FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

じぇじぇ!!書店に写真集!!

私の写真集「走った!撮った!世界のマラソン」が、いよいよ数日前から書店にも並び始めているということは知っていましたが、京都に出かけた昨日は、私の大学時代からは様変わりした街で大きな書店を見つけることができませんでした。しかし本日、名古屋駅前の書店に立ち寄ったところ「じぇじぇ!!」ありました!!

そう、安易に流行り言葉を使うのはためらうものですし、実はこの書店に並んでいることはネットサイトで調べて知っていたのですが、それでも、多くの人たちがその前を行き来する書棚に自分の写真や名前が印刷された本が並ぶのを見るのは、ちょっと胸の高鳴る経験でした!!

BL130625ジュンク堂1RIMG0349  BL130625ジュンク堂2RIMG0355  BL130625ジュンク堂3RIMG0347

写真集が並んでいるのは名古屋駅東口にある「ジュンク堂書店」(中央)。売り場面積が名古屋で1、2を争う大きな書店です。

「走った!撮った!世界のマラソン」が並べられていたのは、スポーツ関係の書籍が置かれている棚(左)。
5、6冊が2段に分けて背表紙が見える形で並んでいました。
作家さんや大学教授、タレントなど本を出すような仕事をしているわけではなく実績のない私の本ですから、今回の写真集の初版の発行部数はさほど多いわけではありませんので、何冊も並んでいるとは想像していなかったこともあり、それもまた感動ものでした。

しかし、いくら目につく真っ赤な表紙の本が何冊も並んでいたとはいえ、大きさも厚さ=ページ数も控えめな本ですので、なんだか脇に追いやられている感じもします。
そこで写真を撮るために、そのうちの1冊を表紙が見えるように置いてみたのですが(右)、ついつい元に戻すのを忘れたまま店を出てしまいました。

まったく「親バカ」といいますか、「わが子」のような本がかわいいあまりに忘れてしまったようですが、お店にはたいへん失礼いたしました。
本当は「実力」によって横置きされたり山積みされたりすれば良いのでしょうが、これはもう私がどうあがいても何とかなるものでは基本的にありません。もちろん、この本を世に出してくれた出版社や、写真に写ってくださった皆さんの厚意にこたえるためにも、私としてできる限りの「営業」や「宣伝」はしてみますが、それはしょせん微力に過ぎないのでしょう。

まったく本というものは、まさに子どものように世の中にうみ出されてしまえば1人で育っていってくれることを願うしかないもののようであり、もっと言えば、それを手にとってくれる人に育てられていくもののようです。

※※※

そんななか、私ができる「微力」として本を贈呈させていただいた方々が本のことを宣伝してくれたり、ありがたいメッセージを送ってくれたりするケースが続いています。

昨日は、以前に番組にゲスト出演させてもらったラジオパーソナリティーの内藤聡さんが、エフエム愛知のご自身の番組で、写真集の紹介をしてくださったようです。その直後になって、局に勤める友人からメールが届いて知ったことからオンエアは聞き逃しましたが、どうもありがとうございました!

15年以上も前、私が特派員として赴任していたカンボジアで当時、大使でいらして、東京での写真展では、2度続けて来賓としてあいさつもいただいた今川幸雄さんからは、出版社あての「愛読者カード」で、暖かいお言葉をいただきました。

「著者のマラソン愛の気持ちと沿道の風景、観衆に対する観察眼がすばらしい。ただ走るだけ、順位を競うだけでなく、周囲を理解する努力を賞讃したい」
そんな言葉を書いてくださった今川さんは現在、なんと東京マラソンのチャリティ委員会で委員を務められているということで、マラソンによって大先輩と再びつながりが持てたことを、うれしく感じます。

また、私が最初に写真展を開かせてもらった東京・銀座のリコーフォトギャラリー「RING CUBE」の公募展で審査員をなさっていた写真界の大御所の大先生である木村恵一さんからは、本をお届けしたことに対して身に余る、お祝いとおほめの言葉が記されたお礼状をいただきました。

「更に撮影技術も磨きがかかり 熱心に道を極めていらっしゃるご様子 何よりです。私なりに写真集のパブリシティをさせてもらいます。」
写真展のオープニングでも、素敵なあいさつをしていただいた木村さんですが、今回もこんなふうに暖かいお言葉をくださって、本当に感謝しております。

木村さんを師と仰がれて、木村さんが病気で入院されているときに何度もお見舞いに行かれたという、やはり写真家の曽根陽一さんは、最初の写真展以来、私と懇意にしてくださっていたものの、実は昨年末に倒れられたまま闘病生活を送ってられ、お送りした写真集をご覧いただくこともかなわない状態だということです。
今ごろになってそれを知った私は、気安く好意を寄せていただきながら、それほどしょっちゅうお会いする機会を得なかったことに対して悔いるとともに、やはり「マラソンの写真を撮り続けてください」と言われていた曽根さんの言葉もかみしめて、一所懸命に生きていきたいものだと思うばかりです。

写真集ちらり紹介2

私の写真集「走った!撮った!世界のマラソン」は既に刷り上がって、アマゾンなどネット販売サイトでは予約も始まっていますが、書店に並び始めるのは当初予定の本日から少し遅れて20日過ぎとなる見込みです。
ということで、「フライング」しての中身の「ちらり紹介」をもう1度やらせていただきます。
おまけにランニング雑誌の別冊の表紙に私の顔が掲載されていたのを、雑誌の次の号が出る間際の今ごろになってようやくですが、合わせて紹介させていただきます。

BL130618ランナーズ別冊RIMG0190  BL130618写真集1RIMG0202  BL130618写真集2RIMG0195

そもそも本日、この「悪ノリ」に近い「ちらり紹介」をもう1度やろうと思った理由は、手軽なネタで本日をやり過ごそうという魂胆があったのに加え、フライングで写真集をお届けした方からの便りで、著者である私も知らなかった「隠された部分」があったことが発覚したからです。

「カバーをはずしたところにも写真があり、笑顔の素敵なあたたかい写真集ですね」
お便りの中にそう書かれているのを見て、「え!?」と思ったのが「カバーをはずしたところ」の言葉です。
私はついさっきまで、自分の子どものように可愛くて仕方がなくなりはじめているこの本のカバーを外したことがありませんでした。

カバーの折り返し部分にNAHAマラソンとベルリンマラソンの、それぞれの美女軍団の写真が、おまけに刷られていることは知っていましたので、そのことを言われているのかなと思いながら実際にカバーを外してみると、「ウワッ」と声が出てしまいました。
ペーパーバックのソフトなカバーには、ベルリンマラソンとパリマラソンの写真が表裏に大きく印刷され、それもなんとオレンジと白のツートンカラーという洒落たデザインなんです!!(右)。

最終の「色校正」をチェックした際に初めて見たのは、私が好きな色で、明走会のチームカラーでもある黄色が基調の中表紙でしたが、実はその際には、このカバーの見本はいただいてなかったのです。
編集者の幸さんも、このことは何ら伝えてくれなかったので、これは著者に対する「隠し玉」のサプライズだったのだと理解していますが、デザイナーの実幸さんも幸さん同様に、私の写真や本そのものを、わが子のようにかわいがってくれたことが分かっていますので、こんなところにも渾身のダメ押しの手をかけてくれたということのようです。

実際の中身の紹介で本日お見せするのは、マラソンを運営するグループの間で日韓交流を続けている東京夢舞いマラソンと、韓国のコチャン・コインドルマラソンのページが左右に並んでいる部分(中央)。
紙面の関係上、夢舞いは1ページ、コチャンはこの裏の最終ページを含めて2ページですが、このあたりは既に「番外編」扱いのページですので、写真は小さくして枚数を詰め込んであります。

夢舞いのページには、去年来日してくれたコチャンのランナーが、通訳・サポートの日本側ランナーらとともにゴールするシーンや、道案内のボランティアとして、明走会の超快速美人女性ランナー、えりかさんがボードを掲げてられる写真などが掲載。
コチャンのページには、昨年の大会で、私とコチャンのチェ・ジョンマンさんに対し、日韓交流を推進した功績を評価しての感謝賞を授与してくださったコチャン郡守(郡長)のイ・ガンスがスタートの号砲代わりに大きな太鼓をたたかれるシーンなどの写真が掲載されています。

で、私の写真が載っていたのは、月刊誌「ランナーズ」の7月号の付録「全日本マラソンランキング」です(左)。
この付録は、1年間に全国で行われたフルマラソンの記録を集計して、1歳刻みの男女別ランキング100位までのランナーの名前をズラリと並べたものです。
明走会の熟年エリートランナーの方々は軒並みランク入りされていますが、彼らに比べるとまだ「ひよっこ」の私は、10年前の自己ベストを現在維持できていたとしても50位に入るかどうかで、100位ならぬ1000位にも入れていないはずです。

それなのに表紙に顔写真が載るだなんて、みっともない限り。この写真は大阪マラソンで編集部の方が撮ってくれたもののようですが、「もっと真面目に走りなさい」と愛情いっぱいに尻をたたいてくれているような気持ちです。

実はこの写真については、雑誌が発売されて間もなく、愛知のウルトラランナー、「たっきー」さんが見つけて、すぐ「載っていますね」というコメントを書き込んでくれたのですが、私は「ランキングに載っているわけはない」と早とちりして、あまりに恥ずかしいので、内容を確認しないまま「承認」ボタンをクリックしないでいました。

その「誤解」が解けたのは、飛騨高山ウルトラマラソンを走っている途中で、10キロあたりの山に差しかかるところで、私を追い抜いて行かれたたっきーさんにバッタリと会って、話を交わしたからでした。
申し訳ございませんでした。それに「走った!撮った!飛騨高山ウルトラマラソン」もなかなかスタートできず、ちょっとブレてしまったものの、その際に撮らせていただいたたっきーさんの写真も掲載できておらず、これまた失礼しています。

写真集ちらり紹介

写真集「走った!撮った!世界のマラソン」が出来上がり、飛騨高山ウルトラマラソンも完走して、ちょっとは一息つけるかと思いきや、今度は写真集の「営業」活動に忙殺される日々が始まっています。

本日は、それに加え東京から用事で名古屋を訪れた後輩などと写真集の上梓を祝っていただく「祝杯」その1もあって、取り置き状態になっている明走会駅伝の残りの写真や、飛騨高山の道中で撮った写真の編集に手がつかず、それらの写真は、いよいよ事実上の「埋め草」役に回されようとしています。

そんななか、本日はより手軽なネタとして、これまで表紙や中表紙しか紹介していなかった写真集の中身を少しばかり、ちらりと紹介します。
世界各国の大会を紹介する文章やタイトル写真を、その国の国旗をイメージする色の「枠」をあしらって配置したタイトルページの例と、あとがき、それに私の写真入りプロフィールです。

BL130614写真集中身1RIMG0126  BL130614写真集中身2RIMG0124  BL130614写真集中身3RIMG0121

「走った!撮った!」写真集が完成!!!

「走った!撮った!世界のマラソン」の写真集が、ついに完成しました!!!
出版元である大阪の東方出版のホームページや、アマゾンをはじめとする書籍の通販サイトで紹介や予約販売の受付が始まり、今月中には書店にも並び始める予定です。

B5版変形サイズのペーパーバックで71ページに118枚もの写真を盛り込んだこの本は定価が1500円(税別)。写真集にしてはコンパクトで軽量ですが、レイアウトも凝っていて、笑顔と躍動感あふれる「走った!撮った!」の世界を手軽に楽しめる内容になっています。
紹介したマラソンは、これまでの写真展でメーンの展示となってきた海外の大都市7カ所と東京、大阪、京都という国内の大都市3カ所、沖縄の3大会、それに東京夢舞いマラソン、コチャン・コインドルマラソンの計15大会に上っています。

私にとっては人生52年余りにして初めてとなる自らの単行本の出版で、写真展の開催と比べると、また質の違う緊張感と高揚感に包まれています。

BL130610写真集出版1RIMG0050  BL130610写真集出版2RIMG0055  BL130610写真集出版3RIMG0062

主要な各大会の説明のなかでは、最新の参加者数を盛り込んでいるものの、写真そのものは去年まで9年がかりで撮りためてきたものですので、海外を含むマラソンの紹介という意味ではアップトゥデートな本とは言えないでしょうが、「マラソンの楽しさを伝えたい」と願った自分の気持ち、それにこたえてくれた被写体の方々のパワーは多少の年月が流れても、何ら色あせるものではないはずです。

各地で開いてきた写真展で、来場してくださった皆さんが味わってくれた楽しさや感動を、今回の写真集出版によって、より多くの方々に伝えることができれば、このうえない喜びです。
大阪での写真展に来場されたうえ、写真集の企画をもちかけてくださった東方出版の今東成人社長、編集者で中学・高校の同級生である北川幸さん、そして楽しい写真をいっそう楽しめるようにとカラフルなデザインとレイアウトを工夫してくださったデザイナーの濱崎実幸さんには、感謝の気持ちでいっぱいです。

なんだか写真集の「あとがき」のような文章になってしまいましたが、そうそう、本の表紙や中表紙でもなくてはならないポイントとなった私のイラストを描いてくれた柴山ヒデアキさんにも感謝感謝です。

みなさんが費やしてくださった努力や、写真に写ってくださった人たちの笑顔にこたえるためにも、この写真集を多くの方々に手にとっていただければと願っています。
なにぶん趣味で走って撮っているシロウトの初めての本ですので、口コミのほかツイッターやフェイスブック、それに通販サイトへのコメントなどで、ぜひ盛り上げていただければ、ありがたく存じます。
こんなに楽しく中身の詰まった写真集は、なかなかないということだけは、胸を張って言えますし。