FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

春を待つ菜園の作物

この土日はコロナ対策の緊急事態宣言が出される中、連日劇場に出かけることになり、本日はまず一人で学生時代の先輩がプロデュースする芝居を観に兵庫・伊丹市に行ってきましたが、観劇後に食事をすることもなく撮った写真もありません。

代わりに掲載するのは家を出る前に見に行った自宅そばの家庭菜園の様子です。
冬に入ってほとんど手入れをすることもなくなり、春の訪れを待つばかりの畑ですが、作物たちは来る成長の季節に備えて根を伸ばし、少しずつ表情を変えています。

BL210116畑1IMG_1509 BL210116畑2IMG_1516 BL210116畑3IMG_1513

秋までに収穫を終えたニラは、その前に花を咲かせて種をつけていて、それを採取しておこうと思いながらそのままになっています。といいますのも、宿根草であるニラは何もしなくても春になると新たな葉が伸びてきますし、増やすには根を分割して植え直すもので、家庭菜園で種を利用する場面はないからなのですが、ほっておいた種が落ちて自然に芽が出てくるのを観察してみたいという気持ちも少しあります。

イチゴはなんとか子苗や孫苗を1畝に植え替えてありますが、最近まで細々と収穫が続いた四季成りの株などが集まる一角は手を着けないまま冬を迎え、葉っぱが見事に紅葉して目を楽しませてくれています。

種をまく時期が少し遅れたエンドウやソラマメはうまく育たなかった畝もありますが、第一弾に植えたエンドウは伸びすぎず、ちょうどいい丈のまま冬を迎えていて、捨てられていた枯れたアスパラガスの葉などのワラを株周りに置いて防寒してあります。
芽が半分ぐらいしか出なかったエンドウやソラマメの畝では、不織布や寒冷紗のトンネルを仕立てていて、残った苗をなんとかもたせているところです。

BL210116畑4IMG_1536 BL210116畑5IMG_1525 BL210116畑6IMG_1529

やはり冬越しをするタマネギは、秋の植え付け時期に予約して入手した苗のうち、見るからに貧弱だった早生種が半分ぐらいしか根付かなかったのに対し、中晩生種はほぼ根付いて春を待っています。株周りには冬の雑草であるホトケノザの芽がふき出していますが、これはほっておいても春になると枯れてしまいますので、ある程度までは防寒のために残しておこうとしています。

秋までの収穫が遅れた畝では、寒くなる前のギリギリの時期に売っていたレタスなどを寒冷紗のトンネル内に植えたり、寒くても育つというホウレンソウの種をビニールのトンネル内でまいたりしていて、いずれも少しずつですが葉が伸びてきています。
もちろん成長は遅いのですが、それでもなんとか根付いた野菜は寒さに負けないようで、なんとか収穫にこぎ着けることができそうな様子です。

ニンジン手塩にかけ

本日はショッピングセンター2カ所をはしごした後にスーパーに出かけて買い物の1日でしたが、夕方暗くなる直前に帰宅して少しばかり野菜を収穫しました。
そのうち紹介するのは、夏前から手塩にかけて育てた結果、初めて本格的な収穫にこぎ着けたニンジン。大小3本を引き抜いたころには既に写真を撮れるほどの明るさではなく、玄関に持ち込んだところと食卓でスティックになった様子、それに昨夕に撮っておいた収穫前の1枚を掲載します。

BL201220ニンジン1IMG_0823 BL201219ニンジン2IMG_0796 BL201220ニンジン3IMG_6004

ニンジンのまき時は夏ごろとされていますが、種は発芽までに時間がかかるうえ少しでも地面が乾いてしまうと芽が出てくれず、これまで数年は2度3度まいても芽がそろわずに失敗を繰り返していました。
そこで今シーズンに試みたのは梅雨が明けるのを待たずにまいてしまう作戦。しかも乾燥防止のため地面に不織布を「べた掛け」したうえ水まきも怠らなかった結果、見事発芽に成功しました。

ただ大変だったのは、その後の間引き。芽が出そろうようにと畝の半分ぐらいの狭い範囲に1袋余りの種を多めにバラまきしたところ、びっしりと混み合って芽が出たことから作業は想像以上に大変になりました。
そもそも優柔不断な私は、せっかく出た芽や苗を間引く作業が苦手で、ついつい迷ってしまっているうちに結局、間引きそびれた部分も多く残ってしまいましたが、それでもニンジンたちは互いに譲り合うようにして大きくなるのを我慢した株もあれば、隣りと近くても根元が太った株もあって、まだ間引き足りないと思っているうちに収穫時期を迎えてしまいました。

本日抜いた3本のうち1本は市販のニンジンより大きいぐらいで、それを含めて2本は太り過ぎて表面に裂け目が入るほど。一般的には収穫時期が遅れたとされる状態でした。とはいえ別にそれが味に影響するわけではなく、まあ愛きょうのようなものと思っています。
そしてその肝心の味は手前味噌ながら最高です。もちろん料理してもイケるのですが、スティックにして生でかじってもOKで、シャキシャキの歯ごたえに、かめばかむほど甘く香って、そのままいただいても止まらないほどです。

相変わらず作業の時期遅れや水・肥料不足などで思うように育てられない野菜も多いなか、最も手を掛けて心を込めて栽培しなければ育たないとされるニンジンが本格的な収穫に至ったのは感慨深く、この後も心していただいていこうと思っています。

寒冷紗で菜園冬支度

本日は夕方以降に子どもたちをみる係となりましたが、昼前後には家庭菜園で水まきや冬支度の作業をしました。
今月に入って徐々に気温が下がり、季節以上の暖かさが戻らないまま、この数日は一気に真冬並みの寒さになっています。そのため平日のうちに徐々に始め、本日一通り仕上げたのは、細かいネットのように平織りにした布「寒冷紗」をトンネル状にして畝に掛ける作業です。家庭菜園の必需品とも言える寒冷紗は、夏場は虫除けや日除けに利用しますが、冬場には保温や霜の防止に使えるのです。

BL201219家庭菜園1IMG_0791 BL201219家庭菜園2IMG_0793 BL201219家庭菜園3IMG_0798

畑では既に、第2弾のハクサイやシュンギクを植えたり大根をまいたりした畝1本に虫除けと保温を兼ねて2カ月ほども寒冷紗を掛けっぱなしにしてありましたが、遅くになってレタスやタマネギを植えた畝や、エンドウやソラマメをまいた畝にも新たに掛けました。
といいますのも、レタスなどは根付いたものの一向に伸びないうえ、エンドウやソラマメは辛うじて芽が出たものの鳥につつかれたり、寒さで元気を失ったようにみえたりしているからです。
また、写真ではほとんど見えないのですが、やはり遅くに寒さに強い品種のホウレンソウや青菜の種をまいて、なんとか芽が出そろった畝には、さらに保温性が高いビニールのトンネルを施しました。

先に寒冷紗を掛けておいた畝では、シュンギクなどとともにハクサイがそれなりに大きくなっていますが、まだ葉が巻いて結球する様子はなく、外葉が黄色くなってしまった株もあります。
どうやらこれは、このところ長期にわたってほとんど雨が降っていないのに、夏ではないからと水まきを怠っていたことが原因の一つと思われ、本日は久々にどの畝の野菜にもたっぷりと水をまいてやりました。

そうそう、さらに先に虫除けのため寒冷紗を掛けていた第1弾のハクサイの畝では、途中まで元気良く育ち、結球するのが間違いないと思ったハクサイが、より日光を受けやすいようにと寒冷紗を外した後に元気を失っていて、そこでも水不足が問題だったように考えられます。

一方で冬場になると、2年ほど前に建てられた家や、屋根がある農園の資材置き場に遮られて半日蔭になる2本の畝では、夏前にまいて間引きを続けてきたニンジンがかなり立派になったほか、ブロッコリーも伸びてきていて、これは逆に乾燥しにくかったためではないかと思います。

いずれにせよ、毎日のように畑に出て的確な時期に種まきや植え付けをし、しかも化学肥料を施されている他の区画の皆さんに比べると、自分はまだ現役で仕事をしているため仕方ないと言い訳ができるとはいえ、ついつい作業が後手後手になり、完全な有機無農薬栽培にこだわって化学肥料には手を出さないわが区画の野菜たちは、やはり貧弱なものが多いのが現実です。

それでも少しずつは土が良くなり、慣れによるパフォーマンスの向上もあって、まあまあの出来の野菜が取れるようになってもいます。ただ、やはり相手は生き物ですので、つい怠けて手を抜いてしまうと、確実にしっぺ返しがあるのも事実なわけです。
それはまた、子どもを育てる際にも恐らく同じことが言えそうですので、いずれも途切れることなく反省と努力を積み重ねていくに越したことはないのでしょう。

空芯菜、冬瓜に感謝

3連休初日の一昨日は畑仕事、昨日も駆けっこ仲間とのマラニックと自分の都合で過ごさせてもらったため、本日は家族でお出かけをとも考えていましたが、午前中にうすら寒い曇り空となり躊躇をしているうちに時間が過ぎ、結局のところ畑仕事の続きをするにとどまりました。

本日はクウシンサイやサトイモを植えていた畝に買ってきた葉物野菜の苗を植え、ナスやトウガラシがあった隣の畝には先日に続いてソラマメやエンドウの種をまいたほか、もう一つの畝ではトウガンやキュウリの株間に植えていた落花生を収穫しましたが、また気が付くと日暮れで畑の写真は撮っていません。
その代わりに掲載するのは一昨日、最後の収穫をして切ってしまったクウシンサイや、やはり近日中に撤去する予定のトウガンなどの写真です。夏前後に毎日のように食べたクウシンサイはこのところほとんど伸びていませんでしたが多くのつぼみを付けて花も咲き、大きな実が10個ほども成って豊作だったものの収穫を終えたトウガンもまだ花が開いていますが、いずれも限られたスペースの家庭菜園の有効利用を考えると、いつまでも残してはいられません。

野菜は食べられて、畑も次々に新たな作物を育ててなんぼですが、それでも自ら育てた命あるものを手にかけるのは心苦しく、クウシンサイには「ありがとう」と声をかけながら太く育った根元に鎌を入れました。

BL201121空芯菜&冬瓜1IMG_0180 BL201121空芯菜&冬瓜2IMG_0172 BL201121空芯菜&冬瓜3IMG_0176

BL201121芋&空芯菜1IMG_5817 BL201121芋&空芯菜2IMG_5812 BL201121芋&空芯菜3IMG_5819

ついでに掲載したのは、残っていた葉先を大量に収穫して夕食で鍋の具になったクウシンサイのほか、同時に取りきったサトイモ、それに先日立て続けに収穫した後もみ殻を入れた幾つもの段ボールに収まったサツマイモの一部がテーブルにのった様子で、イモ類はゆでたてをいただきました。

朝の芋掘り玉葱植え

今週からスタートした新しい職場での仕事は、定年直前まで続いた宿直のあるシフト勤務とは違って世間の多くの人たちと同じ朝から夕方までの日勤です。
これはこれで規則正しい生活が送れて体が楽になるようですが、その半面これまでのように平日の日中に空く時間を自分のために使うことができなくなって不便にも感じます。中でも種まきや苗植えの時期が限られるなどして時間勝負になることもある家庭菜園の畑仕事は難しくなります。

そこで昨日、本日と始めているのは出勤前の早朝の畑仕事。注文していたタマネギの苗の第2弾を一昨日の夕方に受け取ったことから、既に試し掘りをしていたサツマイモの畝2本のうち1本で残りの芋を掘り上げるとともに玉葱の植え付けを2日がかりで一気に済ませました。

BL201112サツマイモ&タマネギ1IMG_9690 BL201112サツマイモ&タマネギ2IMG_9687 BL201112サツマイモ&タマネギ3IMG_9695

サツマイモは試し掘りをした畝の上流部分では大きなイモがごろごろと出てきましたが、残る下流部分はうまく根付かなかった苗が幾つもあったこともあって出来はイマイチでした。

タマネギの第2弾は昨年植えたのと同じ早生の品種100本と今回初トライする赤タマネギの50本。
早生の方は、4日前の還暦の誕生日に植えた中晩生の苗に比べて細く貧弱だったため、その大部分を昨日の朝のうちに植えてしまいました。なんとかうまく根付いてくれればと期待します。

もう1枚の写真は、こんな時期になって小さな実を幾つもつけている四季成りのイチゴ。
実は昨年のうちに移植しそびれて畝の肩部分に残った苗についたものですが、小さな実とはいえさらに成る様子とあって、苗の整理はまたまたできないままに終わりそうです。まあ、かっちりとした計画を立てるのを既にあきらめ、成り行きに任せて野菜の種類や育てる場所を臨機応変に決めることにした我が畑ですので、こんなのもありということにします。