FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

「野菜」を食べる!

昨日はトレーニングをさぼって「休養日」に。その分を少しでも取り戻そうと、日曜勤務の今日は遠回りしての「出勤ラン」を目論んでいたのですが、それも朝寝坊のため見合わせ。
結局のところ、辰巳駅までわずか5キロの「一部出勤ラン」になってしまいました。

それというのも「せめてフルコースの出勤ランで12キロを走ろう」と準備していた矢先、チーコの日なたぼっこに付き合うはめになったからです。
自宅を出ようとしたとき、ベランダに出る窓の前の床に「お座り」をしているチーコと目が合ってしまいました。このポーズは「日なたぼっこをさせて」の合図。しかも外は、さわやかな五月晴れ。自分だけ外に出て行くのは申し訳なくなってしまったというわけです。

ベランダで日なたぼっこをするチーコの行動パターンは、おおよそ決まっています。
まずは、コンクリートの床に仰向けになり、体をすりつけるようにして何度かゴロンゴロン。起き上がると、鼻をフンフンと動かして空気の臭いを確かめます。

BL0516チーコ1RIMG0217  BL0516チーコ2RIMG0207  BL0516チーコ3RIMG0156

それからチーコは、アルミ製の手すりのタテ格子の間から、下界の様子を眺めます(左)!
私の自宅が入っているマンションの南側は小学校で、ベランダからは校庭を見下ろすことができます。
本日は日曜ですが、校庭は開放されている様子で、子どもたちが遊んでいました。

そしてまたチーコは、植木鉢に生えた雑草をかじります(中央)!
普段は適当に「かじっては捨て」を何度かやって飽きてしまうのですが、本日は真剣な表情で、カタバミの葉をグチャグチャと食べていました。このところ、市販の「ネコ草」を買ってきてやらなかったためでしょうか。
乾燥したフードのごはんを中心に食べていても、たまには「野菜」が欲しくなるようです。

このあと、「少しでも走らなければ」とそわそわする私の様子に気付いたのか、チーコはおとなしく部屋の中に戻ってくれました。
それはいいのですが、使える写真が、もう1枚足りない!
と気付いたものの後の祭りで、床に寝転んでいるチーコは、昨日撮影したものを掲載することにします(右)!
コンクリートの床にほおずりして、冷たい感触を楽しんでいるところです。

BL0516料理1RIMG0173  BL0516料理2RIMG0180  BL0516料理3RIMG0175

「野菜」を食べるチーコをお見せしたついでに、昨夜、私が食べた野菜の料理も掲載させていただきます!
とはいうものの、昨日は近所のランニングとともに買い物もさぼり、自宅でこさえたのは残った食材を利用した手抜きの料理。盛り付けも大皿料理の店のようにドサっと器にのっけただけです。

そのうち左の写真は、タケノコと豚肉のいため物!
タケノコは、連休中にトレランで上った大菩薩嶺の下山口、小菅村で調達してきたものです。料理する前は、あまりに巨大で写真が絵にならず、村の特産というわけでもなさそうで、掲載を見合わせていたました。
その日のうちにヌカを加えた湯でゆでて、水にさらして冷蔵庫に入れ、少しずついただいていましたが、昨日まで残っていました。
巨大だったわりには、その日に採ったタケノコだったため味は最高。やはり数日間、冷蔵庫に入っていた肉と合わせるに当たって「十分に火を通そう」と、いためたのですが、つゆの実や煮物とはひと味違うコクを楽しめました。
タケノコは煮付ける際、ワカメとの相性が良いものですが、昨夜のワンポイントは、同じ海藻でも乾燥させた岩のり。初体験ですが、予想通り、山の幸と海の幸は互いをひきたててくれました!

いため物を2種類もつくることは珍しいのですが、昨夜はもう一品。ダイコンと葉のいため物です(左)!
ダイコンに元気の良い葉がついていると、野菜好きの私は、必ずといっていいほど買ってしまいます。
このダイコンも数日前に買ったまま、冷蔵庫に入っていましたが、外側の葉の先が黄色なりはじめたために、タイムリミット。しかも、昨夜になって気付いたのが、前に買ったダイコンも半分残っていたということ。
そこで、当初に予定していたダイコンの葉いために、本体も加えることにしました。歯応えが良く、味もつまった感じのするダイコンの先の方は、実はいためものにしても美味しいもの。いため油のダシはダシじゃこ。
味付けは、タケノコと同じく醤油に酒。でも、それぞれにうまかったです!

そしてもう一品は、これも手抜きの野菜の浅漬け、というか単なる塩もみ(中央)!
葉付きのダイコンと同じく、私がスーパーなどでつい買ってしまうのは、芯のセロリ。香りの良い野菜に目がない私はセロリが好物の一つですが、1本2本だけが袋に入ったものを買うのは、もったいない感じがして手を出せず、割安な芯の部分を買うことにしているのです。
葉の部分も一緒に刻んだセロリに合わせたのは、やはり香りの良い「ジャパニーズ・ハーブ」の代表格の一つであるミョウガ、それに新タマネギとキュウリです。元気の良い野菜は、塩をふって和えるだけで十分に美味しいのですが、昨夜は、半分に切って残っていたレモンを、ぎゅっと絞って、さわやかな味と香りのハーモニーを楽しみました!

もちろん、料理を引き立てるのになくてはならないものは、お酒です!
昨夜いただいたのは「神戸酒心館」で醸造された「福寿 大吟醸」!
写真展の際の「差し入れ」として山ほどいただいたお酒のうち、取り置かせていただいていた1本です。
醸造用のアルコールは添加されていますが、お米を50%以上も削って仕込んだというだけあって、味わいはフルーティーで細やか。ワイルドな手抜き料理の方が、完全に役不足でしたが、うまかった!

スポンサーサイト