867

なおこさんが主役を演じた芝居は、気鋭の劇作家・中津留章仁さん率いる劇団「TRASHMASTERS」28作目の「埋没」。過疎化で村議員のなり手が減り、議会に代わる「村総会」による直接民主制の導入を検討して話題になった高知・大川村が舞台の作品です。

半世紀前、村の中心部がダムによって水没したことで亀裂が入った2つの家族の昔と今を軸に、大規模公共事業の功罪や自然の恵みの中で生きる山村の良さを描くという骨太のストーリーでしたが、母と娘の2役を演じたなおこさんをはじめ役者たちの気迫の演技もあって、2時間半があっという間に過ぎてしまうほどの面白さでした。

小劇場といえば奇想天外な話や笑いばかりと思っていただけに社会問題に向き合う作品は驚きで、まさに社会の問題や出来事を取材して伝えるという仕事をしてきた私としては親近感も覚えました。芝居というものはしょせん閉ざされた世界での自己満足であって、社会へとつながる広がりは持ちにくいとあきらめて、その世界から距離を置いてしまった私としては、自分が芝居をしていたとすれば、こんな舞台を目指していたかもしれないとさえ思えるほどでした。
この作品は来月には東京で上演されますが、舞台で描かれた四国での公演も実現してほしいものだと思います。

BL180212埋没4IMG_5557  BL180212埋没5IMG_5555  BL180212埋没6IMG_5551

午後1時から大阪の繁華街・ミナミの一角にある日本橋(にっぽんばし)の劇場で上演された芝居に向けては、京阪電鉄・京橋駅で下車して大阪城公園や大阪市の中心街を抜けて近くにあるスーパー銭湯まで約7キロを走った後、汗を流してから出かけました。
本日の大阪は異常なほどの低温で、ランニング中には朝方に降った雪が日陰や歩道橋の上に残っているほどで、劇場の客席も相当に冷え込んだのは玉に瑕でした。

スポンサーサイト

精華町でイチゴ狩り

日曜の休みとなった本日は、このところ2月の恒例となっている京都・精華町でのイチゴ狩りに行きました。
出かけた先は、去年リニューアルしてオープンしたばかりの観光イチゴ園で、料金が手ごろなうえイチゴ狩りならではの品種も味わえるとあって、リニューアルされる前から行きつけています。

今年は昨日がシーズン初日で、この週末は何週間も前から予約でいっぱいになっていましたが、昨日になって電話で問い合わせてみたところキャンセル分が出ていて、行けることになりました。
そして、最初に入ったハウスは市場にも広く出回っている「さがほのか」の畑でしたが、途中で隣にある「やよいひめ」のハウスに移動することができました。このやよいひめこそ、果肉が柔らかいため出荷が難しいというイチゴ狩りならではの品種で、極めて糖度が高く甘さが格別なのです。

というわけで、いったんはお腹がいっぱいになったと思いきや、またエンジンがかかってしまい、結局のところいただいたイチゴの数は、特大が中心で60~70個。子ども料金の息子や、まだ無料の娘も合わせて、十二分以上に元を取ることができ、楽しくて美味しい立春の1日となりました。

BL180204いちご狩り1IMG_0728  BL180204いちご狩り2IMG_0731  BL180204いちご狩り3IMG_0718

豆まき&恵方巻き

節分の本日は泊まり勤務明けで昼前に帰宅できたため、正午から近くの神社で行われた豆まきを見た後、関西では随一の豆まきスポットである隣町・寝屋川市の成田山不動尊で行われた豆まきも見ることができました。

BL180203節分1P2031386  BL180203節分2P2031390  BL180203節分3IMG_0608

BL180203節分4IMG_0648    BL180203節分5P2031384    BL180203節分6IMG_0641

成田山では毎年、朝ドラの俳優らが登場するメインの豆まきが午前中の第1回目に行われ、以前この近くに住んでいたころには1回目から連続で見たこともありましたが、本日は午後の部のうち1回を独りで見た後、スイミングスクールを終えた娘ら家族と一緒にもう1回を見ることにしました。

午後の1回目はテレビタレントこそいないものの、寝屋川出身の力士・豪栄道関が登場するとあって多くの観客が詰めかけ、ギリギリの時間に到着した私は「年男」たちが豆をまく花道近くのエリアまで進むことができず、豆(殻付きピーナツ)をゲットできなかった代わりに豪栄道関らが豆をまくシーンを写すことができました。

BL180203節分7IMG_0700  BL180203節分8IMG_0660  BL180203節分9IMG_0667

そして、一般の人だけが豆をまく2回目にようやく花道の近くに陣取ることができ、昨年に続いて首にかけた風呂敷を両手で広げるという作戦によって大量の豆をゲットすることができました。
そのおかげで、千葉県産の大きくて美味しい豆はビールのあてになり、手作り恵方巻きの丸かぶりもして、縁起の良い気分で明日の立春を迎える準備ができました。

寝屋川から枚方へ

本日は泊まり勤務明けに帰宅するのに先立ち、一昨日未明にアクシデントによる骨折で救急搬送されて大阪・寝屋川市の病院に入院していた母を、私の住む隣町の枚方市にある病院に運んで、転院してもらってきました。

寝屋川の病院は、私が中学時代に大阪市内から寝屋川に引っ越してきて間もなく開院し、そのままの建物を使い続けている老舗の施設ですが、枚方の病院はオープンから日が浅くピカピカです。本日は記録的な寒さでしたが、母の病室もきれいで広々とした景色が望め、暖かい日も差していて、それだけで心が休まるような気持ちになれます。
とはいえ、自立した生活も自宅や私の家で暮らすことも難しくなった母に、これから当分、病院暮らしをしてもらわなければならないというのは心苦しい限りで、重苦しい気持ちにつぶされそうでもあります。

思えば母と病院通いをしてきたこの7年余りの間、昔のままの母は既にどこにもいなくなっていましたが、それでも何度となく一緒に美味しい食事をしたり、きれいな花や景色をめでたり、子どもたちと触れ合ってもらったりして、母が昔通りの楽しげな表情を見せてくれる瞬間は限りなくありました。
これからはそんな機会もほとんどなくなっていくわけですが、この間に母と過ごせた時間や、母が永遠にそばに居続けてくれるように感じていた子どものころの記憶は、これからも私の心を根っこの部分で支えてくれるのだと思います。

BL180124母転院1IMG_5381  BL180124母転院2IMG_5379  BL180124母転院3IMG_5385

天の川とんどまつり

カレンダー通りにいただいた土日の連休2日目の本日は、子どもたちを連れて入院中の父の見舞いに行った帰り、病院にほど近い河原で行われていた、とんど焼きの会場に、正月飾りを持って出かけました。

松飾りや注連縄、書初めの紙などを集めて焼く小正月の行事、とんど焼きは神社や寺の境内で行われることも多いようですが、本日出かけた地元・枚方市のとんど焼きは、淀川の支流、天野川が淀川に合流する手前の京阪電鉄・宮之坂駅近くの河原が会場でした。
市の広報にお知らせが載るこの「天の川とんどまつり」は、今年で29回目を迎えるということで、子どもたちのダンスグループやチンドン屋さんが登場するほか市長さんも駆けつけ、ぜんざいや甘酒のテントも出て、お祭り気分が盛り上げられていました。

BL180114天の川とんど1IMG_0258  BL180114天の川とんど2IMG_0228  BL180114天の川とんど3IMG_0279

BL180114天の川とんど4IMG_0240     BL180114天の川とんど5IMG_0263     BL180114天の川とんど6IMG_0230

BL180114天の川とんど7IMG_0249     BL180114天の川とんど8IMG_0266     BL180114天の川とんど9IMG_0234