FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

帰宅時また野山走り

本日は泊まり勤務明けの帰宅時にまた生駒山地北部のトレイルなどを走り、明けで野山を走るのは3回続きとなりました。
今回は近鉄・北生駒駅からしばらくロードを走って、ハイキングの拠点・くろんど池の隣にある高山溜池の先でトレイルに入り、前回と同じく山頂に巨石が鎮座する交野山を経てJR津田駅に下りてきました。道すがら撮った写真15枚を一挙掲載します。

BL191017北生駒~津田1IMG_7355  BL191017北生駒~津田2IMG_7361  BL191017北生駒~津田3IMG_7367

BL191017北生駒~津田4IMG_7368  BL191017北生駒~津田5IMG_7363  BL191017北生駒~津田6IMG_7373

BL191017北生駒~津田7IMG_7385  BL191017北生駒~津田8IMG_7381  BL191017北生駒~津田9IMG_7382

BL191017北生駒~津田10IMG_7387  BL191017北生駒~津田11IMG_7391  BL191017北生駒~津田12IMG_7396

BL191017北生駒~津田13IMG_7397  BL191017北生駒~津田14IMG_7403  BL191017北生駒~津田15IMG_7404

高山溜池の手前では、無人の販売所で大きな栗をゲットしましたが、トレイルに入る手前の傍示峠付近では、道路わきの木になった柴栗も拾いました。実は今回のコースのお目当ての1つがこの栗拾いでしたが、売っていた立派な大粒の栗に比べると柴栗の方は皮をむくと中身もほとんどなくなってしまいそうなほどの小ささで、飾りにしかならなさそうでした。

交野山のセルフ写真で私が着ているのは仕事場のままのポロシャツ。実は泊まり勤務の際にトレラン用のシャツを持ってきたつもりが、着替えようとしたところ同じ色のポロシャツだったことが分かり、それなら洗濯物を増やすより仕事着で走った方が良いと思ったのです。

夏の間、例年は暑くてやる気が出ないランニングの代わりにロードバイクを中心としたトレーニングをするところ、今年は自転車事故で手の指を脱臼するなどしてそれもままならず、それでもなんとか先月の大阪城トライアスロンをゴールしましたが、練習不足を取り返すことができていません。

さらに今年は東京夢舞いマラソンも中止となり、次に目指すのは夢舞いとの交流が10年目を迎えた韓国のコチャン・コインドルマラソンです。
ボランティアとの交流の意味も込めて道すがら写真を撮り、マッコリを飲みながら完走を目指すコインドルマラソンですが、走力の低下により昨年はついに制限時間5時間を少し超えてのゴールとなってしまいましたので、今年はなんとか余裕を持って走りたいところ。とはいえ単調なロードの練習はなかなか気乗りがせず、せめて泊まり明けごとに山を走って基本的な持久力を取り戻そうとしているところです。

週に1度ほど野山を走るだけでは、ファンランとはいえフルマラソンを余裕を持って完走するには足りないことは分かっています。
一方で、泊まり勤務以外は毎日続けている晩酌により、走りながらマッコリを飲むための準備ばかりが万全となっているわけですが、それでも何もしないより週1のトレランを続ける方がマシなはず。何より野山の空気を吸って、季節の移り変わりを楽しむだけでも心身ともにリフレッシュできます。

スポンサーサイト



台風前帰宅トレイル

甚大な被害をもたらした台風19号の来襲で東京夢舞いマラソンが中止になったにもかかわらず韓国・コチャンから来日してくれた駆けっこ仲間2人を一昨日に見送り、本日はそれ以来初めての泊まり勤務に入りましたが、掲載するのは6日前の泊まり勤務明けに生駒山地北部の山で帰宅時のトレランを楽しんだ際に撮った写真です。

帰宅時のトレランは前回の泊まり勤務明けから2回連続。
前回は奈良県の近鉄生駒駅まで電車に乗って山を越え、大阪府交野市の京阪・私市駅をゴールとしましたが、このはその私市駅から渓流沿いに山に入ってさらに北上し、山頂に巨石がある交野山を経てJR津田駅に下りてきました。

BL191010私市~津田1IMG_7017  BL191010私市~津田2IMG_7007  BL191010私市~津田3IMG_7020

BL191010私市~津田4IMG_7034  BL191010私市~津田5IMG_7025  BL191010私市~津田6IMG_7029

久々の生駒から私市

泊まり勤務明けの本日は、職場に近い地下鉄の駅から近鉄に乗り入れる電車に乗り込み、近鉄・生駒駅から京阪・私市駅まで、生駒山地北部の縦走路などを走る帰宅時のトレランを久々に楽しみました。

先月後半に大阪城トライアスロンに出場したものの、その前後にはロードバイクの自転車通勤を何度かしただけでランニングの練習はさぼったままでしたが、さわやかな秋晴れとなったこともあってか、予想以上に快適に走ることができました。
途中でさほど写真を撮らなかったこともあり、トレイルを含む約17キロの所要時間は3時間余りと、多分これまでで最も速く走ることができ、これならマラソンシーズンに向けた走り込みも、すんなり始められそうな気がしてきました。

スタート直後の宝山寺参道の石段や、コースのハイライである大きなため池・室池、長いつり橋の星のぶらんこなどで撮った12枚を掲載します。

BL191007生駒~私市1IMG_6964  BL191007生駒~私市2IMG_6976  BL191007生駒~私市3IMG_6969

BL191007生駒~私市4IMG_6970  BL191007生駒~私市5IMG_6983  BL191007生駒~私市6IMG_6979

BL191007生駒~私市7IMG_6973  BL191007生駒~私市8IMG_6995  BL191007生駒~私市9IMG_6980

BL191007生駒~私市10IMG_6987  BL191007生駒~私市11IMG_6996  BL191007生駒~私市12IMG_7000

野崎観音~飯盛山3

4日前の泊まり勤務明けに、生駒山地北部の飯盛山をジョギングで登った際の写真をもう6枚掲載します。

BL190903飯盛山3-1IMG_6330  BL190903飯盛山3-2IMG_6345  BL190903飯盛山3-3IMG_6339

BL190903飯盛山3-4IMG_6350  BL190903飯盛山3-5IMG_6354  BL190903飯盛山3-6IMG_6351

飯盛山の尾根からは、大阪市中心街の高層ビル群に加え、大阪府北部の北摂の山々を眺めることもできました。
ハイキングコースを下ると、町に出る手前の麓には四條畷神社があります。ここには南北朝時代、四條畷の合戦で足利軍との戦いに敗れた楠木正行(まさつら)とその一族の将士24人が祭られているということです。

野崎観音~飯盛山2

3日前の泊まり勤務明けに、生駒山地北部の飯盛山を登ってトレランをした際の写真を引き続き掲載します。
2回目の本日分も6枚で、野崎観音を過ぎた後、飯盛山山頂を越えたあたりまでに撮った風景です。

BL190903飯盛山2-1IMG_6314  BL190903飯盛山2-2IMG_6316  BL190903飯盛山2-3IMG_6319

BL190903飯盛山2-4IMG_6322  BL190903飯盛山2-5IMG_6324  BL190903飯盛山2-6IMG_6333

飯盛山の山頂には、鎌倉幕府の滅亡した後、後醍醐天皇による建武の新政の立役者となった楠正成の嫡男で、「大楠公」の正成に対して「小楠公」と呼ばれた楠正行(まさつら)の彫像が立っています。

飯盛山には山城があったということですが、正成・正行の親子が、この山に城や陣地を構えていたのではなく、正行が北朝をいただく足利一族側の高師直(こうの・もろなお)と戦って敗れ、自害することになった「四条畷の戦い」は、この山ではなく、麓での出来事だったということです。

山頂に至る尾根道では、先日クワガタ探しの際に幹や葉の特徴を覚えたクヌギと思われる木が何本も見られましたが、時期が遅すぎたようで残念ながらクワガタなどは見つからず、来年は盛夏までに再訪して探してみようと思いました。
山頂を越えたあたりには気が早く既に紅葉が始まったモミジも見られました。