FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

パリでカンボジアの旧友と再会!

パリマラソン前日の10日は、朝方にブレックファスト・ランを楽しんだあと、「マラソン・エキスポ」の会場でナンバーカードをピックアップ。その足で夕方、郊外に住む旧友のカンボジア人女性のお宅を訪ねました!

BL0410ピラーン1R1000206  BL0410ピラーン2R1000191  BL0410ピラーン3R1000203

このクメール(カンボジア)美人はペン・ピラーンさんで、以前からパリに住んでいたカンボジア人男性と結婚し、現在はご主人、2人の子どもの4人家族で、2年前に購入したマンションで暮らしています(中央)。

私が特派員としてカンボジアのプノンペンで仕事をしていた1996年ごろ、ピラーンさんはカンボジアでのPKO活動を率いた国連の代表事務所で働いていました。英語もフランス語もたんのうという当時のカンボジアでは珍しい才媛で、記者会見などで会うと、メモ取りなどの仕事をてきぱきとこなされていて、私は自分の会社に引き抜きたいと思って説得したほどです。

結局のところ、その説得は功を奏しませんでした。私の任期が長くなく、私の会社が特派員を近く引き揚げることも予想されたうえ、当時のカンボジアでは記者やその助手は男性の仕事とみなされ、地元の女性はいなかったからです。
それでもピラーンさんには、当時のシアヌーク国王が発表するフランス語のメッセージを英語に翻訳してもらうという仕事をパートタイムで手伝ってもらい、そればかりか、ご家族と一緒に旅行に連れて行ってもらうなどして、地元の人の生活に触れる機会をもたせてもらいました。

私が帰国したあとも国連機関などで仕事を続けていたピラーンさんですが、数年後に今のご主人と結婚することになり、私も当然のことながら結婚式ではプノンペンに駆け付けて、お祝いをさせてもらいました。
ご主人は1970年代の後半、カンボジア全土が収容所のようになって知識人を中心に国民の約3分の1に当たる約200万人が死亡した「ポル・ポト時代」に、家族と一緒に旧宗主国のフランスに亡命して以来パリで生活をしていて、ピラーンさんも母国をあとにすることになったわけです。

私が、パリに引っ越したピラーンさんと会ったのは、6年前にベルリン・マラソンを走るためドイツに向かう途中、パリを経由したとき以来。そのときピラーンさん一家はアパート暮らしでしたが、今は広々としたマンションを購入。6年前には赤ん坊だった長男に加えて、長女ももうけられていて、幸せそうな暮らし向きに私は安心するとともに、うらやましくさえ感じました。

左の写真は4歳の長女が書いた両親の絵。右はカンボジア風の春巻きに続いていただいた少しベトナム風のヌードル。牛肉のダシと、好きなだけちぎって入れる生のモヤシや香草がマッチして、実に懐かしい味わいでした。
おかげでパリマラソンの本番を前にした栄養補給はばっちり。おまけに一家そろって都心のホテルまで送り届けていただき、感謝感激でした。

実は、マラソン本番のコースが、すぐ近くを通るということで、ピラーンさん一家も沿道に出てくれたのですが、私が地図を入念にチェックしなかったことから、会えずじまいで、たいへん申し訳ないことをしてしまいました。
ということで、ピラーンさんのご一家は、「走った!撮った!」の本編に登場していただくことがかなわなくなり、この記事で紹介させていただくことになりました。

スポンサーサイト



「走った!撮った!パリ」朝食ラン

現在はフランスの現地時間で4月11日の朝。パリマラソンの本番は間もなくスタートしますが、ホテルを出る前に、昨日の朝に行われたプレイベントである約5キロのジョギング「ブレックファスト・ラン」の様子を「走った!撮った!パリマラソン」その1として(そして10日の記事として)紹介します!

とはいうものの、時間がありませんので、写真の説明は、また後で加えることにします。
それでは、写真説明と、パリマラソンの本番の写真に、どうぞご期待ください(本番の紹介をきちんとできるのは、後日ということになると思いますが)!

実は、ここからはパリマラソンを走った後である12日の未明。その結果などについては、このあとの記事で紹介することとしまして、とりあえずは、お預けにしていたブレックファスト・ランの説明を続けます。

本番のマラソン前日に短い距離のジョギングをするこうしたイベントは、海外ではニューヨークやベルリン、バンクーバーでも開かれています(残念ながら東京にはありませんが)。それらの国では、海外から来たランナーに参加を呼びかけ、交流を深めてもらおうという趣向になっていますが、パリでは、国内ランナーや本番にエントリーしていない人たちも歓迎しているようです。なかでも特に「子どもたちも一緒に走ろう」というのが、うたい文句の一つになっていて、今回は5キロを走れない子どもらは途中からスタートさせるという配慮もなされていました。

コースは、エッフェル塔に近い陸軍士官学校(エコール・ミリテール)前から本番のゴール会場である凱旋門の西側まで。ほかの国でのこうしたイベントと同じく、本番では通らない場所も通るように設定されています。

BL0410BR1RIMG0043.jpg  BL0410BR2RIMG0069.jpg  BL0410BR3RIMG0033.jpg

これもほかの国と同じく、ジョギングの先頭には参加している主な国々の旗を持ったランナーが並び、参加者らを先導する格好でスタートします(残念ながら日本の旗は、参加者が少ないためかありません)。規則を重んじるお国柄なのか、走り始めたあと、写真を撮るため並んだ旗の前に出ようとすると、旗のさおで何度も制されましたので、前からの写真は、目立たないところですっと前に出て撮った数枚しかありません。
そのうちの1枚が右の写真。エッフェル塔を背景に入れるため下から「あおって」撮影し、逆光で旗がきれいに透けて見えましたが、残念ながら後に続く1000人以上のランナーは見えていません。

ゴール近くになって、小さな子どもたちが親たちと合流するようになり、一緒に手をつないで走る光景が見られます。左の写真はそんな1枚で、お父さんが持っているのはモロッコの国旗でした。

中央はゴール間近のランナーたち。突然、後ろ向きになってカメラを構えた私に向かってランナーたちは手を挙げてこたえ、すぐそばを通り抜けてくれました。その距離は右下の陰を見てもお分かりになるでしょうが、おかげで臨場感のある写真になりました!

BL0410BR4RIMG0087.jpg  BL0410BR5RIMG0094.jpg  BL0410BR6RIMG0097.jpg

ジョギングの参加者を従える先導車には、ピエロ姿の2人が乗っていて、アップテンポの曲とともに「ラ・クルス・ドュ・プティデジョネ(朝食レース=これがフランス語のイベント名)!」などと、マイクで掛け声をかけていました。
2人のピエロたちは、ゴール後もノリノリで踊りまくっていて、走り終えたランナーらも一緒に踊る光景が見られました(左)。

「海外ランナーの交流」を強調するニューヨークの前日のジョギング「国際フレンドシップ・ラン」では、自国の民族衣装などで着飾るランナーが多いのですが、パリではそうした衣装や仮装はあまり目立ちません。
そんな中で目を引いたのがアルプス風の民族衣装に身を包んだグループ。ドイツと国境を接するアルザス地方から来たランナーということで、一緒に記念写真におさまってもらいました(中央)。
お祭りマラソンに出る日本のランナーとして着ていく衣装はといえば、法被です。というわけで私は今回も(大阪出身で生まれながらのファンである)阪神タイガースの法被で走りました!

ゆっくり走って、その後も写真を撮るなどしていたことから、ゴール後にふるまわれる朝食(おそらくパンなど)が、給食のカウンターにはほとんど残っていませんでした。おー、ショック!
かろうじて残っていたのが、バナナにチョコペーストとココナツをまぶしたもの(右)。美人のボランティアにいただきましたので、なんとか空腹を我慢することができました!