FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

仕事帰りにひと仕事

朝早くからの勤務だった本日は、夕方前の仕事帰りに職場の近くでひと仕事がありました。
といいますのは、近く同業他社の皆さんと定期的に集まる会議&懇談会があり、順繰りの幹事が回ってきている私は懇談会場の手配も役目で、ようやく決めた会場のお店に下見に行く必要があったからです。

お店の選択はあれこれと迷った挙句、大阪のキタやミナミといった繁華街ではなく、行ったことはないものの職場近くで選びました。同じようなものをいただくのにお値段がリーズナブルであることも決めての一つでしたが、やはり下見は必須で、そのためにも仕事帰りに歩いて立ち寄れる場所にしておいたのは正解でした。
というわけで、お店の写真があるわけではないのですが、そのプラスアルファの仕事を終えて帰路に就いた際、大阪のビジネス街を通る堺筋沿いで撮った2枚をアップします。オマケは夕食時にいただいたミニトマト&バジルの一皿です。

BL190821北浜&バジル1IMG_5984  BL190821北浜&バジル2IMG_5982  BL190821北浜&バジル3IMG_1929

スポンサーサイト



鎮守の森で昆虫探し

休みをいただいていた本日は、幼児向けのバレエレッスンに週に1度通っている子ども2人のうち息子が「行きたくない」と言って私と遊びたがったため、彼を連れて近所にある神社の鎮守の森などを探検してクワガタなどの昆虫を探しました。
残念ながらクワガタやカブトムシなどの大物を見つけることはかないませんでしたが、その後1人で家庭菜園に行くと、取りそびれて腐ったキュウリにコガネムシが何匹も群がっていました。

BL190820クワガタ探し1P1030502  BL190820クワガタ探し2P1030500  BL190820クワガタ探し3P1030511

実を言いますと、鎮守の森の近くに住んでいる子どもたちの幼稚園のお友だちのマンションでは、夜な夜な外の廊下にクワガタが舞い込んでくると聞き、数日前の夕食後に懐中電灯を持って2人を連れて森を探検していてましたが、そのときもカタツムリやゴキブリ、セミなどしか見つかりませんでした。

その後あれこれ調べたところ、クワガタはクヌギの木の樹液に集まるということを知り、クヌギの幹や葉の特徴を頭に入れて本日の再挑戦となりました。
鎮守の森や近くの雑木林では、クヌギか、実がそっくりなアベマキの丸いドングリがたくさん落ちますが、これまではそのいずれかを追求しないままでした。その区別をなんとか頭にたたき込んで歩いてみたところ、近所にはアベマキの方が多いようだったものの、どうやらクヌギとみられる木も数本見つけましたが、残念ながらクワガタに出合うことはできませんでした。

クヌギとみられる木は大木が多く、根元近くしか探せなかったうえ、少し時期が遅かったことも原因なのでしょうが、その気になって探せば、そのうちに出合うことができそうに思います。
それにしても、有機無農薬で草ぼうぼうの畑は虫の宝庫でコオロギやバッタ、トンボもたくさん見ることができますので、私も息子に買ってあげた昆虫の図鑑を使って虫の観察にも精を出してみようと思ってしまいます。

広島原爆の日の夏雲

沼津千本浜トライアスロンに合わせていただいた3日間だけの夏休みもあっという間に終わり、再び仕事の日々が始まりましたが、本日は勤務後に大阪市内にある友人の歯科医院と自宅近くの眼科医院にハシゴで受診したことから自転車通勤は見合わせました。

仕事は74年目となる広島の原爆の日と夏の甲子園大会が重なって忙しさを極めました。
その後に電車2本を乗り継いで歯科に向かい、受診後はまた電車3本とバスに乗り継いで眼科へ。その前後に撮った原爆雲ならぬ夏雲の表情を3枚紹介します。

1発の原爆によって10万以上もの罪のない人びとの命が奪われたことは、そもそも人道に反する戦争における犯罪の中でも人類史上最悪のものでしたが、手を下した国が謝罪の言葉を表したことはなく、戦争の旗を振った自国側もまたその反省をしきれないままで、核兵器の廃絶を叫ぶことすらはばかられているというのが、悲しいかな私たちの生きている世界です。
原爆を経験した人たちの高齢化は進んで、もう10年もすればそれを語る人はほとんどいなくなるのでしょうが、歴史の事実を偽ることなく、今のこととしてきちんと整理するのは、依然として私たちの責任であることには変わりないと思います。

BL190806雲1IMG_5730  BL190806雲2IMG_5734  BL190806雲3IMG_5726

さて、眼底出血が明らかになってから約2週間おきに眼科医を受診するのは本日が4回目。
出血している部分は視力に直接影響がないことなどから投薬治療を受けながら経過観察しているところです。受診した際に撮ってもらう眼底の写真を見ると、1回目と比べ2回目は出血がやや広がり、3回目ではほぼ前回並みにとどまっていたため、今後手術などを検討するに当たって今回である程度の白黒がつくかと思いきや、再び前回並み。経過観察を継続することになりました。

まあ、それでも黒と出たわけではありませんので、この間なんとか続けている食生活などへの気遣いを継続するほかはありません。

台風でも自転車通勤

昨日から本日にかけては、50代後半にして月に5、6回をこなしている泊まり勤務。ちょうど小さな勢力ながら令和初上陸となった台風6号が近畿に近づくのと重なりましたが、思い切ってロードバイクに乗り自転車通勤をしました。
その結果、昨日は淀川河川敷でかなりの追い風を受けて35キロを超えるスピードで快適に飛ばし、本日も追い風気味だったうえ、午後に強くなった雨が本格的に降りだす前に帰宅することができて、特をした気分でした。

BL190726バイク通勤1IMG_5337  BL190726バイク通勤2IMG_5332  BL190727バイク通勤3IMG_5341

BL190727バイク通勤4IMG_5359  BL190727バイク通勤5IMG_5349  BL190727バイク通勤6IMG_5357

プール休館ラン帰宅

泊まり勤務明けの本日は昼前に退社した後、京阪特急に乗って自宅の最寄り駅を通り過ぎ、枚方市駅から走ってスポーツクラブのプールに立ち寄り帰宅する計画を立てましたが、クラブが休館日だったため蒸し暑い中を走っただけに終わりました。

BL190723枚方市からラン1IMG_5271  BL190723枚方市からラン2IMG_5272  BL190723枚方市からラン3IMG_5275

枚方市からは淀川の支流で、生駒山地北部から七夕伝説ゆかりの交野市を貫いて流れる、その名も天野川に沿ってジョギング。
長い梅雨で断続的な雨が続いたため川の水は茶色く濁っていましたが、魚を探してかその中を歩く子どもたちの姿も。

BL190723枚方市からラン4IMG_5279  BL190723枚方市からラン5IMG_5281  BL190723枚方市からラン6IMG_5286

自分の子どもたちがベビースイミングに続きレッスンに通うスポーツクラブには、私も長らく会員登録をしていますが、子ども向けのレッスンなどで大人が泳げない時間が多いこともあって、会費の元を取るほどには通えていません。
それに加え、不真面目なメンバーとあって休館日が頭に入っていないため玄関先まで行って入れないことも。本日は、走るのが久々なうえ暑さもあってジョギングに歩きを交ぜるほどで、ようやく体を冷やしながら泳げると楽しみにしていただけに門前払いはショックでした。

BL190723枚方市からラン7IMG_5284  BL190723枚方市からラン8IMG_5283  BL190723枚方市からラン9IMG_5288

自宅の近所ではヒマワリが咲き、溜池の水面はびっしりと浮草で覆われて、梅雨明けが間近だと感じさせてくれました。