FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

明走会、ウルトラな仲間たち!!!

本日は、第3水曜日に恒例となっている「明走会」の例会が開かれ、約50人の仲間が集いました!
今月は会員や関係者によるミニ講演会がお休みだったうえ、雨天でもあって、出席者はいつもの3分の2ほどと少なめでしたが、かえってゆったりと会話を楽しみながら、交流を深めることができました。

講演がないと、ブログのネタに窮しそうなものですが、そこはランニングでも社会的にも傑出した仲間が大勢いる明走会。仲間を紹介するだけでもネタになってしまいます!
ということで、本日は「ウルトラな」仲間を何人か、紹介させていただきます!

BL0519明走会1RIMG0001  BL0519明走会2RIMG0019  BL0519明走会3RIMG0022

まずは、間もなく参加者の募集が始まる「東京夢舞いマラソン」のスタッフ帽子をかぶった美女トリオ(中央)!!!

真ん中は、フルマラソン以上の距離を走る「ウルトラマラソン」を何度となく完走されている土田園子さん!
元祖「美ジョガー」で「IBJ(=インターナショナル・ビューティフル・ジョガーズ)」を主宰している園子さんは、「夢舞い」でも主要なスタッフ。例会では、「夢舞い」のボランティア募集を呼びかけました。

その左は5月初旬、山口県の山越えの旧道「萩往還道」を走る「マラニック」(マラソン&ピクニック)の大会で、140キロの部に挑戦した米谷直美さん!
やはり「夢舞い」のスタッフで、明走会では幹事団の1人です。

そして右端は、フルマラソンを3時間台前半で走る「国際級」ランナーの森口さつきさん!
3月に名古屋国際女子マラソンに出場したのに続いて、今月16日には八ヶ岳山麓などを走る「星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン」にも参加。高低差が激しく、100キロの大会としては最もハードなこのレースを見事完走されました!

その「野辺山」で、途中3カ所ある温泉にすべて入りながら、なんと10時間11分で完走。上位に食い込んだのは「梅ちゃん」こと梅澤功さん。その報告も兼ねて、例会では乾杯の音頭をとってくれました(左)!
梅ちゃんは、ウルトラ好きの超快足ランナーとして、ほとんど「ヘンタイ」の部類。
それにしても驚くのは、梅ちゃんが「野辺山」の約1カ月前にも、名古屋城から金沢の兼六園まで250キロを走る「さくら道国際ネイチャーラン」を31時間余りで完走したということ。彼はただでさえ「ヘンタイ」な出走者約100人のうち18位という栄誉に輝き、「野辺山」は、その自分に対する「ご褒美」として、「のんびり走った」と、のたまわれています!

最後に紹介するのは「サロマ湖100kmウルトラマラソン」を既に10回完走して、「サロマンブルー」の称号を与えられている東山一勇気さん(右)!
手にしてられるのは、6月に開かれる「きりえ」の個展「世界の都市や町並み」のダイレクトメール。
そう、60代にしてバリバリ現役のウルトラランナーであり、トレイルランナーでもある東山さんは、きりえ作家としても活躍されていて、なんと今回の個展も「日本きりえ協会」のギャラリーが会場なのです!
もちろん、ランナーである東山さんの展示作品の中には、各国を旅行した際の風景を題材にしたものに加え、山道を走る「トレイルランナー」を描いた作品もあります(ご自身がモデルなのか、格好いいです)。

東山さんの個展は6月7日から6月12日まで、両国駅近くの日本きりえ協会で開催。展示時間は午前10時から午後5時(最終日は4時)までで、会場では、力作の数々を楽しめるほか、東山さんご本人も、ほぼずっといらっしゃって、お話もうかがえるということです。
きりえ作品やウルトラランナーでもある東山さんに出あいたい方は、どうぞ足をお運びください!

スポンサーサイト