“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

全記事表示リンク

大川、桜紅葉の季節

朝早くからの勤務だった本日はロードバイクに乗って通勤し、夕方前に家路に就ける帰りは、大阪の中心部を流れる大川沿いなどで時おり立ち止まって何枚かの写真を撮りました。

大川沿いは春の桜で知られ、約5000本ものソメイヨシノが花のトンネルをつくりますが、今は桜紅葉の季節。赤やオレンジに色づいた桜の葉が目を楽しませてくれます。
帰宅時は薄曇りになっていましたが、空きらしく表情のある雲も写真も撮りました。

BL171107バイク帰宅1IMG_4780  BL171107バイク帰宅2IMG_4772  BL171107バイク帰宅3IMG_4775

BL171107バイク帰宅4IMG_4768  BL171107バイク帰宅5IMG_4785  BL171107バイク帰宅6IMG_4783

スポンサーサイト

泥だらけバイク出勤

台風の接近から一夜明けた昨日も夜に再び雨が降りましたが、今朝には上がっていたため昼すぎから夜にかけての勤務となった本日はロードバイクに乗って出勤しました。

通勤コースの淀川河川敷は昨日、荒れた状態になっていたと聞いてはいましたが、少しは片付けられているだろうと期待するとともに、どんな具合になっているのかを見たい気持ちもあってバイク通勤を決行しました。しかし職場にたどり着くのは予想以上にたいへんでした。

BL171024泥だらけで通勤1IMG_4654  BL171024泥だらけで通勤2IMG_4659  BL171024泥だらけで通勤3IMG_4655

まずはコースのあちこちで広い自転車道の横幅いっぱいに広がる水たまりができていましたが、これはある程度予想していたことですし、しばらく前に続いた長雨のさなかよりは少しマシになっていました。

ただ、河川敷は台風の大雨で完全に水没した様子で、路面にはその際に流れてきたペットボトルなどのゴミや細かい流木や草などが散乱し、オートバイ止めの柵が設置されている場所ごとに積もって、そのたびにバイクから降りざるを得ず、何カ所かでは迂回も強いられました。

さらにひどかったのは写真は撮っていませんが、今年の春先、貴重なツクシの群落をつぶして法面の整備工事が行われた鳥飼大橋近くの堤防わきで、大量の泥が路面に流れ出していて、まさに泥の海になっていたこと。当時から薄々感じていましたが、どうやら工事はずさんだったと言わざるを得ません。
既にタイムロスが大きく、河川敷から出るわけにもいかなかった私は、その2、3百メートル以上も続く泥の海に突入し、なんとか突破することができましたが、泥の中に石などがあって転倒、落車していれば、全身が泥まみれになっていたと思われます。

とにもかくにも、そうした障害を乗り越え、幸いなことに追い風基調だったことからその前後では頑張って飛ばし、なんとか出社時間にギリギリ間に合うことができました。
そんなわけで帰路は暗い中を再び河川敷に突入するわけにいかず国道を走ることにしましたが、なんと夜にはまたまた雨が降りだして、それなりに濡れてしまいました。

ヒザの状態が、しばらく前までより格段に良くなっているものの、依然として通勤のバイクライドがほぼ唯一のトレーニングになっているなか、こうして無理をしてでもバイクに乗っている自分は、まあまあ頑張っているなと思います。
しかし台風が過ぎてもまだまだ雨が降り続き、また次の台風が接近しているという気象の状況は、相当に異常です。各地にもたらされた台風被害も深刻な様子ですが、今後は、まだ刈り入れ時期にある稲など農作物への影響も大きくなっていくように思えます。

台風一過、一応乾杯

秋晴れの季節はどこへやら、来る日も来る日も降り続いた雨は、極め付けとなった季節外れの超大型台風による大雨の後にようやく上がり、本日は久々の青空を望むことができました。とはいっても、カラリと晴れ上がるわけでもありません。
衆院選関連の仕事で昨日深夜まで働いた私は、今朝も早くから出社しましたが、夕方前に仕事場を出ることできて、最寄駅から1駅分だけを歩く間に、そんな空にカメラを向けてみました。

この空と同じく、選挙の結果が晴れ渡るような未来を開いてくれたわけではありません。むしろ有権者にとっては直接関係がないようにも見える多少の政界再編をもたらしただけで、そもそも今回の選挙が莫大な税金をかけて行う意味があったのかどうかについては疑問が残るばかりです。とはいえ、それもすべて元をただせば有権者自らが選んだ結果でもあります。
そんな選挙に関連した仕事を多少なりともした私としては、やはり本日の空と同じく気持ちがスッキリするわけでもないのですが、まあそれはそれ。
とにかく雨が上がったことにはホッとしますので一応、台風一過に乾杯しようと、子どもたちと囲んだ夕食では、ビールや日本酒で晩酌を楽しみました。

     BL171023雨上がりに乾杯1IMG_4645     BL171023雨上がりに乾杯2IMG_4649     BL171023雨上がりに乾杯3IMG_4647

BL171023雨上がりに乾杯4IMG_6305  BL171023雨上がりに乾杯5IMG_6294  BL171023雨上がりに乾杯6IMG_6299

ベアフットでジョグ

泊まり勤務明け後の休みとなった本日は、お昼ごろに自宅から6、7キロのジョギングをしました。

ヒザの状態が思わしくない時期を経て、東京夢舞いマラソンで曲がりなりにも約30キロを走ることができたことに味を占めて、この際、一機にリハビリを進めようと目論んだわけです。
そして復調の理由となったと思われる前足部寄りの着地を心がけるフォアフット走法に磨きをかけるべく、そうした走法をせざるを得ない裸足のベアフットランニング的な走りができる、地下足袋のような5本指シューズを履いて走り始めました。

その結果、ふくらはぎなど、これまでのジョギングではあまり使わなかった筋肉がつらかったものの、ヒザは全く痛まず。
足首周りのバネを使うためか、心なしかスピードも出る感じがして、久々に気持ちよく走ることができました。
季節は既にすっかり秋。隣町・寝屋川市の成田山不動尊やその近くの友呂岐神社などをめぐるコースでは、所々にキンモクセイの花も咲いていましたが、その移ろう季節を追いかけていくことができそうにも思えてきました。

BL171012成田山までジョグ1IMG_4623  BL171012成田山までジョグ2IMG_4617  BL171012成田山までジョグ3IMG_4626

久々に大阪城を散歩

東京夢舞いマラソンにゲストとして来日してくれた韓国・コチャンの仲間たちをアテンドするための上京は、3連休を利用したうえ、泊り勤務明けから再び泊まり勤務に入った昨日まで足かけ5日にわたりました。

遊びとはいえほぼ全力で遊んでいたとあって、さすがに昨日の勤務では、電車に乗って出社したものの夜中にまぶたが重たくなってきましたが、仮眠をとった本日は帰りがけに職場の近くにある大阪城を通って、本来の最寄駅から2つ先の京阪電鉄・京橋駅まで散歩をしました。

半月板が断裂した左ヒザの具合がなかなかスッキリしないまま臨んだ夢舞いマラソンのアテンド伴走でしたが、信号待ちなどを挟んだゆっくりマラニックだったうえ、かかとに衝撃を与えないフラットな着地を心がけたためか、一時痛くなりそうだったヒザは最後までもって、その後も痛みが強くはなっていません。

それよりもむしろ、約30キロという今の自分にとっては長すぎるほどの距離を走ったことが効果的な荒療治になったのか、損傷した半月板が本来の場所に戻ってくれたような感触があって、これからのマラソンシーズンに向けて光明が見えてきたような感じです。
そんなわけで本日は、その脚の状態を確かめるべく、久々に普段着のまま小走りも挟んで大阪城を散歩してみたというわけです。
その結果は上々。バックパックを担いだ背中は汗びっしょりになりましたが、ヒザは全く大丈夫でした。

BL171011大阪城1IMG_5934  BL171011大阪城2IMG_5938  BL171011大阪城3IMG_5948