FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

明走会駅伝大会4

予告をさせていただいた通り、昨日に引き続いて本日も、もう1回、「明走会駅伝大会」の報告です!
最終回となります今回は、メンバーそれぞれが疾走する様子と観戦・応援シーンなどです。

メンバーの方々にとっては「お待ちかね」の報告ですが、それ以外の方々は、「まだ続くの?」と思われるかも知れません。でもそこは、私自身の独断で運営するブログということで、今回もご勘弁を。
「走った!撮った!」の写真と同じく、人が走ったり応援したりするシーンは、躍動感や楽しさにあふれていてそれ自体が、けっこうおもしろいものですし。

独りで走っている写真も多いことから、今回は写真に、ごく簡単な説明を加えさせていただきます!

BL0602駅伝4-1IMGP4178  BL0602駅伝4-2IMGP4238  BL0602駅伝4-3IMGP4288  BL0602駅伝4-4IMGP4336

最初の4人は左から、トライアスロン部でありながらJR関係者などによるチーム「鉄ちゃん」の助っ人となった橋本宗明さん、チーム「野やまや」(トレイルラン部)の成人さん、江川力平さん、それにトライアスロン部から、チーム「親子どん」の助っ人になった後藤岳志さん。

このうち、「ソーメー」こと橋本さんは、「日経バイオテク」の編集長で、私とは大学時代以来の友人です(とはいうもののソーメーさんは京都大学出身、私は私立である「京都の大学」出身です)。かつては、ともに芝居にかかわっていたのですが、何年か前に私が明走会に引き入れて今は「駆けっこ仲間」。
学究派のソーメーさんは、明走会では幹事、「東京夢舞いマラソン」でも実行委員でもあり、その明晰な頭脳を駆使して、それぞれの取りまとめ役をしているばかりか、「走り」も進化中です!

優勝チーム、「野やまや」の2人は、さすがにいずれも、足腰がしっかりした、すばらしい走り!
私と同じ「元サブスリー」(フルマラソンを3時間未満)の後藤さんは、故障のため、以前より体格が格段に良くなっていますが、走りそのものには、元エリート市民ランナーの片鱗が見えます!

BL0602駅伝4-5IMGP4339  BL0602駅伝4-6IMGP4348  BL0602駅伝4-7IMGP4362  BL0602駅伝4-8IMGP4403

次の4人のうち、一番左はチーム「かんじ団」の章代さん。2番目、4番目は「おんな組」の結さんと幸さん。
そして3番目は「鉄ちゃん」の文さんです!

章代さんは、写真展を機に明走会に参加。今回は、私以外は女性という「ハーレム状態」で、最下位候補の(そして実際に最下位だった)かんじ団に加わりながら、バレエストレッチでも鍛えているだけあって若々しい走りでチームを引っ張ってくれました!

おんな組のお二人は、毎月第1木曜に女性を中心に皇居などを走る「一木会」のメンバー。
ご覧の通りウエアも格好よく決めたバリバリの「美ジョガー」で、そろいの飾り物で「プチ仮装」したうえ小雨に濡れないようにと、ランナー仕様のゴミ袋でつくった即製の雨具をかぶって走られました!

つい最近まで大学で陸上をしていた文さんは、駅伝の後、余興として行った400メートル走でも、見事2位に入りましたが、本番でもご覧の通り、常に全力疾走で、総合3位の鉄ちゃんを牽引しました!

BL0602駅伝4-9IMGP4245  BL0602駅伝4-13IMGP4316  BL0602駅伝4-10IMGP4298

さらに続く3人は左から「かんじ団」の私とウルトラランナーの米谷直美さん、それにチーム「半ぎょ人」(トライアスロン部)の河端征俊さん!

走るたびにカメラを仲間に預けてスタートした私は、どうやら「走り」がおろそかになったようで、最下位であるにもかかわらず、なんだか余裕の笑顔。
米谷さんも、幹事団の一員らしく、終始笑顔を振りまいて走られました!

河端さんは、トライアスロン部の重鎮であるうえ、テニスコーチも務められています!
ご覧の通りの軽やかな走りを披露してくださったばかりか、筋肉に圧力をかけてトレーニング効果を上げる「加圧トレーニング」のサポーターをつけたままの疾走。
ただ楽しんで走るばかりではないという、このストイックさに、脱帽です!

BL0602駅伝4-12IMGP4245  BL0602駅伝4-14IMGP4386  BL0602駅伝4-11IMGP4300

走るシーンを紹介する最後の3人は、野やまやの「紅一点」で、おんな組を強化するため、途中から移籍した玲さん、「独り旅」のスーパー中学生の真凛くん、それに「親子どん」のスーパー小学生、眞平くんです!

快足トレイルランナーの玲さんは、にこやかな表情を見せながら、最後まで力強い足取りのままでした!

真凛くんは「足がカチカチになった」と言いながらも、走っているときは表情を変えることなく快走!

3年続けて参加してくれた眞平くんは、サッカーで鍛えた「ロケットスタート」に磨きがかかっていました!

BL0602駅伝4-15IMGP4255  BL0602駅伝4-16IMGP4211  BL0602駅伝4-17IMGP4246

続いては、応援の風景などです。左は、「野やまや」の天道猛さん!
天道さんはトレランやウルトラマラソンを走りながら、その途中で写真ではなく俳句をひねる「走る俳人」。
トレードマークのサングラスには水滴がつき、その向こうには雨粒も見えます。
濡れない程度の雨で、熱狂していたため気付きませんでしたが、それなりに降っていたのですね。

中央は「おんな組」の美女軍団!
その真ん中は、「姉御」格でリーダーの恵子さんです。

美女たちが応援する姿を後ろから撮ったのが右の写真。ちょっと失礼でした!

BL0602駅伝4-18IMGP4268  BL0602駅伝4-19IMGP4283  BL0602駅伝4-20IMGP4286  BL0602駅伝4-21IMGP4220

さらに続く4枚のうち左端は、「親子どん」の名前の由来でもある健司さん、眞平くんの親子!
3年連続で参加の眞平くんは小学6年生。健司さんは「一緒に走ってくれるのは、これが最後かも知れない」と話してられましたが、そうはおっしゃらず、またの「親子参加」をお待ちしています!

左から2番目は、「半ぎょ人」をつくったトライアスロン部のリーダーで、「東京夢舞いマラソン」では事務局長を務められる「マー坊」こと津田昌彦さん!
70歳代の年齢を感じさせない活躍の裏には、こうやってマメにストレッチされる努力もあるようです。

3番目は、お孫さんである真凛くんをベンチで応援されたバレエ(ストレッチ)講師の植野元子さん!
雨の中、何度もグラウンドの真凛くんに駆け寄って、「給水」のサポートをされていました!

そして右端は、走る合間にチームの周回数を記録していた文さん!
「何撮っているんですか」と言いながら視線はグラウンドに向けたまま、自然な笑顔をつくってくれました!

BL0602駅伝4-22IMGP4307  BL0602駅伝4-23IMGP4383  BL0602駅伝4-24IMGP4528

そしていよいよ最後の3枚のうち左は、既にご紹介したソーメーさんと成人さん!

中央は後藤さんと、「半ぎょ人」の3人。
そのうち左は50歳代のトライアスリート田中辰夫さん、中央は明走会の幹事・司会係である森口信義さん、右はトライアスロンの審判(マーシャル)も務められる中島信顕さんです!

そしてシンガリは、駅伝の後、独りでグランドの整備を買って出てくれた「親子どん」の太田拓史さん!
駅伝の幹事長である私はといえば、その太田さんが、せっかくならした土に、また新しい足跡をつけながら、写真を撮っていたというわけです!

スポンサーサイト