FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

W杯ベスト16決めた朝

朝8時からの勤務を控え、未明の試合中継を見るのは冒険でしたが、結局、見てしまいました。
そして、多くの皆さまと同じく、眠たさに襲われながらも、見て良かったと、しみじみと思いました。

そう、サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の予選リーグで最終戦となった25日午前3時半からの日本の対デンマーク戦の試合のことです。

私は当初、それまで起きておこうと思い、夜中まで飲みに出ていましたが、帰宅後に、どうしても眠たくなって1時間ほど眠ってしまい、目をさましたのは試合が始まって約20分後。本田選手が先制ゴールを決めたフリーキックのシーンはライブで見そびれてしまいました。
そのままの得点で終わっていれば後悔が大きかったのでしょうが、ご存じの通り、その後さらに2点追加。
目を見張る日本チームの会心の試合運びに、再び眠気に襲われることもなく、大満足させてもらいました。

勝因についてはテレビや新聞が語り尽くしています。でもあえて素人として感じたことを言えば、個々の選手の高い技量がベースにあるとしても、やはりそれを何倍にもいかすことを可能にしたチームとしての一体感。
心が一つになって、かつそれを表現できることの大事さは、チームスポーツでは大原則のはずなのに、今のチームと、前回、前々回を見比べると、個々の選手たちの歯車のかみ合い方には、大きな差を感じます。

「スポ根」世代である私として、今の日本の社会や会社などがまさに忘れているのが、このチームワークではないかと、とってつけて言いたくなります。会社や組織の中での昇進や天下り、権力を握ること自体への執着-といったものすべての意味を否定するつもりはありませんが、周りの人や他人のことも、もう少し考える余裕があれば、自分も他の人たちも両方がより幸せになれるのではないか-などと。

そしてランナーのはしくれとして思うのは、走力のすばらしさ。身体の大きさや瞬発力も、もちろん大事なのでしょうが、結局のところフィールドを走って戦うサッカーという競技にとって一番の基本にあるのは走りなのだと納得しました。日本の選手たちの走りのスピードや切れが、最後まで相手を上回るほどだったことが、試合を優位に運べた大きなポイントだったと感じたわけです。

BL0625東京~銀座1RIMG0329  BL0625東京~銀座2RIMG0334  BL0625東京~銀座3bRIMG0335

試合中継の前に約1時間、そのあとまた約1時間だけの睡眠で出社する際に、さすがに走るのはきついなと思いましたが、大幅なショートカットながら、通勤路の一部を走りました。

最寄り駅の1つ、葛西臨海公園までの1・5キロを6分半ほどでダッシュ。
それからJR京葉線に乗って、東京駅から2・5キロを、まあまあ飛ばしました。
もちろん、東京駅の地上に出る階段を走り(左)、会社の階段14階分も走りました。

渋谷や六本木の街はサッカーの勝利を喜ぶ若者たちで大騒ぎだったのですが、さすがにビジネス街の朝はいつも通り閑散としていました。銀座と有楽町の間にある数寄屋橋のスクランブル交差点は、渋谷の駅前の騒然としたスクランブル交差点とは対照的で、出勤途中の人たちが整然と渡っていました(中央)。
でも、この人たちの多くも、試合を見て歓喜の余韻を胸に、そして眠たさと戦いながら職場に向かっていたのでしょう。

そして、銀座西通りの街灯の上に止まっていたのはカラス(右)。
真っ黒で足が2本の普通のカラスでしたが一瞬、日本代表のトレードマークになっている足が3本の伝説の鳥である「やたがらす」のように見えました。

階段三まい-その効果は?

BL0624階段1RIMG0307  BL0624階段2RIMG0321  BL0624階段3RIMG0325

7月23日の富士登山競走に向けて練習をしているつもりが、実のところ練習の絶対量が不足していて、残りわずか1カ月という今の段階では、制限時間内の完走はかなり難しそうです。
確率でいえば2割から3割という感じです。

練習不足の理由といえば、仕事や、やるべきもろもろの事柄、それに天候など。でも、結局のところ、意志の問題なんだということが分かっています。
長年走っていて、富士登山競争への挑戦も度重なっているため、今の自分の実力なら、どのような練習を、どれくらいすれば良いかは分かっているわけです。そうである以上、睡眠時間を削ってでも、雨の中を走ってでも、やるべきことをやれば良いだけのことなのに、それができないのは、意志の問題なのでしょう。

具体的に言えば、片道の出勤ランで毎日12キロを走れば、練習のベースは築けるところを、毎日のように「寝坊」をして途中で電車に乗ってショートカットしたり、最寄り駅まで1・5キロのランしかできなかったりして、ベースを固められていないままです。

その代わりにはならないのですが、本来はベースの上に築く、実践的な持久力と登坂能力を養う練習として、このところ何度か山に入ってはいます。でも途中で写真を撮って遊ぶなどして、これまたトレーニングの強度としては不十分なまま。

そこで唯一、去年までと異なる努力を続けているのが、地上14階にある会社の職場を含め、階段という階段は基本的に走るということです。

本日はショートカット版の出勤ランで、途中で乗った地下鉄の降車駅、銀座1丁目でまず、ホームから改札階までに加え、エスカレーターが設置されている改札階から地上までの階段も走りました(左)!

そして、遅い昼休みに隣のビルに食事に行く途中で、会社の通用口近くから、新交通システムゆりかもめの汐留駅に上る2階分の階段を走りました(右)!

もちろん出勤時と昼休み後に職場に戻る際には、1階から14階まで会社の内階段を走りました(中央)!
(写真は右側左側と何度も折り返して上る階段の中央部分を、下から見上げたところです。)

14階まで走る際には、基本的にタイムを測ることにしていて、本日は2分20秒前後でした。
階段を走り始めたころは2分40秒から50秒はかかっていましたので、多少の進歩はあります。
実は、これまでのベストタイムは2分6秒。それに続いて2分10秒ぐらいを2回記録しています。

でも、このタイムの短縮が、富士登山の本番のパフォーマンスにどれだけつながるかは未知数です。
2分そこそこということは、地上のランの距離にすると800メートル以下で「中距離」になるかならないかという短さ。そこでの記録向上は、時間でいえば「超長距離」になる富士登山に直結するとは思えません。
ただ、「地足」を強くするための筋トレ代わりにはなっていそうで、実際、私の太ももは、以前よりも筋肉が盛り上がってきています。

また、身体中の血の巡りが行き届かないような、上半身までしびれてくるような、そして息が完全に上がってしまうような「追い込み」は、心肺機能のベースを底上げしたり、高山での低酸素状態で必要となる呼吸筋の能力を上げる効果はあるかもしれません。
写真に写っているような手すりをつかんで、腕力の助けを借りてタイムが伸びている部分もありますが、これも岩場を四つんばいでよじ登り、鎖をつかんで進むこともある富士登山のタイムにつながるかもしれません。

そんなことを考えていても、結果はやはり、お楽しみ。
2、3割でも可能性がありそうなら、そのお楽しみを続かせるべく、もうひと悪あがきいたします。

韓国語カラオケの夜

BL0623ノレバン1RIMG0054  BL0623ノレバン2RIMG0008 BL0623ノレバン3RIMG0069

韓国語ジャーナルについての記事を掲載してのに続き、本日は記事の中で紹介させていただいた編集長の岡崎暢子さんに誘われて出かけた「韓国語しばり」によるカラオケ・パーティーの記事を、10日近く前の話題ではありますが掲載いたします!

このパーティーは、アルク社が発行する韓国語ジャーナル(KJ)のスタッフと、TSUTAYAを経営する会社のカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の中で韓流の映画やドラマの輸入や配給を手がけるカルチュア・パブリッシャーズ事業部のスタッフや、その関係者らが集まって開いたもの。
参加メンバーの大半は韓国の留学経験があるバリバリの韓流オタクぞろい。韓国語しばりのカラオケどころか、会話を韓国語しばりにしても何ら問題のない面々です。

そして、こともあろうに、韓国語ジャーナル編集長の岡崎暢子さんも、カルチュア・パブリッシャーズ事業部の事業部長でCCCシニアバイスプレジデントの吉村毅さんも、2人そろって私が所属する「明走会」の駆けっこ仲間でもあります。筋金入りの韓国オタクを自称する私がKJの記事を書かせていただいたのも、このディープなカラオケ・パーティーに呼んでいただいたのも、当然と言えば当然のことでした。

さて、パーティーの本番に先立ち腹ごしらえをしたのは、5月26日の記事で紹介した東京でも随一のコリアンタウン・新大久保にある豚三枚肉の焼き肉「サムギョプサル」の専門店「豚かん」。
といっても私が手配したのではありません。「日本でもトップの韓国通たちが選ぶ店は、どんなところだろう」と楽しみにしていたところ、案内メールを見て豚かんだと知ったのです。肩すかしをくらった感じでしたが、同類たちの集う店が同じなのは、これまた当然なのでしょう。

そして、本番の2次会(韓国語では「イーチャ(2次)」)会場は、新大久保に隣接する新宿・歌舞伎町の「KENZO」(右が店の前で撮った記念写真)。
洒落たワイン&バーの店ですが、スタッフは全員が韓国人で、韓国語の歌はなんでもそろっている、いわば「韓国語カラオケ天国」。しかも「カラオケボックス(韓国語で「ノレバン=うた房」)よりもリーゾナブルな値段で楽しめる」といううたい文句どおり、広くこぎれいで落ち着いた感じの店は料理もおいしく、値段も格安。
豚かんに続いて、ソウルの店に来たような感じです。

で、いよいよ主人公たちのご紹介ですが、中央の写真でシャウトしているのがKJ編集長の岡崎暢子さん。
100キロを走るウルトラマラソンを何度も完走されているウルトラランナーだけに、お腹から出る声の声量も、次々に歌われる持続力も、すごかったです。

続いては、ノリノリで歌う美女たちに、心なしか、うっとうしく思われているようにも見えながら、完全に爆発して踊っているのが、なんとカルチュア・パブリッシャーズ事業部長の吉村毅さん。
吉村さんは、ご自身でも女の子の歌を、甲高い美声で難なくこなし、軽やかなステップで踊りまくるパワーは、ランナーならではのもの。やはり、すごかったです。

とにかく皆さんがすごいは、「少女時代」だの「ティアラ」だの、日本でいえば「AKB48」か「モーニング娘。」のような女の子グループの曲を含め最先端のアップテンポな曲を、母国語のように歌われるところ。
「韓国語の歌が、こんなにお上手なグループは初めてです」と店の人が仰天するほどでした。

私はといえば、韓国語の歌といえばチョー・ヨンピルあたりから覚え、どちらかといえば、演歌調のもの悲しいメロディーのバラードが好みで、持ち歌を披露するのは、ちょっとはばかられました。
でも酔いの勢いにまかせ、名画「オアシス」の劇中歌だったアン・チファンの「ネガ・マニル(私がもしも)」や、男性3人組の「sg WANNA BE+(エスジーワナビー)」の「チュグルマンクム(死ぬほどに)」などといった、ちょっと暗めの曲をうなって、軽くなりすぎの雰囲気を押さえる役割を務めました。

驚いたのは、アン・チファンの歌を歌うと「オアシスの曲ですよね」と、すかさずコメントがあること。
ランニングとはまた別のオタク仲間の集いも、また楽ちんで、とても楽しいものでした。

(映画「オアシス」は、「シルミド」や「力道山」でも主演した個性派の男優ソル・ギョングと、ペ・ヨンジュン主演のテレビドラマ「大王四神記」でヒロインのライバル役を演じた演技派の女優ムン・ソリが共演した作品。
前科者で少しアタマの弱い男性と、脳性マヒの女性の恋を描くという、日本では、まずありえないような暗いストーリーながら、主演2人の演技が圧倒的。ムン・ソリが、身体が自由に動くようになった自分を夢想するというシーンで歌う「ネガ・マニル」は、はかなく美しく、そして泣かせます。)

韓国語ジャーナルに執筆!

BL0622韓国語1RIMG0293  BL0622韓国語2RIMG0287  BL0622韓国語3RIMG0298

韓国語の学習者のための雑誌「韓国語ジャーナル」の最新号(左)に、私の書いた記事が掲載されました!
記事は、昨年11月に韓国西部・全羅北道の高敞(コチャン)郡で開かれた「高敞コインドル・マラソン」に参加したときのことを写真付きで旅行記風に執筆したものです。

巨大な石を積み上げた先史時代の墓「支石墓(韓国語ではコインドル)」群が世界遺産に登録された高敞のこのマラソンは、支石墓群、名産品の木イチゴの一種「覆盆子(ポップンジャ)」酒とともに、人口6万人の郡にとって地域おこしの柱です。
そしてまた、このマラソンは、地元の「高敞コインドル・マラソンクラブ」のランナーたちが、郡などの協力を得て企画・運営する「手作りマラソン」でもあります。

私は個人で参加したマラソン旅行の際、高敞の人たちから暖かい歓迎を受けたうえ、地元のマラソンクラブと、私が所属する明走会との間で互いにマラソン参加による交流を企画していることもあって、高敞のことを、いろんな機会をとらえて紹介させていただいています。
そこで、アルク社が発行する「韓国語ジャーナル」の編集長で、明走会のメンバーでもあるウルトラランナーの岡崎暢子さんに記事の執筆を打診したところ、快く受け入れてくださり、今回の掲載が実現したのです。

私は、韓流ブームよりもはるかに以前から、かれこれ20年以上にわたり韓国オタクであり、独学で韓国語を勉強しています。そんな私にとって韓国語はもとより現地事情や韓流スターのインタビューも満載の「韓国語ジャーナル」は、勉強や情報収集をさせていもらう「ありがたい」存在で、まさか自分で記事を執筆できるなどとは思ってもいませんでした。

最新号の表紙を飾っているのは、パク・ヨンハ。韓流ブームの火付け役となったテレビドラマ「冬のソナタ」でペ・ヨンジュン演じる主人公「チュンサン」のライバル「サンヒョク」を熱演した人気男優です。
彼はまた、イ・ビョンホンが主演したカジノを舞台にしたドラマ「オールイン」の主題歌を歌って以来(その際は顔や名前を隠して「WHO」という謎の歌手としてデビューしました)歌手としても活躍。
現在は日本ツアー中で、雑誌ではそのことがインタビュー記事で紹介されています。
その韓流トップスターであるパク・ヨンハがカバーストーリーになっている雑誌に記事を執筆するとは!
雑誌を手にすると、思わず彼のように微笑みがこぼれてしまいました(中央)。

私の記事は、3ページにわたるものです。ぜひ書店で手にとってご覧いただければと願っています(右)。
写真は残念ながら白黒なのですが、写真展で展示したものを含め、たくさん掲載されています。

高敞のマラソンクラブの方々は、今年10月の「東京夢舞いマラソン」に参加していただくよう、明走会および「夢舞い」との交流の計画を進めていて、11月には明走会側からもランナーが高敞を訪問する予定です。
また、高敞には(株)海外旅行開発からも一般のツアーが組まれますので、興味をもたれる方は世界遺産と果実酒、そして地元の人の熱い人情もたんのうできる高敞コインドル・マラソンに、ぜひご参加ください!

変ぼうする湾岸―夕景

昨日は兄の舞台を見に行ったため、また山を走ることができず。
その代わりにはならないものの、帰りは夕暮れ時に、都心から自宅まで走ることにしました。
通勤で幾度となく通っているところも、滅多に走らない時間には、また違った表情を見せるもの。
そこで、帰宅ランの最に撮ったトワイライトの「湾岸」のシーンを、ご紹介することにいたします。

BL0621湾岸1RIMG0209  BL0621湾岸2RIMG0242  BL0621湾岸3RIMG0259

以前、石川島播磨工業の造船所だった豊洲の運河沿いに、総合商業施設の「ららぽーと豊洲」があります。
施設がオープンした数年前から、施設の裏庭に当たる水辺は、公園のように整備されていました。
その前後は少し前まで新しい高層住宅などが建設・整備中でしたが、それらが完成したようであることから「もしや」と思って足を踏み入れてみると、やはり水辺沿いには公園の前後にも遊歩道がつながっています。
「出勤ラン」のコースのうち、この数100メートルにわたる部分は、大通りではなく水辺の歩道を快適に走れるようになっていたというわけです。

「ららぽーと」裏の公園の芝生の斜面には、寝そべって湾岸の景色を見られるリクライニングチェア型の白いオブジェが並び、満席の状態(左)。なんだか日本じゃないような、ゆったりとした空気が流れています。

周囲を見渡すと、この付近の変ぼうぶりは目を見張るものがあり、新しい高層住宅が次々に完成しています。
以前の工場や荒涼とした空き地、黒煙をまき散らすトラックに象徴される「工業地帯」然とした風景が記憶に残っている私は、時代が変わったというより別世界に来たような感じになります。
まったく「あのころ」の景色は、どこに行ってしまったのでしょう。

それにしても、このあたりの建設ラッシュを見ると、不況など「どこ吹く風」という感じです。
ここを見る限りでは、地方都市の中心街が軒並み、さびれて「シャッター商店街」が増殖していることや、東京都内にすら深刻な山村の過疎地域があることなど、にわかに信じがたい感じがします。
どの国でも開発の最先端にあるピカピカの街が先に完成していき、それに引っ張られるようにして庶民の町も少しずつ整備され、全体が底上げされていくものです。
しかしそれでも、日本のこのところの発展の様子は、少しいびつ過ぎるように思われます。

豊洲に隣接した東雲の集合住宅街でも、シンボル的な高層住宅が幾つも完成しています。
そばの運河に架かる橋から振り返ると、住宅街に向かって多くの人たちが家路を急いでいました(中央)。
この住宅街もまた、ほんの数年前までは巨大な空き地だったところ。
暖かい色の明かりがともった高層住宅の、たくさんの窓の中で、日曜の夜の団らんが営まれているのだなと思いながら、以前の荒涼とした景色を頭に浮かべると、やはりこのあたりは時間がドラスティックに流れている地域なのだと実感します。

東雲地区の最寄り駅の一つ、東京メトロ有楽町線・辰巳の駅前には、石を積んで固めたオブジェがあります。
アルプスなどの高い山の頂上に積まれる「ケルン」のようにも見えるこのオブジェ。「辰巳」の地名にちなんだ「辰(竜)」をモチーフにしているようです(右)。

自分の名前と同じ駅の前のオブジェとあって、以前から、なんだか親近感がわき、背後の首都高や「視線」の先の高層住宅街などをあしらって写真に収めていましたが、いまひとつ「座り」が悪い気がしていました。
しかし、これまた「もしかして」と思い、たそがれの景色の中で撮ってみると、シュールな雰囲気になって、悪くありません。竜に魂が込められたようで、動きだすかもしれない感じがしました。