“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

全記事表示リンク

馬ふん堆肥を投入

泊まり勤務明けの本日は、ロードバイクに乗って帰宅した後、近所で借りる予定の家庭菜園に馬ふん堆肥などを投入して、すき込んでもらいました。

    BL170423バイク帰宅1IMG_2704  BL170423バイク帰宅2IMG_2707  BL170423バイク帰宅3IMG_2713

日曜で晴天となった本日の淀川河川敷では、手作りのウルトラマラソンである「水都大阪ウルトラマラソン」や家族連れ向けの触れ合い祭りが開かれていて、青空に舞う鯉のぼりも見られました。
ゆっくり走るウルトラマラソンのランナーたちを横目に、バイクをとばして家路を急いだ私は、途中で立ち寄ったホームセンターで、家庭菜園の土を酸性から中和するための「苦土石灰」を購入し、バイクのバッグにたたんで仕込んでおいたナップザックに担いで帰宅しました。

BL170423堆肥入れ1IMG_4763  BL170423堆肥入れ2IMG_4761  BL170423堆肥入れ3IMG_4766

そそくさと昼食をいただいた後に向かったのは、いつも屋外のセルフサービスの野菜売り場で美味しい菜っ葉やネギをいただいている近所の農園。
ここには土づくりに使われるフカフカの堆肥が山と積まれていることを知っていたため、これを水はけが悪くて粘土質の我が畑の土壌改良に、苦土石灰とともに使わせてもらえないものかと考えていたのです。

帰宅時に農園をのぞいた際には、お昼休みでオーナーのおじさまの姿は見えませんでしたが、食後に出直したところ、おじさまはいらっしゃって、目論んでいたとおりホームセンターなどで購入する格安の値段で堆肥を分けてもらうことができました。
ここで使ってられる堆肥は乗馬クラブの馬ふんを使って作られた良質のものだということ。馬ふん堆肥といえば、図らずも以前に札幌に住んでいたころに馬の牧場で借りていた畑で使っていたのと同じで、なんだか因縁を感じました。

ともあれ、農園では40リットル入りで7袋もの堆肥をゲットして、苦土石灰とともに家庭菜園に持っていったのですが、ここでは新たな問題が発覚しました。
といいますのは、わずかに傾斜した畑のうち、借りようと思っていた約10坪の土地の半分ほどは、地表から30センチほどのところで極めて固い土の層があって、スコップすら入らないほどなのです。どうやら、もともと窪地の田んぼだったところを宅地と一緒に埋め立て・造成した際に地盤固めをして、その上に元の田んぼの土を盛ったものの、この部分では土の量が少なく、固められた地盤の上の面が地表近くにあるもようです。

これでは、いくら粘土質の土を改良しても、水はけが悪い状態を解消するのは難しそうで、借りるのをやめようかとも思いましたが、堆肥をゲットしてしまったこともありますので、固い土の層が地表近くにある部分を避けて、予定の半分の5坪ほどの細長い土地だけを借りてみることにしました。
というわけで地主さんには、昨日いったん掘ってもらった排水用の溝は埋め戻して、固い土がある部分に付け替えてもらい、苦土石灰と馬ふん堆肥を耕運機ですき込んでもらいました。

ただ、再び耕運機をかけてもらっても、多くの水分を含んでいる粘土質の土は、野菜作りに適した柔らかい土には程遠く、さらなる土壌改良の手立てを講じなければ、使い物にならないということになりかねず、頭の痛いところです。

スポンサーサイト

近所で畑作りの準備

自宅の近所で野菜作りのための家庭菜園を借りることにして、本日は使わせてもらう予定の場所のそばに、地主さんが排水のための溝を掘ってくださいました。

BL170422畑溝づくり1IMG_4747  BL170422畑溝づくり2IMG_4732  BL170422畑溝づくり3IMG_4741

この家庭菜園は、自宅の裏手の玄関から50メートルほどの至近距離にあって、年配の方を中心に何家族もが美味しそうな野菜を作ってられるのが気になっていました。
そしてこのほど、自分もやってみたいという気持ちが膨らむとともに、わずかの収穫であっても、子どもらに野菜作りを見てもらうのは悪いことではないとも考え、駅に向かう途中にある地主さんの家を訪ねたのです。

なんと江戸時代に建てられた茅葺きの旧家に住んでられる地主さんの菜園は、以前は田んぼだったということですが、我が家のある一角で宅地が造成されたのに伴って同じ高さに埋め立てられ、その上に取り置かれた田んぼの土を戻して作られたということです。
その土が粘土質であることから先日、未使用の区画に耕耘機をかけて畝がつくられたものの、畝の間の通路部分にたまった雨水がなかなか排水されないのが気になって、契約に踏み切れず相談したところ、排水のための溝も耕耘機で掘ってもらったというわけです。
掲載写真は、その様子と、お隣の区画で咲いているマメの花、そして地主さんが連れてこられたワンちゃん。

明日は、これまで使われていなかったため酸性に傾いているとみられる土を中和するための「苦土石灰」をまくなどして、再び借りる予定の10坪ほどの場所に耕耘機をかけてもらい、ゴールデンウイークの前後ころから苗を植えるなどの作業を本格的に始めようかと計画しています。

私は遠く25年ほど前に札幌で勤務していたとき、重たい鉄のソリを馬に引かせる「ばんえい競馬」の馬を飼育されていた知人の牧場わきの畑を借りて、2シーズンほど家庭菜園をしたことがあります。
その際は、広い地面を無償で貸してもらって馬糞の堆肥も使わせてもらって、食べきれないほどの夏野菜を収穫。中でも、もぎたてのトマトは忘れることができないほどの美味しさでした。

その札幌の畑に比べると今回の菜園は、先日手放した30年選手の四輪駆動車「ジムコ」(スズキ・ジムニー)のために借りていた格安の駐車場より、さらにずっと安いぐらいではあるものの有償ですが、なんといっても一番のメリットは自宅からの近さ。
札幌時代は、車で30分ほどもかかる畑に行けるのは週に1回か2回で、そのたびに水やりや草抜きなどの手入れが大変でしたが、今回は出勤前にちょっと作業するなど、よりこまめな手入れができそうです。

まあ、その分さらにトレーニングできる時間が切り詰められるわけですが、くわやスコップを持つのは上半身や足腰の鍛錬になるでしょうし、畑を子どもの遊び場の1つにできることや、うまくいけば日々の食卓で収穫を楽しめることを考えると、トライしてみる価値はあると思うわけです。

芽吹きと春風の季節

しばらくぶりにロードバイクに乗っての自転車通勤をした本日は、明るさを増した日差しに誘われるようにして、これまでより一段と軽快な春らしいウエアで通勤コースにこぎ出しました。
広々とした淀川の河川敷では春の風が心地よく、4800本もの桜の木が長らく花をつけていた大阪の大川沿いでは、さすがに遅咲きの八重桜をのぞくと花は散り終えていて、その代わりに木々の芽吹きが目にまぶしくなっていました。

BL170420バイク通勤1IMG_2687  BL170420バイク通勤2IMG_2689  BL170420バイク通勤3IMG_2688

花筏の星田妙見宮

泊り勤務に本日は、お昼前後に隣町・交野市にある花見の名所、星田妙見宮までジョギングで往復してきました。
往復の距離は19キロほどに達し、ヒザを故障して以降のリハビリ期間のトレーニングとしては、先日の「チーム55」でのお花見マラニックとともに最も長めとなりましたが、幸いなことに本日もヒザの痛みはほとんど感じることなく、快適なジョギングを楽しむことができました。

BL170417星田妙見ジョグ1IMG_2674  BL170417星田妙見ジョグ2IMG_2684  BL170417星田妙見ジョグ3IMG_2678

粘りに粘ってくれた今年の桜もようやく、ほとんど散ってしまい、星田妙見宮に続く小川沿いの桜並木もみすぼらしくなって、提灯を吊るしていたロープの撤収作業も行われていましたが、川面をのぞき込むとピンク色の帯のような一面の花筏。妙見宮や星田のかいわいは七夕伝説にゆかりがあって、その花筏の小川は、夏の天の川を思わせました。

星田妙見宮に向かう途中では、やはり桜の花見の名所である打上治水緑地公園や寝屋川公園も通りましたが、それらの公園でも花は散ってしまっていて、打上公園では、シンボルのメタセコイヤ並木のそばの花壇にチューリップが咲きそろっていました。

春らんまん室池園地

本日は、自宅から車で30分ほどにある生駒山地の室池園地に出かけて、ミニハイキングを楽しみました。

昼前に現地の駐車場に着いて歩きだしたところ雨が降り始めましたが、駐車場近くの施設に戻って、屋外で食べる予定だったお弁当をいただいているうちに雨が上がり、再び歩き始めました。
とはいっても、幼い子ども2人のうち、ちゃんと歩いてくれたのは3歳の息子だけで、1歳の娘は、ほとんんどの行程で私の担ぐチャイルドキャリアに乗っていたのですが、コースが比較的平たんで短かったため、その分の負荷は、リハビリ中のヒザに負担になるほどではなく、快適に歩くことができました。

室池園地は標高が300メートルほどありますが、アケビやミズバショウ、コブシにスミレ、それにツツジと、野山の花が咲き乱れて、春らんまん。山桜などのサクラもかろうじてまだ見ごろで、ちょっと得をした気分にもなれました。
ハイキングの後は、園地内に設けられた子ども用のエリアにも立ち寄って、子どもたちと一緒に大きな滑り台などで遊びましたが、ここもまた桜の木に囲まれていて、またまた花見に来たようでした。

BL170415室池1IMG_4366  BL170415室池2IMG_4342  BL170415室池3IMG_4360

BL170415室池4IMG_4396  BL170415室池5IMG_4371  BL170415室池6IMG_4381

BL170415室池7IMG_4405  BL170415室池8IMG_4450  BL170415室池9IMG_4411