FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

コチャンで大歓迎会

泊まり勤務明けの本日は、父をかかりつけのクリニックと本屋に連れて行き、一緒にランチをするデートの日でした。
掲載するのは引き続き韓国・コチャン行きの落ち穂拾いの写真。本日は初日の歓迎夕食会と2次会のカラオケで撮影した13枚です。

BL191116コチャンで歓迎会1IMG_8285  BL191116コチャンで歓迎会2IMG_8301  BL191116コチャンで歓迎会3IMG_8273

BL191116コチャンで歓迎会4IMG_8267  BL191116コチャンで歓迎会5IMG_8304  BL191116コチャンで歓迎会6IMG_8363  BL191116コチャンで歓迎会7IMG_8265

1次会は韓国産牛(韓牛=ハヌ)のしゃぶしゃぶが出され、コチャン名産のキイチゴの一種・ポップンジャ(覆盆子)酒で乾杯。締めとして、韓国味噌・テンジャン味のダシにラーメンを入れていただきました。
この日は1次会、2次会とも4年前に来日して東京夢舞いマラソンにゲスト参加され、先ごろ公務員を退職されたキム・ミンスさんの招待。韓牛牧場を経営され、一昨年にやはり夢舞いに参加されたユ・ギサンさんとともに1、2次会を通じて大いに場を盛り上げてくれました。

BL191116コチャンで歓迎会8IMG_8316  BL191116コチャンで歓迎会9IMG_8341  BL191116コチャンで歓迎会10IMG_8347

BL191116コチャンで歓迎会11IMG_8371  BL191116コチャンで歓迎会12IMG_8350  BL191116コチャンで歓迎会13IMG_8352

カラオケは私の「釜山港へ帰れ」で始まって韓国語、日本語の歌がダンスとともに入り乱れ、同じく趙容弼(チョ・ヨンピル)の名曲「チング(友)よ」の大合唱で終わりました。

既に書きましたように、多いに飲んで歌い踊り、100%パワーを発散してしまったこの夜のスタートダッシュが、翌日のマラソンでの無念の棄権の大きな要因になったのは間違いなさそうです。とはいえ、こんなふうに楽しく盛り上がるのは事前に分かりきっていたことで、それでもなお余裕でゴールできるように練習を積んでおかなければならなりませんでした。
次回コチャンを訪問するのは私が既に還暦を迎えて60代になってから。年を食うとともに基礎体力が落ち、練習の効果も出にくくなるのも承知していますので、よくよく心して捲土重来を期したいと思うばかりです。

スポンサーサイト



韓服でウプソン散策

本日は韓国・コチャンから帰国後初めての泊まり勤務となりましたが、掲載するのは引き続きコチャンで撮った写真です。
2泊3日の短い旅となった訪問の写真は既に、それぞれの日のスケジュールに沿って主だったカットを紹介してきましたが、これからは掲載しきれなかった写真の落穂拾いとなります。

まずは初日にコチャン邑城(ウプソン)=牟陽城(モヤンソン)を訪ね、時代劇に登場するような韓国伝統服(韓服)を体験着用したまま城壁を散策した際の写真13枚です。
韓服を着て散策した際の写真は既に何枚か紹介済みですが、まだまだあったということです。まあ、写真撮影は韓服体験のメインイベントのようなものですので、コンパクトカメラとはいえスマホではないカメラを持っている私としては皆さんの1人ずつの「独写真」を含めて要所要所で撮影をするのは義務のようなものですので、致し方ないということです。

とはいいましても、一緒にコチャンを訪問したお富さん、千由紀さん、智美さんに現地のソンネさんも含め4人の韓服美女に囲まれて、1人だけ王朝時代の両班(ヤンバン、貴族階級)のような衣装を着させてもらった私も、ご覧の通りついつい記念写真に加わっているのですが。

BL191116ウプソン1IMG_8211  BL191116ウプソン2IMG_8206  BL191116ウプソン3IMG_8212

BL191116ウプソン4IMG_8214  BL191116ウプソン5IMG_8216  BL191116ウプソン6IMG_8217  BL191116ウプソン7IMG_8218

BL191116ウプソン8IMG_8224  BL191116ウプソン9IMG_8235  BL191116ウプソン10IMG_8232

BL191116ウプソン11IMG_8253  BL191116ウプソン12IMG_8250  BL191116ウプソン13IMG_8252

コチャンまた来年も

東京夢舞いマラソンとの交流が今年で10年目となった韓国のコチャン・コインドルマラソンに参加する現地訪問ミニツアーは一昨日、2泊3日の短い日程を終えて無事、成功裏に終了しました。
日韓の政府間の関係が悪化する中での韓国訪問は、台風で夢舞いが中止になったにもかかわらず先月コチャンの仲間が来日してくれたことに続き、特別な意味を持つものとなりました。といいますか、そもそもが国境のないスポーツを通じた交流は、政府間の関係に影響されるものではないということを証明したとも言えると思います。

まあ、そんな風に格好をつけなくても、こうして今年の相互訪問を終えてみると何のことはない、結局のところこれまで通りに楽しかったということに尽きます。
そして私たちは「来年もまた会いましょう」と約束しあって、名残を惜しみながらも帰国の途に就きました。

BL191118コチャン3日目10IMG_8740  BL191118コチャン3日目11IMG_8696  BL191118コチャン3日目12IMG_8741

BL191118コチャン3日目13IMG_8749  BL191118コチャン3日目14IMG_8746  BL191118コチャン3日目15IMG_8753

BL191118コチャン3日目16IMG_8766  BL191118コチャン3日目17IMG_8762  BL191118コチャン3日目18IMG_8758

郡守表敬、紅葉の山

日韓ランナー交流が10年目を迎えた韓国のコチャン・コインドルマラソンへの参加ミニツアーは昨日、2泊3日の短いながらも内容の濃い日程を終えましたが、本日は訪問3日目となった昨日の様子を紹介します。
現地出発は昼食後となったため、それに先立ち私たちはまず、マラソン当日の打ち上げに参加することができなかったコチャン郡のユ・ギサン郡守(郡知事)を郡庁に表敬訪問。その後、紅葉の名所である近郊の文殊寺(ムンスサ)を訪ねました。

BL191118コチャン3日目1IMG_8620  BL191118コチャン3日目2IMG_8625  BL191118コチャン3日目3IMG_8622

郡守室に招かれた私たちは、地元特産のキイチゴの一種・ポップンジャ(覆盆子)を使って醸造した郡守さん自らのアイデアによるポップンジャ酢をいただきました。ポップンジャといえば梅酒のように焼酎に漬け込んでつくるポップンジャ酒が、地元の家庭でも広くつくられ土産物にもなっていますが、ポップンジャ酢もなかなかの味わい。
鹿児島大学に留学して地方行政を学ばれた経験もあるという郡守さんは「鹿児島の黒麹酢、イタリアのバルサミコ酢、中国鎮江の香酢に加えて4大酢の1つにしたい」と意気込んでられました。

日韓関係が悪化する中でも私たちが交流を続けていることを私が話したところ、郡守さんも「こんなときだからこそ人と人との交流が大切です」と同意してくれたうえ、日本に行きにくい雰囲気が韓国で広がる中、関西への韓国人旅行客が6割も減少してしまったことなどについては「(関係悪化が)経済にも影響するというのは口惜しい限りだ」と残念がってられました。
ともあれ、親日家でもある郡守さんは今後も交流を深めていくことを応援してくれ、私たちは韓国式のハートマークを両手でつくって記念写真を撮ってもらいました。

BL191118コチャン3日目4IMG_8703  BL191118コチャン3日目5IMG_8655  BL191118コチャン3日目6IMG_8706

BL191118コチャン3日目7IMG_8701  BL191118コチャン3日目8IMG_8723  BL191118コチャン3日目9IMG_8709

コチャンの紅葉の名所といえば北部の山腹にある禅雲寺(ソヌンサ)が国内では特に有名ですが、文殊寺はモミジの森が天然記念物になっていて、山そのものの景色はこちらの方が良いぐらい。
今回は日程がタイトなことから、3年前に続いて文殊寺を散策することになりましたが、今年は紅葉の時期が例年より遅めでちょうど見ごろとなったため、異国での紅葉狩りを心ゆくまで楽しむことができました。

コチャンで打ち上げ

本日は、東京夢舞いマラソンとの交流が10年目となった韓国のコチャン・コインドルマラソンに参加するための現地訪問ミニツアーを終えて夜遅くに帰国・帰宅しましたが、掲載するのは昨日のマラソン後、大会を運営するコインドルマラソン同好会の打ち上げに参加した際などの写真です。

BL191117コインドルマラソン当日16IMG_8548  BL191117コインドルマラソン当日17IMG_8539  BL191117コインドルマラソン当日18IMG_8547

BL191117コインドルマラソン当日19IMG_8558  BL191117コインドルマラソン当日20IMG_8580  BL191117コインドルマラソン当日21IMG_8555

例年の打ち上げでは、コチャン郡の郡守(郡知事)さんや体育協会の会長さんらVIP席が設けられていましたが、今年は郡守さんの都合がつかなかったためVIPの参加はなく、「会員の間だけで気楽に楽しんんでほしい」とされた通り、いつも以上になごやかな雰囲気の中での酒宴となりました。

とはいえその分、私たち夢舞いからの訪問グループが唯一のゲストということになり、韓国語でのあいさつと乾杯の音頭のお鉢が私に回ってきました。
私は、先月の夢舞いが台風で中止になったにもかかわらずジョンマンさんご夫妻が来日してくれ「10年来の交流は、政府間の関係が悪化したことにかかわらず続けたい」と言ってくれたことも紹介させてもらい、さらなる友好のためにと杯を掲げさせてもらいました。
また、夢舞いの後援をしてくれる「スポーツ寿苑(ジュエン)」社長の鄭貞子さんにもあいさつをお願い。鄭さんは、毎年コチャンから夢舞いに来てくれる仲間の歓迎会に来てくれていますが、「これまでは韓国人としてどこか義務のような気持ちだった」と明かされ、日韓関係が悪化して以来、周囲の人たちから心配されたことにより「今年はなんとしてもコチャンに来たかった」と話して、大きな拍手を浴びてられました。

会にはまた、これまで市民記者として何度も記事を書くなど、やはり交流を応援してくれてきた現地在住の日本人、恵実子さんも出席してくれ、通訳に忙しくしながらも仲間として一緒に盛り上がってくれました。

BL191117コインドルマラソン当日22IMG_8607  BL191117コインドルマラソン当日23IMG_8584  BL191117コインドルマラソン当日24IMG_8609

一昨日の訪問初日には、いきなりカラオケに行って弾けてしまい、そこでスタートダッシュをしたことがマラソン棄権の一つの要因になったようにも思いました。

同行の女性陣も同じく、打ち上げが終わるころには疲れが見え始め、昨日の2次会でもカラオケのお誘いがあったものの丁重にお断りして韓国伝統茶のお店で締めることにしました。
とはいえ、鄭さんや恵実子さんも来てくれたお店では、サンファタン(雙和湯)やテッチュ(ナツメ)茶などをいただきながら話が尽きず、私のまぶたが重たくなりウトウトしそうになったのを皆に見られて、ようやく席を立つことになりました。