FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

山に向け、出勤ランで足慣らし!

連休中に始動しようと思っている富士登山競走を目指しての山行きに備え、本日はケガなどを理由にしばらくさぼっていた出勤ランを再開しました!
とはいうものの、自宅から会社までの約12キロを「完走」したわけではなく、途中で地下鉄に乗ってショートカットし、前後合わせて約6キロ半を走っただけです。それでも「走らないよりはマシだ」「足慣らしは控えめの方が良い」と自らに言い訳しています。

BL0430出勤1RIMG0379  BL0430出勤2RIMG0392  BL0430出勤3RIMG0398

私の出勤コースは、走り初めて1キロ余りで、荒川の河口付近に架かる橋を渡ります。橋の登り坂はかなりの高低差と距離があって、自転車を押して歩く人の姿も見られます(右)。
ちょっとした坂道トレーニングができるわけで、山に向けた足慣らしにももってこいです。

橋を越えると、夢の島の緑道公園の中を走ることができます。新木場の駅前で、いったん車道沿いを走るものの、再び公園に入ると土の道も走れます。ここはちょっとしたトレイル(野山の道)といったところです。
コースわきの草むらの丈が高くなってきているなかで、足元で出迎えてくれたのはタンポポの花(中央)!
ここは、ちょうど2月23日の記事で掲載した、地面に落ちたツバキの花の写真を撮ったあたり。あの写真では、地面は地肌と落ち葉で一面の土色でした。
何でもない写真でも、こうして定点観測的に撮ってみると、時間の流れを表現できて、おもしろいものです。

ショートカットのため地下鉄に乗る、約5キロ付近の地下鉄・辰巳駅の手前では、八重桜がまだまだ満開で、何本も並んだ桜の木に向かって、ご夫婦らしいい年配の男女が仲良くウオーキングしてられました(右)!
お二人の頭上に鮮やかな黄緑色の葉を茂らせているのは、常緑樹でありながら新しい葉が出そろったばかりのクスノキのようです。
陽気はうららかで、半そでのTシャツでも汗ばんでくるほど。草や木々の香りを含んだ生ぬるい風は、まさに「薫風」と表現したくなるほど。5月が目の前であることを実感しました。

さて、これでとうとう4月のブログも30日の間、休みなく「完走」を果たしたことになります!
私にとって、日記的な文章を連日のように書くことは久々の経験で、写真を連日撮影したり編集したりするのも初めてのこと。写真展を開いた勢いで、なんとか流れにのるようにして続けてきました。
それなりに息切れを感じることもありますが、このあとも、あまり無理をせず、もうしばらくは続けていこうと思っています。これまでご覧くださっているみなさま、またのぞいてみてください。

フランスに行った際、モンサンミッシェルを案内してくださるなどした中高時代の同窓生、徳子さんにかけてもらった言葉が、息切れを感じながらもブログを続けている自分にとって、大きな励みの一つとなっています。
それは、フランス語で「Bonne continuation(ボンヌ・コンティニュアシオン)」。
徳子さんによりますと、これは日本語で言えば「頑張って続けてね」という励ましの言葉。徳子さんご自身は、この言葉をかけられると「『その調子その調子』と言われているようで、うれしい」とおっしゃいます。

フランス在住のため写真展はおいでいただけなかった徳子さんですが、ホームページで写真をご覧になった後、同窓生の間でやりとりしているメーリングリストへの投稿で、この言葉をかけてくださいました。そしてまたこのところは、このブログに対しても、同じように励ましていただいています。ありがとうございます!

国境も軽く飛び越えてしまうこのブログというツール。逆に「どこでだれが見ているか分からない」という不安も感じないわけではありませんが、当面は、おもしろがって「その調子」の励ましに調子よく乗ってみようというわけです。

スポンサーサイト