“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

全記事表示リンク

ソンネさん家族と奈良

大型連休の中日2日目となった本日は泊まり勤務に入りましたが、夕方は小雨が降ったことなどからロードバイクによる自転車出勤は控えました。

ということで掲載するのは引き続き、連休前半に韓国の駆けっこ仲間ソンネさんの家族を関西各地に案内した際の写真。
本日は旅行3日目に奈良と大阪城を訪れた際の合わせて10枚です。

BL180429ソンネさん奈良&大阪1IMG_3302  BL180429ソンネさん奈良&大阪2IMG_3306  BL180429ソンネさん奈良&大阪3IMG_3310

BL180429ソンネさん奈良&大阪4IMG_3314  BL180429ソンネさん奈良&大阪5IMG_3343  BL180429ソンネさん奈良&大阪6IMG_3414

BL180429ソンネさん奈良&大阪7IMG_3434 BL180429ソンネさん奈良&大阪8IMG_3441 BL180429ソンネさん奈良&大阪9IMG_3443 BL180429ソンネさん奈良&大阪10IMG_3449

大学生ら若者5人が大阪市内で別行動したため、残る大人5人と息子を乗せて車で奈良に向かった私たちは、東大寺にほど近い飲食店や土産物屋が集まる一角の駐車場をスタートして東大寺に向かいました。

さっそく出迎えてくれたのは、奈良公園や周辺の林や山に生息する天然記念物の鹿たち。市街地で多くの鹿が人間と共存している例は他になく、韓国の旅行者の間でも人気だということで、私たちはさっそくそれぞれ鹿せんべいを買って、鹿たちとのふれあいを楽しみました。

既に紹介したとおり、ソンネさんの妹さん夫妻は文化財修理に関連した仕事をされていて、前日の京都・清水寺に続いて東大寺でも巨大な木造建築物である大仏殿に並みならぬ興味を示されました。そのため、お母さまは坂道を登るのに時間がかかるものの大仏殿の東側の若草山のすぐ近くに立ち、清水同様に舞台のような建築で展望も楽しめる二月堂にも案内させてもらいました。

駐車場のそばでランチをいただいた私たちは再び車に乗って大阪に戻り、午後は大阪城を見学。
天守閣内の資料展示や大展望を楽しんだ後は、お城をバックに記念撮影。皆さんが次々にジャンプしてその瞬間を撮影されるのにつられ、私も息子と一緒にジャンプしたところ、不覚にも着地の際に足首をくじいてしまいました。

スポンサーサイト

ソンネさん家族と京都

ゴールデンウイークの前半は3連休をいただいたものの、その前日の泊まり勤務明けから4日間にわたって韓国・コチャンの駆けっこ仲間ソンネさんの家族旅行にお付き合いしたため忙しく過ごし、5月初日の本日はもう仕事に戻りました。

そして本日は久々にロードバイクに乗って自転車通勤しましたが、カメラはバッグの中に入れたままで、途中で写真は撮っていません。といいますのも、ソンネさん家族の関西訪問の際の写真が未整理のままたまっていたから。
というわけでまず、旅行2日目の先月28日、京都を訪問した際の家族写真などを一挙12枚掲載することにします。

BL180428ソンネさん家族と京都1IMG_3062  BL180428ソンネさん家族と京都2IMG_3063  BL180428ソンネさん家族と京都3IMG_3074

BL180428ソンネさん家族と京都4IMG_3108     BL180428ソンネさん家族と京都5IMG_3088     BL180428ソンネさん家族と京都6IMG_3139

BL180428ソンネさん家族と京都7IMG_3156     BL180428ソンネさん家族と京都8IMG_3169     BL180428ソンネさん家族と京都9IMG_3142

BL180428ソンネさん家族と京都10IMG_3211   BL180428ソンネさん家族と京都11IMG_3204     BL180428ソンネさん家族と京都12IMG_3279
 
既に紹介している通り、この日は嵯峨・嵐山から保津川の渓谷を縫うトロッコ列車に乗って亀岡で下車し、その復路では渓谷の中を船に乗って保津川下りを満喫。その後に東山に移動して清水寺を参拝しました。

掲載した写真のうち保津川べりで撮った1枚の背景に写っているのは名勝の渡月橋。
見事なツツジをバックにした写真は、ランチの後に天龍寺の前で撮ったもの。
一昨年に友人と2人で関西を訪れたソンネさんのお兄さん、ジョンマンさんのご子息ヨンヒョン君は、その際に保津川下りを楽しんだ後、この天龍寺の境内にある庭園も訪れましたが、今回は境内には入らず、先を急ぐことにしました。

ソンネさんらのお母さまは85歳ですが、東山の麓の東山通から清水の坂を自力で歩いて往復されました。
今回の旅行に備えて毎日のようにウオーキングをしたとのことで足取りはしっかりとされていましたが、それでも坂が急なところでは手を取って一緒に歩かせていただきました。
お母さまはそのことを良く覚えていて、帰国の際には「日本に息子ができたように感じた」と言われ、なんだか恥ずかしいような気持ちでした。

実のところ20年ほど前、今は亡き母方の祖母を清水に連れてきたことがあり、その時には祖母をおぶって坂を上っていて、今回もいざとなればおばあさまをおんぶしようと思ったものの、今回は自分の体力が落ちているため自信はなく、手をお取りするだけで済んでホッとしていました。

ソンネさん家族旅行4

韓国・コチャンから家族旅行で来日された駆けっこ仲間ソンネさんの一行は3泊4日の予定を終えて本日、無事に帰国されました。
私は、関西空港から仁川空港に向かう午後の便に搭乗した一行を午前中、訪日外国人客の間で人気の「大阪くらしの今昔館」に案内。初日と同じく電車で移動した学生らを除く大人5人を全員の荷物とともに車に乗せて空港に行き、見送らせてもらいました。

BL180430ソンネさん家族旅行4-1IMG_3495  BL180430ソンネさん家族旅行4-2IMG_3527  BL180430ソンネさん家族旅行4-3IMG_3478

大阪・キタの繁華街に近い天神橋筋六丁目にあるくらしの今昔館は、ビルの中に江戸時代の大坂の町並みを再現した映画セットのようなフロアがあるほか、明治から昭和にかけての庶民の暮らしをたどる数々の資料を展示していて、江戸東京博物館ほどではないものの、なかなか見ごたえがあります。

ソンネさんとお母さまのツーショットを撮らせてもらったのは、昭和30~40年代の小学校の机と椅子を展示してあったロビーの一角で、机などはまさに私が小学校時代に使っていたのと同じもの。
当時の記憶がよみがえると同時に、50年を経た机などと同じく、私もそろそろ資料館に展示されてもおかしくないほど年を食ったのだということを実感しました。

空港で無事に全員がチェックインした後の締めくくりの写真1枚は、空港まで付き合ってくれた4歳の息子が私のカメラを使って撮ったもの。多少のトリミングはしてあるものの、シャッターチャンスを含めてなかなかの出来です。

四六時中カメラを手放さない私をまねて、譲り与えている古いカメラを持って歩いている息子は当初、どうやって写すのかすら理解できていませんでしたが、最近はほぼ思ったように物や景色を切り取ることができるようになってきています。それを見ていると、しょせん写真なんて、庶民でもこなせる「第二芸術」と言われた俳句以上に、誰でもできる遊びなんだということが分かります。

ソンネさん家族旅行3

韓国・コチャンの駆けっこ仲間、ソンネさんの家族の関西旅行は本日が3日目。
当初は大阪市内の観光施設や地下鉄を利用できる周遊パスを利用して大阪観光となる予定でしたが、直前になって奈良も訪ねたいという要望を受けたことから本日も予定を大きく変更。午前中に奈良に向かい、午後は大阪城に絞って観光をすることにしました。

とはいっても、昨日の後半から独自に行動をすることになった一行10人のうち5人の大学生らは、本日も夕食時まで別行動。
宿泊先でゆっくり休んだ後、大阪・キタの百貨店などを巡ることにしたため、私は残る大人5人を車に乗せて奈良、大阪と回ることができました。

BL180429ソンネさん家族旅行3-1IMG_3316  BL180429ソンネさん家族旅行3-2IMG_3410  BL180429ソンネさん家族旅行3-3IMG_3375  BL180429ソンネさん家族旅行3-4IMG_3433

一行のうちソンネさんの妹さん夫妻は、ソンネさんの兄、ジョンマンさんと同じく文化財の修理に関連した仕事をされていて、寺社などの建築や美術に造詣が深く、昨日も京都・清水寺では、屋根の形や装飾の色使いなどに興味を示されて、大満足された様子でした。

当初予定になかった奈良を是非訪問したいというのも、ご夫妻のたっての希望によるもののようで、奈良で訪ねた東大寺・二月堂も「世界で最高だ」(ご主人)と感激されるなど、昨日以上に喜んでもらえました。

また、大阪城は昭和初期に復元された天守閣が中身は鉄筋コンクリートの建造物であるため、私自身は外国の方々が訪れる先としてお勧めしにくいようにも思っていましたが、ご夫妻は壮大な規模ながら入念に組まれた石垣にも並ならぬ興味を示され、その様子を見せていただくと、確かに全体としては、ここも世界にあまり例を見ないスケールの大きな文化遺産であることを再認識させられました。

ともあれ、当初予定を大きく変更しながら本日の観光案内も滞りなく済んで、みなさんに満足していただけ、家族旅行の主要な日程をほぼ終えて、疲れもありますが、それ以上にホッとしているところです。

そうそう、本日は車での移動ということもあって4歳の息子も案内に付き合ってくれ、ゴールデンウイーク前半をまるまる観光案内に費やして家族には申し訳なく思っていたところが、息子にだけはサービスをしてやることができました。

85歳になるソンネさんのお母さまは、車の移動とはいえ全行程で7キロ以上も元気に歩かれ、「家族と一緒に過ごせるだけで幸せだ」と話しながら、終始ニコニコされていました。
そんなお母さまの希望もくんで、大阪城訪問後の夕方にはミナミの繁華街の外れにある温泉施設にも案内。息子も一緒に自分自身の疲れもいやしてリフレッシュすることもできました。

ソンネさん家族旅行2

韓国・コチャンから来日されたソンネさんの家族旅行は本日が2日目で、案内役となった私は一行を大阪から京都に連れて行きました。

事前にもらっていたスケジュールによると、2日目の京都訪問では嵯峨・嵐山を発着するトロッコ列車に乗るほか金閣寺、清水寺、伏見稲荷大社を巡る予定でしたが、85歳のおばあさまがいらっしゃって移動に時間がかかることなどから寺社のうちでは金閣寺と伏見稲荷を割愛して、清水だけを参拝することになりました。
その代わり、トロッコ列車の乗車が当初予定より2時間早くなったため、終点の亀岡から船に乗って渓谷を下る「保津川下り」を組み込み、よりバラエティーに富んだ日程となりました。

BL180428ソンネさん家族旅行2-1IMG_3058  180428ソンネさん家族旅行2-4IMG_3133  BL180428ソンネさん家族旅行2-3IMG_3173

訪日外国人客にも人気のトロッコ列車や保津川下りは行楽シーズンになると大いににぎわいますが、今回は事前の予約をしておらず、関西空港に出迎えに行った昨日、空港内の旅行代理店に立ち寄ったところ、予定していた11時初の第3便はおろか10時の第2便も満席に近く、辛うじて9時の第1便の予約が取れました。
そのため、お勧めのアトラクションでありながら予定に入っていなかった保津川下りを組み込む余裕ができ、代理店で船の予約もしていたというわけです。

一行は昨日の早朝からほぼ1日がかりの長旅をして大阪に到着されていましたが、出発が2時間早まってもOKだということで、私はミナミの宿泊先に7時前に迎えに行き、調べていた通りに地下鉄や阪急電車を乗り継いでトロッコ列車が出発するトロッコ嵯峨駅には発車の20分ほど前に到着。絶好の行楽日和に恵まれるなか、京都訪問を始めることができました。

トロッコ列車も保津川下りも、自然豊かな景色を楽しみながらワクワクできるアトラクションであるうえ、写真撮影サービスなど駅員さんや船頭さんによるおもてなしもすばらしく、この2つを乗り継ぐのは1日以上余裕がある場合の京都観光のゴールデンコースといえます。
また、古都の情緒あふれる土産物屋街を歩き、大展望も楽しめる世界遺産の清水寺は、やはり寺社のうち1つを選ぶとすると断然お勧めの場所といえ、予定は変更になったものの、これら3つを案内でき、みなさんに満足してもらって、ほっとしているところです。

とはいえ、一行10人のうち大学生ら5人は清水寺の手前から別行動となり、寺には入らず土産物屋街の一角にあるスターバックスに行くことに。若者たちはそのまま電車に乗って帰阪してくれたため、私は応援に駆け付けてくれた家族と一緒に残る5人を車に乗せて移動することができました。
京都観光では、いつも通りに写真係も買って出ることになり、何枚もの家族写真を撮らせていただきましたが、それらはおいおい日を改めて掲載することにします。