“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

全記事表示リンク

韓流閉幕、カムサハムニダ!!!

先月16日から3週間、のべ13.5日間の長期にわたり、コリアプラザ名古屋を会場に開催させていただいた写真展「走った!撮った!韓流マラソン」は本日、閉幕しました。

来場してくださって皆さま、どうもありがとうございました。カムサハムニダ!!!
そして、来場を考えていただきながら、都合がつかなかった皆さま、次回はきっと、よろしくお願いします。

今回の写真展は、常設の展示スペースの一部を借りて写真を展示させていただくという、これまでの個展とは少し趣向の変わったもので、プラザそのものの開館時間に合わせて土日は休み、平日も午後6時までと、勤め人の方々などには足を運びにくかったかもしれません。

また、急きょ決まった展示会だったため、私自身も仕事のため会場に常駐できず、昼休みや夕方の短い時間だけ顔を出すばかりで、訪ねて来てくださった方に不義理を働いたこともあったかと思います。
こうした点につきましては、どうかお許しいただければと思っています。

ただ、韓国に関する情報発信スペースというコリアプラザの性格上、ランナーや写真好きの方々だけでなく、韓流ファンや旅行を計画されるなどして韓国に興味をお持ちの多くの方々が、それぞれの用事で来られたついでに写真展を見てくれるというケースが多かったようで、こうした方々に「韓流マラソン」という韓国の新たな魅力をアピールできたとすれば、うれしいことです。

BL120203韓流マラソン最終日1R9290344  BL120203韓流マラソン最終日2R0019840  BL120203韓流マラソン最終日3R9290348

遅い昼休み、展示の終了時間である午後3時の少し前にコリアプラザに出かけたところ、韓流ファンとみられる女性のグループが楽しそうに話しながら「韓流マラソン」の写真をご覧になってられました(左)。

私は、ついついうれしくなって、写真の説明をひとしきりさせていただいた後、おそらく最後のお客さん方ということで、お願いをして一緒に記念写真に収まっていただきました(右)。

もちろん、撮ってくれたのは、こうした記念写真をほぼ毎回撮ってくれていたプラザの美人スタッフ・沙織さん(中央)。
本日は、沙織さん1人の写真を撮らせてもらいそびれましたので、昨日撮影したものをアップいたします。

BL120203韓流マラソン最終日4R0019855  BL120203韓流マラソン最終日5R0019860  BL120203韓流マラソン最終日6R0019859

夕方の勤務後に再びプラザを訪れた際には、既に写真展は終了して、展示してあったパネルは取り外されていて、私は感慨にふける時間もなく、パネルを預け先に発送するための、こん包作業を進めました。

そして、ようやくこん包や片付けが終わった後、この間たいへんお世話になった韓国観光公社スタッフの美女軍団のお3方の写真を、新しい展示の前で撮らせてもらいました(右)。
既に何度も登場を願っている3人は、左から和代さん、沙織さん、綾香さん。
実は美女軍団には、もう1人、韓国スタッフの課長・ヒジンさんがいらっしゃるのですが、寂しいことに近く任期を終えて本国に戻られることになり、引っ越しの準備などのため、この時間には既に退社されていました。

「韓流マラソン」に続く次の展示は、年末年始に韓国に旅行した人が自ら写った写真を応募して審査を仰ぐという写真のコンテスト。
自分の写真があまりない私は、写真展に続いて応募することはかないませんでしたが、コチャン・コインドルマラソンを一緒に走った仲間は、マラソン後のキムチづくり体験のワンシーンで応募(左)。
優秀作品に選ばれることが期待されます。

最後に、またまた沙織さんに撮ってもらった私の写真は、ヨンさま、ビョンさまとのスリーショット(中央)。
2人の笑顔につられて、そしてカメラを構えてくれた沙織さんら美女軍団を前にしてつい、私もまたニコニコ顔になってしまいました。ヨンさまたちのように爽やかな笑顔というよりは、にやけた笑顔ではありますが。

ともあれ再び、来場者のみなさまも、観光公社スタッフのみなさまも、どうもありがとうございました。
チョンマルロ(とっても)カムサハムニダ!!!

スポンサーサイト

雪ニモマケズ

昨夜から雪が降り続いた名古屋は今朝方に15センチの積雪を記録し、7年ぶりという大雪となりました。
気温も低く、雪は午後になっても日陰に残り、歩道の路面も所々で凍結してツルツルの状態になりましたが、そんな中でも、残すところあと2日間になった写真展「走った!撮った!韓流マラソン」の会場には、知人らが続々と訪れてくれました。

BL120202コリアプラザ1R9290333  BL120202コリアプラザ2R9290331  BL120202コリアプラザ3R0019851

来場してくれた方の中で、まず紹介するのは、ランニングを通じたチャリティーイベントを企画・開催する一般社団法人「ラン・フォー・ピース協会」事務局長の峰子さん(中央)。
午後が臨時休館となった昨日に続いて来場してくださいました。

名古屋郊外の丘陵地にあるテーマパーク「リトルワールド」を舞台にした来月のイベントなどのチラシとともに写真を撮らせてほしいとお願いしたところ、峰子さんは「じゃ、ヨンさまの前で」と言われ、ヨンさま・ピョンさま(イ・ピョンホン)の書き割り写真の前で「スリーショット」に収まってもらいました。

続いて来場してくれたのは、先日、結婚披露パーティーに招いていただいた名古屋大学大学院の韓流美人の准教授・サンミさんの愛弟子で留学生のミンジさん(左)。
サンミさんのソウルでの結婚式にも出席されて、パーティーも幹事の1人として企画されたミンジさんは、ミニスカート姿でダンスも披露され、その写真は当日の記事で紹介させていただいています。

「みんな楽しそうですね。私も走りたくなっちゃった」
ミンジさんは、そう言ってくれましたが、サンミさんは既に春になれば、教え子の学生たちと一緒に走りたいとおっしゃっていて、これはもう、みんなで走る日も遠くなさそうです。

そして、閉会近くになって来場してくれたのは、やはり先日まで名古屋大学の大学院で学ばれ、現在は別の大学に勤められている昌典さん(右)。
昌典さんは、学生たちが商店街の町おこしを狙って開く「円頓寺映画祭」を始めた1人で、映画だけではなく現代アートにも詳しく、しかもソウルでの留学経験があって、韓国通。年齢はかなり離れていますが、気の合う名古屋での友人の1人です。

ツーショット写真に収まってほしいと頼んだところ、昌典さんが選んだ背景はソウル国際マラソンのコーナー。
写真を見て、やはり「ちょっと走りたくなりました」という昌典さんは、学生時代から長距離は得意だったということで、今年のコチャン・コインドルマラソン行きや、済州島での「漢拏山(ハルラサン)登山競走」の企画にも一枚加わってほしいところ。
この後、韓国料理屋で一緒に鍋をつつきながら、その旨を、しっかり伝えさせてもらいました。

BL120202コリアプラザ7R9290327  BL120202コリアプラザ8R9290326  BL120202コリアプラザ9R9290324

昼休みにコリアプラザに出かけた際、ショーウインドーの前で、素手の指や頬を真っ赤にしながら、せっせと雪だるまをつくってられたのは、プラザを運営する韓国観光公社名古屋支社の美女軍団スタッフの1人、和代さん(写真)。

ヨンさま主演の人気ドラマ「冬のソナタ」で、主人公の2人が初めてキスをするシーンで出てくる雪だるまと同じくらいの大きさのペアのだるまが手にした旗には「アンニョンハセヨー(こんにちは)!」「オソオセヨー(いらっしゃいませ)!」とハングルで書かれていました。

BL120202コリアプラザ4R9290309  BL120202コリアプラザ5R9290314  BL120202コリアプラザ6R9290319

残る写真はオマケですが、まず朝方、久々に通勤で乗った地下鉄の駅を降りて職場に向かう途中、名古屋城の外堀わきに繁る林が雪化粧した様子(左)。
そばを通る高速道路の高架の裏(下)側は、いつも木の色や下を通る車の色などが反射していますが、本日は色がなく、グレーのままでした。

あとの2枚は、昼休みにコリアプラザに行く途中、少し遠回りして、城下町の風情を残す四間道(しけみち)を通った際に撮ったもの。

屋根に雪をかぶったお蔵などの家並みを背景にバックライトを受けて輝くサザンカ(中央)。
そして、軒からずり落ちようとしている雪の先にできたツララの様子です(右)。

BL120202コリアプラザ10R9290230  BL120202コリアプラザ11R9290226  BL120202コリアプラザ12R9290233

残る3枚は、さらなるオマケで、コリアプラザの常設展示物の紹介です。

まずは慶州市内にある古墳群「大陵苑(テルンウォン)」の中心的な古墳「天馬塚(チョンマチョン)」から出土した王冠のレプリカ(左)。

次に、紙製の人形で、伝統芸能「農楽(ノンアク)」の様子を伝える置物(中央)。
最後は、道祖神に当たる「天下大将軍」「地下女将軍」をモデルにした木製の彫刻でした(右)。

同僚夫妻が来場!!

開催期間が残すところあと3日となり、いよいよ大詰めを迎えている写真展「走った!撮った!韓流マラソン」ですが、本日は会場のコリアプラザ名古屋が急きょ別のイベント絡みの事情で、午後からは休館でした。
しかし休館に入る間際、職場の同僚が早めの昼休みを利用し、奥さまを連れて駆けつけてくれました。

BL120201コリアプラザ1R0019846  BL120201コリアプラザ2R0019849  BL120201コリアプラザ3R0019847

コリアプラザに駆けつけてくれたのは、職場の同僚である尚彦さんと愛さんのご夫妻(左)。
尚彦さんは一昨年の後半以降、私のアドバイスもあって片道1時間近くの自転車通勤を続けているのに加え半年ほど前からはランニングも始動。
大幅なシェイプアップに成功したうえで臨んだ昨年12月のNAHAマラソンでは、初フルマラソンを完走された伸び盛りのランナー。
去年の東京・日本橋での写真展に続いて、ご夫妻で来場してくれてました。

愛さんは沖縄出身で、尚彦さんに先だって沖縄の仲間と一緒にNAHAマラソンに挑戦することを決め、去年5月の、ぎふ清流マラソンは尚彦さんに応援されながら私とともに走りましたが、NAHAでは、ハーフの関門で制限時間に間に合わず、涙を飲まれました。
「カミさんに先にマラソンを完走されて、たまるものか」とライバル心を燃やしていた尚彦さんですが、まさかと思った奥さまの頓挫に、「喜びも半分になりました」とがっかりされていました。
ともあれ今回の写真展は、お2人にとっても、次なる目標に向けての刺激になってくれたもようで、次回は2人そろってのゴールを期待しています。

慶州さくらマラソンの前夜祭や観光地などの写真をご覧になっていた愛さんは1枚の写真を指さされました。
「あ、この人見たことある。知ってるわ」
そうおっしゃったのは、韓国観光公社のイ・チャム社長。
知る人ぞ知るイ・チャムさんは、ドラマ「天国の階段」などに出演していた元俳優で、ドイツ出身ながら帰化をしたという経歴の持ち主。慶州の前夜際では、ユーモラスで魅力あふれるスピーチを披露して、俳優出身であることを納得させてくれました。

BL120201コリアプラザ4R9290271  BL120201コリアプラザ5R9290272  BL120201コリアプラザ6R9290273

コリアプラザには、イ・チャムさんばかりではなく、韓流スターたちに関連した本やCDなど、ファン垂涎のコレクションもそろっています。

その中で、おまけの写真で紹介するのは、まず「天国の階段」で「ジウ姫」ことチェ・ジウと共演した「モムチャン(筋肉ムキムキ)」俳優のクォン・サンウが主演する別のドラマ「愛に溺れて」や人気Kポップグループ「東方神起(トンバンシンギ)」を紹介する本(左)。

そして、やはり人気Kポップグループ「超新星(チョシンソン)」のメンバーの自筆サイン入り写真と一緒に並べられた音楽CDの数々(中央)。

その中でも、ひときわ目を引く紅白歌手「少女時代(ソニョシデ)」の韓国語版CDのジャケットです(右)。

ナイトラン仲間も来場!

いよいよ3週目を迎えている写真展「走った!撮った!韓流マラソン」に、本日は名古屋市内でのナイトランに付き合ってくれている駆けっこ仲間の美ジョガーが来場してくれました!

写真展の会場となっているコリアプラザ名古屋に夕方来場してくれたのは、近くにある老舗劇場に務められている元駅伝選手の七保子さん。昨年の後半ごろからランニングを再始動し、現在は3月の名古屋ウィメンズマラソンに向けてトレーニングを積んでられます。

※※※

「韓流マラソン」写真展は今週金曜の2月3日が最終日となりますが、明日の1日も午後は臨時の休館となりますので、ご了承ください。また3日は午後3時までで、展示の入れ替えのために写真展示が終了します。

BL120130コリアプラザ1R0019838  BL120130コリアプラザ2R0019834  BL120130コリアプラザ3R0019836

コリアプラザは土日が休館で、平日も閉館時間が午後6時と早く、普通の会社勤めの方々が来場されるのは、少し難しかったのですが、七保子さんは曜日が不定期の貴重な仕事休みに来場してくれました(中央)。

日本橋や大阪の写真展にも来場してくれた七保子さんにとって、今回の展示写真のうち半分以上は既にご覧になられたものでしたが、それでも1枚1枚を、じっくりご覧になったうえ、大画面モニターで流しているスライドショーも1まわり見てくださいました。

その後、プラザ内の他の展示をご覧になっていた七保子さんは、記念写真用に置いてある韓流スターの写真の1つを指さして「あ、ウォン・ギジュンさん!」と叫ばれました。
ウォン・ギジュンは、知る人ぞ知る韓流時代劇の大作ドラマの「朱蒙(チュモン)」で、主役である朱蒙を演じるソン・イルグクの敵役の1人で、腹違いの兄である「ヨンポ王子」を好演したイケメンの男優(右)。

実は3年前、七保子さんの勤め先である劇場で、劇場板の歴史ドラマ「大長今(テジャングム)=チャングムの誓い」が上演された際、PRイベントの舞台にウォン・ギジュンが出演し、この書き割りはそのイベントに合わせて制作、その後コリアプラザに引き取られたものだそうです。

で、本日のオマケと言っては失礼ですが、もう1枚は、既に何度も登場願っているコリアプラザの受付担当の美人スタッフ・沙織さん(左)。
「私、もう何枚も何枚も登場してますよねえ」と言われながら、本日も、ご覧の通りのチャーミングな笑顔です。

業界の友人、相次ぎ来場!!

コリアプラザ名古屋を会場に開催されている写真展「走った!撮った!韓流マラソン」は3週間という長期にわたる会期があったものの、早いもので本日が第2週目の最終日となりました。

私は本日もまた、昼休みなどの短い時間だけしか会場に駆けつけることはできませんでしたが、そうした時間に合わせて、写真展を新聞記事で紹介してくれた敏腕記者らマスコミ業界の友人たちが、相次いで来場してくれました。

BL120127コリアプラザ1R9290260  BL120127コリアプラザ2R9290264  BL120127コリアプラザ3R9290262

昼休みにまず、コリアプラザに来場してくれたのは毎日新聞社で文化関係の記事を担当されているベテラン敏腕記者で、ワイン通としても知られる泰生さん(左)。
今回の写真展は韓国の3大会だけを紹介する、ささやかな規模のもので、東京のほぼすべての新聞が取り上げてくれた「世界のマラソン」のように記事にはなりやすいものではありませんでしたが、それでも、第2週目に先駆けてイベント紹介の記事が掲載されるように手配をしてくださいました。

そして、その後に来場してくれたのは、私の自宅近くにあるFMラジオ局に勤務されている結実さん(中央)。
去年10月にオリンパスギャラリー大阪で開いた写真展で、ご親戚と一緒に駆けつけてくれていて、連続のご来場となりました。

テニスをされている泰生さんはランニングも始めることを検討中ですが、結実さんは元駅伝の選手。
ランニングを再始動することを、お勧めする度に「ウエイトがつき過ぎたので」などと尻込みされていますが、ご覧の通り今でも駅伝を走れそうなスリムな体型で、名古屋ウィメンズマラソンの盛り上がりにも触発されて、今年はランニングでもご一緒できることを期待しています。

業界のお2方とのツーショット写真を、今回も撮ってくれたのは、コリアプラザ名古屋の受付や運営を担当されている韓国観光公社名古屋支社の美人スタッフ・沙織さん(右)。
お兄さまも私と同じく山と写真を趣味になさっているというだけあって、ご本人も写真の腕はなかなかのもの。
毎回、画面の構成やサイズを考えて撮ってくれる写真はバッチリで、今回もノートリミングで掲載させていただくことができました。

BL120123毎日1R9290116  BL120123毎日2R9290106  BL120123毎日3R9290112

毎日新聞の「なごや近郊 AICHI」面のイベント情報ページの「ギャラリー」紹介欄で、この欄としては破格の2段の記事が掲載されたのは、泰生さんのご配慮によるもの(写真)。

掲載記事の写真は既に撮らせてもらっていましたが、本日ご本人が来場されたのを待って、遅ればせながらアップさせていただきます。

BL120127コリアプラザ4R9290266  BL120127コリアプラザ5R9290269  BL120127コリアプラザ6R9290278

結実さんは、ちょうど近く韓国・釜山に旅行に行かれる計画で、写真展をご覧になると同時に、沙織さんから釜山のガイドブックや観光地図を渡してもらっていました。
そう、コリアプラザには書店で売っているよりも新しく詳しい観光情報が満載のオフィシャルのガイドブックや地図が数多く置いてあって、訪問された方々に無料で提供されているのです(左)。

韓国人旅行客の支援もしているプラザにはまた、韓国語で書かれた愛知県の観光パンフレットなども置いてあり、韓国語を勉強している人にとっての上質の教材にもなります(中央)。

そのほか、一般のガイドブックや旅行記、韓国の小説なども館内での閲覧用に並べられていて、韓国ファンにはたまらないスペースとなっているのです(右)。