FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

新旧タワー眺め比べ!

BL0512タワー1RIMG0052  BL0513タワー2R1001609  BL0513タワー3R1001599

東京夢舞いマラソンの試走会が8日に行われた際、近くからの眺めを堪能した、建設中の東京スカイツリーですが、なんと遠く離れた港区内からも眺めることができるのです!

夕方近く、雲と一緒に斜光を浴びて見えたスカイツリーの遠景は、トイレ休憩中に私の会社の13階から撮影したもの(左)。
同僚たちが「スカイツリー、背が高くなったなあ」と話しているのを聞き、普段は使わない側のエレベーターホールに行って、初めて見えることを知りました。もちろんコンパクトカメラのレンズを、めいっぱい望遠側にして撮ったのですが、こんなに良く見えるとは驚きでした。
現在の高さが約370メートル。来年中に完成すると634メートルですから、完成後は、この画面の上端よりも高くなるわけです。

その後、仕事を終えて退社する際、反対側の窓から撮った夕暮れ時の東京タワーが右の写真(右)!
高さ333メートルのタワーは、同じ港区内の「近所」と言っていいほどの距離ですので、私にとっては見慣れた風景。写真を横位置にして広い範囲を撮すと、タワーと「いい勝負」をするほど背の高い高層ビルが右の方に幾つも見えて、ちょうどスカイツリーの写真でツリーの両側に写っている高層ビルのような感じです。

東京スカイツリーは、あまりにも「でか過ぎる」気がするものの、100メートルを超えるような高層ビルが、どんどん建つようになった今は、東京タワーの2倍近くなる「新タワー」のスカイツリーほどの背丈がないことには、「東京のシンボル」としての威厳を保つことができないようにも思います。

そして、高層ビルが肩を寄せ合うように見えるほど近い距離で林立する汐留地区にある私の会社のビルが中央の写真。
左隣はソフトバンクの本社が入るビル、その左に少しだけ見える茶色いのは資生堂の本社が入るビル、そのさらに隣が日本テレビです。
私の会社のビルの真ん中あたりの階で、窓がオレンジに見えるのは13階の社員食堂。「14階まで走る!」と宣言した私の職場はその上にあります。
宣言はしたものの、本日はまる1日、ほぼ缶詰め状態の勤務。走れたのは、たったの2回。
所要タイムは、荷物を担ぎながらも猛ダッシュした朝が約2分50秒。昼下がりにコンビニで買い物をしたあとは2分46秒でした!

スポンサーサイト