“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

全記事表示リンク

緑深まるほしだ園地

本日は息子の幼稚園の創立記念日で保育が休みとなったことから、それに合わせて休みをいただき、息子と2人の時間を過ごすことになりました。

好天に恵まれ、彼も「ハイキングに行きたい」と行ったため出かけたのは、自宅から入口の駐車場まで30分足らずと足の便が良い生駒山系・大阪府民の森の「ほしだ園地」。ここのハイライト全長280メートルの吊り橋「星のブランコ」で、先日息子と娘の2人を連れて行った際、高所恐怖症の息子はベソをかいてしまったのですが、「もう1回行ってみる」と再挑戦を希望したことから、その気持ちをくんでやることにしました。

BL180515ほしだ園地1IMG_3877  BL180515ほしだ園地2IMG_3939  BL180515ほしだ園地3IMG_3889

BL180515ほしだ園地4IMG_3895  BL180515ほしだ園地5IMG_3907  BL180515ほしだ園地6IMG_3919

BL180515ほしだ園地7IMG_3874  BL180515ほしだ園地8IMG_3926  BL180515ほしだ園地9IMG_3941

先月ほしだ園地に来た際は、まだ山桜が残っていましたが、ほんの1カ月たっただけだというのに山は新緑の季節を通り過ぎて、緑の色が深まっていました。
桜はおろかツツジもほとんど盛りを過ぎて、弁当を食べた休憩所の広場には、ハナミズキの仲間のヤマボウシが満開になっていました。

駐車場に着いた際、大阪市内の小学生の団体とちょうど一緒になったため、混雑を避けようと星のブランコに直行する定番のコースはとらず、展望台になっている山頂に直登するコースを選びました。

このコースは私がトレランで1、2度通ったことがありますが、斜面がやや急なことから子ども連れには勧められないという標識があり、しばらく前には崩落に伴う山道の補修のため通行止めになっていました。しかし、本日は入口に来ても通行止めにはなっておらず、坂道が急なところには立派な丸太の階段が整備されていて、問題はありませんでした。
それでも、標高差約150メートルを一気に登るのは私でも息が切れそうになるくらいのハードさですが、息子は難なく登りきって、彼の成長は目を見張るものがありました。

さらに、おにぎりだけの弁当をいただいた後、いよいよ問題の星のブランコに向かいましたが、ここでも息子は手を引いてやるだけで怖がることなく渡ることができ、自分でも「お手てをつないだら渡れた」と不思議がっていました。

道のわきに赤い実をつけていたクサイチゴは甘く熟していました。ただ、それほどたくさんなっているわけでもなかったため、現地で口に入れるだけにするつもりでしたが、息子は妹のために「持って帰る」といってきかず、10粒ほどを弁当を入れていた容器に入れて自宅まで運びました。
帰宅後、くだものが大好きな娘は「おいしい」と叫びながら、大喜びで一気に食べてしました。

スポンサーサイト

55で生駒~枚方2

関西の同年代の駆けっこ仲間でつくるチーム55の例会として昨日出かけたマラニックの写真をさらに12枚掲載します。

今回はコース後半のハイライト、府民の森ほしだ園地にある歩道の吊り橋、星のブランコや、下山してゴールのスーパー銭湯「水春」まで通った星田、寝屋地区などで撮った仲間らや、咲き始めた桜の花などです。

   180325チーム55生駒~水春13IMG_0510   180325チーム55生駒~水春15IMG_0514   180325チーム55生駒~水春14IMG_0512

180325チーム55生駒~水春17IMG_0528  180325チーム55生駒~水春16IMG_0519  180325チーム55生駒~水春18IMG_0529

180325チーム55生駒~水春19IMG_0531  180325チーム55生駒~水春20IMG_0533  180325チーム55生駒~水春21IMG_0535

180325チーム55生駒~水春22IMG_0541  180325チーム55生駒~水春23IMG_0543  180325チーム55生駒~水春25IMG_0545

椿落ちる早春の室池

本日は夕方前まで息子、娘と3人で過ごすことになり、午前中は生駒山地北部の「むろいけ園地」にハイキングに出かけました。

標高300メートルほどの園地に来ると肌寒く、3人とも薄手のパーカーで大丈夫かとも思いましたが、早春の日差しを浴びると次第にポカポカに。本格的な山道も含む約2キロのコースはそれなりにアップダウンがありましたが息子はスタスタと先に進み、娘も1度だけ抱っこをせがんだものの結局ずっと歩き通して、たのもしく思えるほどでした。

初めは2人を大きな公園に連れて行こうとも考えましたが、抜けるような青空に誘われて、自分も楽しめる山に行こうと決断。季節が早過ぎるかとも思いましたが、ウグイスの合唱に迎えられ、地面に散らばるツバキの花もきれいで、子どもたちの表情も生き生きとしていました。
ということでハイキングの途中、咲き乱れ、池や地面に落ちたツバキの花を撮った写真を掲載します。

BL180317室池椿1IMG_0440  BL180317室池椿2IMG_0419  BL180317室池椿3IMG_0414

また高山からラン2

本日は、泊まり勤務明け翌日で休みをいただいていましたが、昨日の仕事帰りに山越えのランニング帰宅をして疲れが出たこともあって朝寝坊に続き昼寝までする始末で、外に出たのは夕方娘を連れて近所の散歩をしただけにとどまりました。
若いころは泊まり勤務に入る前に動き回り、泊まり明けでハーフマラソンを走ったり長距離の練習をしたりしても平気でしたが、年を食うに連れて回復力がどんどん落ちて、このところは泊まりの前に必ず昼寝をしたくなるうえ、明けで少し頑張ると、そのツケが翌日に回ってくるようです。

そんなわけで本日掲載するのは、昨日の帰宅ランの際に撮った写真の残り6枚。コース後半に通った生駒山地の星田園地や、麓にある星田妙見宮などの様子です。

BL180214北生駒からラン2-1IMG_5591  BL180214北生駒からラン2-2IMG_5604  BL180214北生駒からラン2-3IMG_5594

BL180214北生駒からラン2-4IMG_5609  BL180214北生駒からラン2-5IMG_5607  BL180214北生駒からラン2-6IMG_5618

星田園地では、人気スポットである谷間に架かる長大なつり橋「星のブランコ」を渡ってきましたが、今回は橋を渡る際の写真は割愛し、その前の展望台から橋を絡めて撮った大阪平野北部の眺望を掲載するにとどめました。

6枚中3枚は、星田妙見宮の写真。この神社のご神体も、先に紹介した磐船神社と同じく巨大な石で、その名も「織女石(たなばたいし)」。天野川流域に散在する、七夕伝説にゆかりがあるとされるスポットのうちメインの1つである星田妙見宮には、星が降りてきたという言い伝えもあって、境内に落ちる滝を囲んだ馬蹄形の地形が、古代に隕石が落ちた跡だとする説もあるそうです。
さらに下って行った星田の集落の中にある星田神社も、この星田妙見宮と関連した社とされています。

また高山からラン1

本日の泊まり勤務明け後も、6日前に続いて近鉄電車に乗り、奈良・生駒市の高山地区から山を越えて18キロほどのランニング帰宅をしました。前回は大きな溜め池、くろんど池や池から続く渓谷を通りましたが、今回は高山西部の山中のハイキングコースとはされていない道を地図を頼りに越えて、大きな吊り橋「星のブランコ」がある星田園地を抜けるコースをたどりました。

もちろん第一の目当てはスタート直後に通りかかるクレソンの自生地で、前回より一回り大きなバックパックに入るだけクレソンを収穫した上で走りましたが、掲載する写真はその後に撮ったものばかりで合計12枚を2回に分けて掲載します。

BL180214北生駒からラン1-1IMG_5567  BL180214北生駒からラン1-2IMG_5570  BL180214北生駒からラン1-3IMG_5573

山間の集落を抜けて竹林や雑木林を縫う山道を進むと、地図ではかなり大きい溜め池があるはずでしたが、池はいったん水を抜いて整備工事中。工事によって道も寸断されていましたが、作業している人たちに聞いて池の底を通り、向こう側の道に出ることができました。

BL180214北生駒からラン1-4IMG_5575  BL180214北生駒からラン1-5IMG_5579  BL180214北生駒からラン1-6IMG_5587

池を越えた山の反対側は、淀川の支流・天野川の流域で、磐船街道と呼ばれる国道168号線が川沿いに走り、コースは川と国道を渡ってさらに向こう側にある星田園地に入ります。

池を過ぎてしばらくの展望台のような場所からは遠く生駒山を望むことができました。
星田園地に入るあたりの渓谷沿いにあるのが磐船神社で、境内の奥にある巨大な岩が御神体です。
本日は春の訪れを思わせる柔らかな日差しを浴びながら走ることができましたが、星田園地に入って間もない流れのわきには、つららが並んでぶら下がっていました。