“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

全記事表示リンク

長良川トラ大幅前進

本日は、岐阜の長良川で開かれたトライアスロンに出場し、シーズン最後のレースを楽しんできました。
スイム750メートル、バイク20キロ、ラン5キロのスプリントの大会で、タイムは1時間26分47秒。完走した148人中85位、50代男子では28人中14位。去年より1分ほど遅かったものの、8月の沼津の大会よりは4分ほど縮め、及第点の結果でした。

ただ、昨年の大会で左ヒザが決定的に悪くなり、脚を引きずってゴールした後、半月板断裂が判明していましたので、今回は痛みが出なかったことだけは大幅な前進です。

といいますのも、つい最近までヒザの具合が思わしくなく、ランの練習はほとんどゼロ。ほんの10日ほど前になって前足部の着地を心掛けるフォアフット走法だと痛みが出ないことに気づき、今回は走法を変え、ぶっつけ本番で臨んだからです。マラソンシーズンに向けて、この調子で痛みを抑えながら少しでも走り込めればと思っています。

BL170924長良川トラ1IMG_4992    FB170924長良川トラDSC00884    BL170924長良川トラ3IMG_5001

BL170924長良川トラ4DSC00893  BL170924長良川トラ5IMG_5022  BL170924長良川トラ6IMG_5011

掲載した写真の1枚目は、スイム会場の護岸近くで泳いでいた魚の群れです。
昨年の大会では、台風の影響で水底に大量の泥がたまり、スイムのフィニッシュ近くでは視界ゼロの泥の中を泳ぎましたが、今年は、それよりはずっと水が澄み、水温もさほど冷たくなく、快適でした。

とはいえ、スイムの記録は去年の16分21秒に比べて2分近く遅い18分12秒。このところスイム練習をほとんどしていなかったツケが回ってきたというところです。

ちなみに、バイクは途中で失速しましたが、それでも昨年の42分54秒より1分半近く速い41分29秒。
ランは昨年の大会では脚を引きずったのにもかかわらず26分30秒と、そこそこのタイムでしたが、今回は頑張って走れた実感があったものの、それより30秒余り遅い27分6秒でした。

まあ、それでも少し前までは走ることができなさそうに思えたのに、こうして笑顔でゴールできたのは返す返す予想外の結果でした。
やや大げさなフォアフット走法をしたため、ふくらはぎや足首周りは疲れていますが、その分でヒザへの衝撃がやわらげられていた証拠ともいえそうです。それに、フォアフットだと前足部を蹴る感じが強く、体重を前に前にと移動させる感覚が大事なことから、背筋が伸びる感じもありました。といいますか、こうした走りは、スピードこそ全然違いますが、20年ほど前、ハーフマラソンを1時間22分台で走れたときにしていたように思います。

とすると、その後、ウルトラマラソンをしたり、スローなファンランばかりをしている間に腰が落ちて、かかと寄りの着地によってヒザに負担を大きくかけてきたとも言えるかもしれません。

スポンサーサイト

秋の旭岳で国際交流

職場の新しい部署で研修を兼ねた宿直勤務をこなし、研修の最終日となった泊まり明けの本日は、ロードバイクに乗っての帰路にスポーツクラブに直行して、2歳になったばかりの娘のベビースイミングの付き添いをしました。
ただ、その後は泊まり勤務による疲労が新しい仕事でのプレッシャーによって大きくなったようで昼食後、早々にダウンして昼寝をさせてもらったため、新しく撮った写真はありません。

その代わり、先月末の北海道旅行で撮った写真のうち、3日目にロープウエーに乗って大雪山系・旭岳を訪れ、山頂直下の散策コースを歩いた際の9枚を掲載します。
既にお話ししたとおり、滞在先だった旭岳を含む東川町は、地元の日本語学校にアジアの若者たちを招いて国際交流を進めていて、旭岳を訪れた際は、ちょうどその留学生たちとじロープウエーに乗り合わせました。

BL170830旭岳1IMG_4254  BL170830旭岳2IMG_4223  BL170830旭岳3IMG_4213

ロープウエーで話しかけた留学生たちは、それぞれ自国でも日本語を勉強してきたとあって、日本には数カ月だというのに日本語は簡単な会話ができるほど。

それでも流暢すぎると思った男の子に「どこの国から?」と聞いたところ、その彼はボランティアに来ている東京の大学生で、英語で何とかコミュニケーションをとっているとのことでした。
この日は、地元の人にとっても珍しいほどの晴天で、麓からもロープウエーの山頂駅からも常に旭岳の山頂部分を眺めることができ、こんな大自然の中で国内外の若者たちが国際交流を繰り広げていることが、とてもすばらしいことに思えました。

BL170830旭岳4IMG_4270  BL170830旭岳5IMG_4244  BL170830旭岳6IMG_4272

私は25年ほど前、札幌に勤務していた時代、ちょうど初雪が降り始めた9月下旬にテント泊で裏側から旭岳に登ったことがあるほか、冬場にロープウエーを利用してスキーを楽しんだこともありますが、山頂駅から高山植物帯の中、幾つかの池を巡る散策路を歩くのは今回が初めて。

赤茶色の地肌が見える旭岳の頂上部を背にモクモクと何本も立ち上る火山の蒸気は迫力のある眺めで、色づき始めたナナカマドや、傾き始めている太陽に照らされて光るチングルマなど、初秋の高山の景色を、手を引いたりチャイルドキャリアに担いだりした子どもたちと一緒に、のんびりと楽しむことができました。

BL170830旭岳7IMG_4229  BL170830旭岳8IMG_4243  BL170830旭岳9IMG_4278

また、高山の秋とあって、リンゴのような味のするコケモモや、ブルーベリーそっくりのクロマメノキの実も歩道沿いにたくさん熟していて、「お山のリンゴ」「お山のブルーベリー」と説明しながら、口に入れてやると、娘は「美味しい!」と大喜び。
ただ、パトロールをしていたレンジャーのお嬢さんから「採らないでくださいね」と注意されて以降、息子は「採ったらあかんねんで」と何度も私に注意してくれていました。

両親招き2歳誕生会

本日は娘の2歳の誕生日でした。先月末、息子の4歳の誕生日は北海道旅行から帰阪したばかりだったため家族だけでお祝いをしましたが、新しい職場の研修の中日で休みをいただけた本日は夕食時に近くに住む両親も招いて、子どもたちの成長を祝ってもらいました。

BL170903泳里2歳誕生日1IMG_4453  BL170903泳里2歳誕生日2IMG_4449  BL170903泳里2歳誕生日3IMG_4446

本日用意したバースデイケーキも、近くの老舗ドイツ菓子店で注文したもの。
息子の誕生日には何種類かのフルーツが飾られた色とりどりのホールケーキを頼みましたが、本日はフルーツを娘が大好きなイチゴだけにして、女の子らしい赤と白のケーキを特注。娘は、火をともした2本のろうそくを、見事に吹き消してくれました。

食事の1品としていただいた野菜の薄切り豚肉巻きで中に入っていたのは、家庭菜園で採れたばかりのオクラと小ぶりな「子どもピーマン」。
大人用の乾杯でいただいたのは、まろやかな舌触りと軽快な香りが特徴的なエビスビールの「華みやび」。
秋めいて涼しくなったこともあってか、いつもより元気で口数も多かった父には、高齢であることを配慮してあまりたくさん勧めませんでしたが、帰りがけには「少ししか飲まなかった」とこぼしていたそうです。

肝心の娘は、私が子ども2人を連れてケーキをピックアップした帰りに眠たくてダウンしましたが、ケーキをいただく直前になんとか起きて主役の席に。その後の入浴は私と一緒に入る」とねだり、寝床でも私と「隠れる」と言って2人でタオルケットをかぶってくれました。

食欲旺盛で「何か食べる」が口癖の娘は身長約87センチ、体重12キロ余りと成長がトップクラス。童謡の歌詞や絵本の文章をそらんじるなど発育も早いようです。気に入らないことがあると大泣きして物を投げることもありますが、小さなことへのこだわりや道草が少なく、スパッとした性格は私や息子とは対照的で、たのもしさすら感じます。

塀のない東川小学校

職場の新しい部署での研修を兼ねた勤務が2日目となった本日は、昼過ぎからの出番となりましたが、夜が遅くなる可能性もあったことからロードバイクに乗っての自転車通勤はもう1日お預けにして、往復とも電車を利用しました。

というわけで掲載する写真は引き続き先月末の北海道旅行の際に撮ったものです。
本日分の記事で紹介するのは、旅行の2日目、旭川市郊外の旭山動物園に行ったあと戻ってきた東川町で、旅行の世話をしてくれた祥幸さんの奥さま、和子さんに案内してもらって訪ねた町立「東川小学校」の様子です。

BL170829東川小学校1IMG_8708  BL170829東川小学校2IMG_8738  BL170829東川小学校3IMG_8721

BL170829東川小学校4IMG_8732  BL170829東川小学校8IMG_8714  BL170829東川小学校6IMG_8742

BL170829東川小学校7IMG_8747  BL170829東川小学校5IMG_8711  BL170829東川小学校9IMG_8757

3年前に完成したという東山小学校ですが、周辺の広大な田園風景とマッチした平屋建てで、長さは230メートルもあるという広々とした校舎は、そばに来ても言われてみなければ小学校だとは気づきません。
というのも、なんとこの小学校には敷地の周囲をめぐる塀が一切なく、学校には畑や田んぼも併設されていて、外側にある田んぼなどとの境界がどこにあるかも、教えてもらわなければ分からないほどだからです。

大阪教育大学附属池田小学校での殺傷事件を機に、各地の学校では、大阪や東京などの大都市を中心にセキュリティーの強化が一気に進み、防犯カメラや入り口のロック機能などが当たり前となって、学校と地域との風通しも悪くならざるを得ないようで、そんな現状を考えると、この塀がなくあけっぴろげな小学校は、別世界に存在しているようにすら感じます。

実際に、この小学校には地域のコミュニティーセンターが併設されていて、就学前の学童を対象にした図画工作などの教室が、シルバーの方々のボランティアで運営されてもいます。

また、校舎前やホールに現代芸術家の彫刻作品が配置されるほか、建物そのもののデザインも美術館を思わせるほど凝っている校舎は、環境への配慮もそこここになされているとのこと。
建物の柱や床にふんだんに使われているのは地元産の木材で、自然通気や自然採光に配慮して省電力を追求し、電力のほとんどは屋根に設置されたソーラーパネルを利用して発電されているそうです。
さらに、この地方は大雪山から流れて来る良質の地下水が豊富で、なんと上水施設が必要ないということで、そのまま美味しく飲める地下水をくみ上げるポンプは、校舎の外の遊び場にも手押し式のものが設置されていました。

一方、広々とした教室は大きなガラスで囲むなどして、廊下などからも良く見えるような工夫がなされ、子ども1人当たりのスペースは本州の大都市と比べると何十倍にもなりそうなほど余裕があるばかりか、校舎の外側にも内側にもあけっぴろげで、圧迫感が全くないのです。

こんな夢のような小学校が現実に建っている東川町は、幼い子どもを持つ親としては強くひかれるところがありますが、実はこの町は大都市などからの移住もサポートしていて、北海道の中で人口が増加している数少ない町だということです。

BL170829東川小学校10IMG_8775  BL170829東川小学校11IMG_8774  BL170829東川小学校12IMG_8780

元クロスカントリースキーの全日本チャンピオンである祥幸さんが、タイ人のオリンピック選手養成を手伝っているという話を、先の記事で紹介しましたが、実をいえば東川町は、アジア各国の若者を地元の日本語学校に招待するという地方の自治体としては珍しい大がかりな国際交流事業も進めています。

市街地にある旧小学校の校舎は現在、留学生の宿舎や研修施設として利用されると同時に、全国的に有名な「写真甲子園」のメイン会場としても使われ、さらにアジア各国に枠を広げたコンテスト、いわば世界版の写真甲子園の開催も、ここを拠点に始まったということで、体育館にはコンテストの応募作品などが展示されていました。

表情が見える動物園

本日付で勤務先の新しい部署へと異動になった私は、先月までと同じく泊まり勤務のあるシフト職場で、1回り分・4日間の研修を始めました。
同じ会社の中にいるとはいえ、担当する仕事の内容が変わり、責任も重くなったことからプレッシャーも大きく、朝早くに出勤した本日はさすがにロードバイクに乗っての自転車通勤はお預け。勤務後には、ささやかな歓迎会も開いていただいて、久々にたっぷり飲ませていただいたため、カメラを手に取ることはありませんでした。

というわけで掲載するのは、昨日まで4日間の北海道旅行で2日目に訪れた旭川郊外の旭山動物園で撮った動物たちの写真です。

既に紹介している通り、北海道観光のメインスポットの1つとなっているこの動物園は、北海道らしからぬこじんまりとした規模の施設で、限られたスペースを最大限に生かして、いろんな角度から動物たちの表情を間近で見られるということが特色。
飽きっぽい性格の息子も、まだ絵本などで主な動物たちの名前が頭に入ったばかりの娘も、そんな動物たちとの触れ合いを、それぞれに楽しんでくれた様子でした。

BL170829旭山動物園1IMG_8675  BL170829旭山動物園2IMG_8558  BL170829旭山動物園3IMG_8694

BL170829旭山動物園4IMG_8627  BL170829旭山動物園5IMG_8581  BL170829旭山動物園6IMG_8616

BL170829旭山動物園7IMG_8601  BL170829旭山動物園8IMG_8588  BL170829旭山動物園9IMG_8610

掲載した9枚の写真のうち、飼育員さんが池の中のアザラシたちと対面しているのは、「もぐもぐタイム」と呼ばれる給餌ショー。
口を開けた1頭の鼻先に、宙に浮かんだエサの魚が写っています。

おりの網の上に乗っかっているヒョウは、ご覧の通りフワフワのお腹の毛や手の肉球を見ることもできます。

おりから半球形にせり出した窓にいるチンパンジーは、道具の棒を使ってエサを食べているところ。
そのエサは、窓のそばから突き出した筒の先の金網部分に入れたビンの中に入っていて、観察する子どもたちは、ビンに入ったエサもまた間近に見ることができるという凝った工夫がなされていました。