FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

10回目コチャン大会

東京夢舞いマラソンとの交流が10年目を迎えた韓国のコチャン・コインドルマラソンが本日開かれ、私は10年前に1人でコチャンを初訪問して以来、ヒザの故障で走れなかった1回を除き10回目の出場でした。

昨日の記事で紹介した通り、日韓関係が悪化しているなか一緒に参加してくれたのは、3年前に続いて2回目となる夢舞い事務局次長のお富さんと千由起さん、お2人と同じ夢舞い救護班で初参加の智美さん。それに夢舞いを後援してくれるスポーツ寿苑(ジュエン)社長で韓国出身の鄭貞子さんも初めて仲間に加わってくださいました。

あいにくの雨の中のスタートとなりましたが、鄭さんは5キロ、救護班のお3方はハーフを見事完走。ただ練習不足にかかわらず鯉のぼり柄の法被姿でフルに臨んだ私は、法被がぬれたことによる寒さもあって体調が悪くなり30キロ手前で自主的にリタイア。
100回近いフルマラソンで初の失態となりショックでしたが、折り返しコースのため各エイドの写真は一通り撮れたうえ、ハーフの女性陣のゴールもおさえることができて良かったようにも思っています。

BL191117コインドルマラソン当日1IMG_8385  BL191117コインドルマラソン当日2IMG_8377  BL191117コインドルマラソン当日3IMG_8387

今回も昨年の大会を走りながら撮った写真を、夢舞いの写真と抱き合わせにして15枚ずつを参加ランナーらに見てもらうミニ写真展を会場で開きました。
ただ今年の夢舞いは台風の影響で中止となったため、夢舞い分は昨年の大会の写真を再掲載しました。とはいっても、昨年とそっくりそのままも芸がありませんので、今回のツアーに参加してくれているお富さんら救護班の3人が写った写真を含めて15枚中6枚を差し替えることにしました。

白い布を張った大きな掲示板に合計30枚の写真を貼り終わり、その前で撮った写真に入ってくれたのはコインドルマラソン同好会会長のパク・ウルクさんと、10年前に私が初めてコチャンのランナーに東京で会った際の1人である元会長で地元の寺院・蓮華寺(ヨナサ)住職のスーニム(お坊さん)、フォン・ドミョンさん。それにコチャンに近いクンサンのマラソンの事務局長で、私が3年前にサブフォー(4時間内)で走った際にお世話になったムン・ジョングさんも、クンサンの広報をするため来場されていたため私の横に並んでくれました。

BL191117コインドルマラソン当日4IMG_8400  BL191117コインドルマラソン当日5IMG_8398  BL191117コインドルマラソン当日6IMG_8490

スタート前から雨が降ってきたため、世界遺産コインドル(支石墓)群の時代をイメージした原始人スタイルの手作りユニフォームがトレードマークであるコチャンのランナーたちのほとんどが普通のランウエアと雨具に着替えるなか、ウルクさんだけは夢舞いを走ってくれた時と同じようなユニフォームに身を包み、私とのツーショットなどに応じてくれました。

私もご覧の通り、子どもの日を前に手染めの鯉のぼりの産地、愛知・岩倉で買ってきた鯉のぼり柄の綿の法被でスタート。
レインポンチョを持ってくるのを忘れたため、千由紀さんにいただいたゴミ袋製の簡易レインウエアをかぶったものの、結局のところ全身ずぶぬれで重たく寒くなり、途中棄権の大きな要因となってしまいました。
とはいえ、ハーフの折り返し点を過ぎるあたりまではなんとか走り続けたうえ、給水所で誘われるままにマッコリもいただきながら写真も撮れました。その後はハーフで待ち構えてくれていてジョンマンさんが、車に乗って要所要所で現れて「まだ走れる?」と聞いてくれたため、いよいよ動けなくなった30キロ手前ですぐに拾ってもらうこともできました。

BL191117コインドルマラソン当日7IMG_8509  BL191117コインドルマラソン当日8IMG_8506  BL191117コインドルマラソン当日9IMG_8502

BL191117コインドルマラソン当日10IMG_8515  BL191117コインドルマラソン当日11IMG_8518  BL191117コインドルマラソン当日12IMG_8520

暖かい車の中で元気を取り戻し、会場ですぐに着替えると、ちょうどハーフでスローなファンランを楽しまれたお富さんら3人のゴールに間に合い、ジョンマンさんや奥さまのジョンスクさんとともに3人を迎え、ゴールシーンもおさえることができたというわけです。

BL191117コインドルマラソン当日13IMG_8526  BL191117コインドルマラソン当日14IMG_8523  BL191117コインドルマラソン当日15IMG_8529

ゴール後には、会場で振る舞われる韓国風雑煮のトックックもいただいてさらに生き返り、温泉ですっかり温まった後は、数年前ジョンマンさんのお父さまが亡くなった際の49日法要が行われた郊外の山麓にある微笑寺(ミソサ)を訪問。
これまた暖かく香り高い韓国茶をごちそうになり、ほっこりとしました。

交流10年のコチャン

東京夢舞いマラソンとの交流が10年目を迎えた韓国のコチャン・コインドルマラソンに参加するため、大会前日の本日は仲間3人と一緒に現地入りしました。

今回は当初、コチャンに近いムアン空港に昨年から就航した日本との間の直行便を利用したいと思っていましたが、日韓関係の悪化に伴う利用客の激減を受けて先月までで運航が見合わせに。やむなく従来通りにソウル経由での長旅となりました。

BL191116コチャン初日1IMG_8142  BL191116コチャン初日2IMG_8164  BL191116コチャン初日 3IMG_8147

一緒にコチャン入りした夢舞いメンバーは、3年前に続いて2回目の訪問となる事務局次長のお富さんと千由起さん、お2人と同じく夢舞い救護班で、初参加となる智美さん。さらに夢舞いに協賛してくれている東京・上野のスポーツ用品販売会社「スポーツジュエン」社長の鄭貞子さんも初めて加わってくださり、私も合わて5人となりました。

私は8時前に関西空港を出発する便でソウル・仁川空港へ。濃霧の影響で着陸が1時間近く遅れましたが、機内のアナウンスで可能性があると言われた釜山への行き先変更は免れました。
仁川からはタクシーに乗ってまず、羽田から金浦空港に到着した智美さんをピックアップ。そのまま高速鉄道KTXのターミナル龍山(ヨンサン)駅に向かって、昨夜のうちにソウル入りしていたお富さん、千由起さんと合流。コチャンに近い井邑(ジョンウプ)行きの列車に乗り込む前、3年前にも入った駅ビル内の食堂で腹ごしらえをするとともにビールで乾杯しました。
鄭さんも昨日のうちにソウル入りされましたが、本日はソウルの知人らと一緒に車でコチャンに来て1人だけ残り、私たちとは夕食前に合流しました。

日韓関係が悪化しているからといって旅行に影響が出るとは思えないものの、少し構えてしまう気持ちもありましたが、タクシーの運転手さんは「政府間だけのことで、日本人旅行客もそれほど減っていない」などと気さくに話してくれ、降車する際には「ありがとう」と笑顔であいさつしてくれました。

BL191116コチャン初日4IMG_8172  BL191116コチャン初日5IMG_8173  BL191116コチャン初日6IMG_8169

コチャンから車で20分余りのジョンウプ駅にはコチャン・コインドルマラソン同好会側で、私と同じく10年にわたり交流担当をしてくれているチェ・ジョンマンが迎えに来てくれました。
ほんの1カ月ほど前に日本で会ったばかりですが、はるばる訪ねてきて会うとまたうれしいもので、私たちはつい肩を抱き合ってしまいました。

BL191116コチャン初日7IMG_8175  BL191116コチャン初日8IMG_8174  BL191116コチャン初日9IMG_8181  BL191116コチャン初日10IMG_8187

ジョンウプに到着したのは、ここ数年よりも早い午後3時すぎ。ただ今回の訪問は本日から2泊3日と1日短いこともあり、まずはコチャンのシンボルである中世の城跡、コチャン邑城(ウプソン)に直行して、夕暮れ前に散策することにしました。
ウプソン前では、やはり10年にわたり交流担当をしてくれているジョンマンさんの妹さん、ソンネさんも合流。最近できたという韓国伝統服体験のブースに寄って、既にカジュアルな韓国服を着てられたジョンマンさんを除く私と女性4人は、時代劇に出てくるような王朝時代風の衣装を着せてもらいました。

周囲1.5キロ余りの立派な城壁が残り、内部には復元した建物もあるウプソンは、実際に時代劇のドラマや映画で何度もロケ地になっているだけに、伝統衣装を身に着けての散策は、まるでドラマの舞台に足を踏み入れるような気分でした。

BL191116コチャン初日11IMG_8196  BL191116コチャン初日12IMG_8180  BL191116コチャン初日13IMG_8194

BL191116コチャン初日14IMG_8199  BL191116コチャン初日15IMG_8184  BL191116コチャン初日16IMG_8213

古くには牟陽城(モヤンソン)と呼ばれたコチャンウプソンは15世紀に倭寇の侵入を防ぐために築かれ、自然石を積み上げた1.5キロ余りの城壁の築造には住民が総出で当たったとされます。

毎年10月には、築造時をしのぶ「牟陽城祭(モヤンソンジェ)」が開かれ、地元の女性数百人が伝統服を着て頭に石を乗せた格好で城壁の上を1周する「踏城(タプソン)ノリ」がそのメインイベント。私は3年前に日韓ランナー交流を続けたことを評価されてコチャン郡の名誉郡民証を授与していただいた際、初めて踏城ノリを見ることができました。
今回は、自分も伝統服を着て城壁上を歩くことになったわけで、時間の都合から半周にとどまりましたが、城壁の入り口に立つ踏城ノリの銅像前では、女性陣に石ならぬ伝統小物のバッグを頭に乗せてポーズを取ってもらいました。

また、伝統服体験のブースそばの屋外で手作りクラフトのテーブルを出してられたのは、コチャン在住日本人の恵実子さん。
以前は地元紙の市民記者を務め、夢舞いとコインドルマラソンの交流について何度も記事にしてくれるなど交流を応援してくれている恵実子は、3年前に夢舞い理事長の幸夫さんが滞在中に体調を崩された際、看護師のお富さんらを助けて病院で通訳をしてくれました。そんな難局を共に乗り越えたとあって、お2人は互いに今回の再開を楽しみにしていて、やはり手を取り合って喜んでられました。

BL191116コチャン初日17IMG_8299  BL191116コチャン初日18IMG_8290  BL191116コチャン初日19IMG_8345

鄭さんも合流しての歓迎夕食会でいただいたのは、韓牛(ハヌ)のテンジャン(韓国味噌)しゃぶしゃぶ。
店にはコインドルマラソン同好会会長のパク・ウルクさんをはじめキム・ミンスさん、ユ・ギサンさん、それにジョンマンさんと奥さまのチョン・ジョンスクさん、ソンネさんという、いずれも夢舞いの参加経験者が集まってくれました。

明日はマラソンが控えているというのに、私たちはコチャン名産のキイチゴの一種ポップンジャ(覆盆子)のお酒やビール、焼酎などで杯を重ね、韓牛牧場の社長さんでもあるギサンさんとお富さんは韓国式の乾杯「ラブショット」も披露。
1次会を招待してくれたミンスさんが2次会も招待してくれるということで、鄭社長やジョンスクさん、ウルクさんを除く全員が、日韓交流では久々となるカラオケに繰り出し大いに盛り上がって、マラソンの前に猛烈なスタートダッシュをかけてしまいました。

いきなり19枚もの写真を紹介しましたが、ウプソンでの散策やカラオケの写真はまだまだあって、日を改めて残りを紹介することになりそうです。

コチャン歓迎会挨拶

東日本を中心に大きな被害をもたらした台風19号が列島を襲い、東京夢舞いマラソンも中止になったにもかかわらず韓国・コチャンから来日してくれたチェ・ジョンマンさんご夫妻は昨日無事に帰国され、私は本日から仕事に戻りましたが、一昨日に東京・高田馬場で開いた歓迎会の際の写真をさらに掲載します。

歓迎会には20人以上が集まってくれましたが、日韓交流をいっそう深めるため恒例にしている全員の一言あいさつを今回も行い、写真を撮りそびれたメンバーもいるものの、そのあいさつの様子を紹介します。

BL191013歓迎会あいさつ1IMG_7180  BL191013歓迎会あいさつ2IMG_7189  BL191013歓迎会あいさつ3IMG_7193  BL191013歓迎会あいさつ4IMG_7229

BL191013歓迎会あいさつ5IMG_7199  BL191013歓迎会あいさつ6IMG_7226  BL191013歓迎会あいさつ7IMG_7223

BL191013歓迎会あいさつ8IMG_7201  BL191013歓迎会あいさつ9IMG_7205  BL191013歓迎会あいさつ10IMG_7209  BL191013歓迎会あいさつ11IMG_7246

BL191013歓迎会あいさつ12IMG_7221  BL191013歓迎会あいさつ13IMG_7270  BL191013歓迎会あいさつ14IMG_7239

この日はラグビーワールドカップの日本の予選最終戦で、私は2次会の店のテレビで試合の終盤だけながら見ることができましたが、夢舞い関係の皆さんは試合にもかかわらず集まってくれました。
その中で日本チームのジャージー姿で来てくださったのは、夢舞いに協賛して毎回テントの販売ブースも出してくれている「スポーツジュエン」の鄭貞子社長。韓国出身で、来日して52年になるという鄭社長は、日韓関係がこじれてもジョンマンさんたちが来日され、マラソンを通じた日韓の草の根交流が続いていることをことのほか喜び、夢舞いが中止でも歓迎会を開くとご連絡すると「必ず行きます」とおっしゃって、大いに盛り上げてくださいました。

江戸東京博物館案内

東日本を直撃した台風19号により東京夢舞いマラソンも中止になったにもかかわらず、3日前から来日してくれた韓国・コチャンのチェ・ジョンマンさんご夫妻は本日、無事に帰国されました。
それに先立ち昼前後には、一昨年に私がコチャンの名誉郡民賞を授与された際に同行してくれた韓国語ペラペラの暢子さんにも合流してもらって、お2人を両国の江戸東京博物館に案内しました。

これまでジョンマンさんをはじめ何人ものコチャンのゲストに東京を案内してきましたが、ついつい東京タワーやスカイツリー、それに屋外の名所の「実物」を見てもらう方が博物館よりも良いような気がして、外国の人たちにも人気の江戸東京博物館は後回しになっていました。しかしジョンマンさんたちは既にあちこちの名所を巡ってられ、本日は雨もようでもあったため博物館見学を試みました。

そうしたところ、文化財修理のお仕事をされて建築にも造詣が深いジョンマンさんたちは展示に思いのほか興味を持たれ、1時間半ほどしか滞在時間がなかったため「1日がかりで見てみたい」とおっしゃるほどで、来ていただいて良かったと思うとともに、これまでこの博物館を案内コースから除外していたことを少しばかり後悔してしまいました。

BL191014江戸東京博物館1IMG_7291  BL191014江戸東京博物館2IMG_7314  BL191014江戸東京博物館3IMG_7296

BL191014江戸東京博物館4IMG_7300  BL191014江戸東京博物館5IMG_7311  BL191014江戸東京博物館6IMG_7305

夢舞い中止も歓迎会

本日は東京夢舞いマラソンが開催される予定でしたが、既にお話した通り台風19号の接近で3日前に中止が決定。それにもかかわらず夢舞いとの交流が10年目を迎えた韓国のコチャン・コインドルマラソンのゲストお2人は一昨日に予定通り来日され、私は本日、お2人と一緒に上京して夕方、幻の夢舞い会場に近い高田馬場で残念会も兼ねた歓迎会を開きました。

今回のゲストはコチャン側交流担当のチェ・ジョンマンさんと奥さまのチョン・ジョンスクさん。
日韓関係がこじれて「日本に行く」と言いづらい雰囲気の中、他のメンバーを誘うことはできませんでしたが「長年続けてきた交流と政府の関係は別だ」(ジョンマンさん)と来日を決断。大阪で合流した私と上京するのも台風で1日遅れとなったものの、夢舞い側の「こんなご時世だからこそ歓迎したい」(大島理事長)という気持ちに応えてくれました。

歓迎会に集まったのはコチャン訪問経験者ら20人余り。1年がかりで準備が進んだ夢舞いの中止はあまりにも残念でしたが、それでも会は大いに盛り上がり、今後の交流に向けた貴重な1歩をしるすことができたと思っています。

BL191013コチャン歓迎会1IMG_7272  BL191013コチャン歓迎会2IMG_7171  BL191013コチャン歓迎会3IMG_7173

BL191013コチャン歓迎会4IMG_7191  BL191013コチャン歓迎会5IMG_7184  BL191013コチャン歓迎会6IMG_7231

BL191013コチャン歓迎会7IMG_7248  BL191013コチャン歓迎会8IMG_7259  BL191013コチャン歓迎会9IMG_7249

BL191013コチャン歓迎会10IMG_7281  BL191013コチャン歓迎会11IMG_7273  BL191013コチャン歓迎会12IMG_7282