FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

「飲んべえ」の一升瓶ワイン

またまたネタ切れの危機を迎えましたが、これまた安易な飲み食いネタでお茶を濁させていただきます。
本日は6月30日。1年の半分を迎える節目の日ですし、プログもなんと5カ月間休まず「完走」ですし。

そしてそのネタはといえば、富士登山競走の試走で5合目まで登った前の日曜、富士吉田市で仕入れてきた一升瓶入りのワインです。

愛車の「ジムコ」(スズキ・ジムニー)を転がして富士山に行く際、私が楽しみにしているのが、一升瓶ワインを漁ることです。中小のワイナリーが数多くある山梨県では、地元のスーパーや酒屋で東京などではほとんど流通していないワインを物色できますが、なかでも、お徳用の一升瓶ワインは「地元還元」商品というべきで、産地でしか手に入らないものが多いようです。

お徳用といっても、原材料が輸入の果汁であれば「山梨産」の意味は半減しますので、選ぶ基準はずばり、原料のブドウも地元産であること。
私が良く買い求めるのは、「勝沼醸造」の「クラシック」です。徳用とは思えないほどの繊細な味と香りを楽しむことができます。
(本当の一升瓶よりも少し太った感じの瓶に入っているのですが。)

でも日本酒も一般の食材もそうですが、いつも味が分かっている定番を選んでいては世界が広がりません。
たまには「冒険」も必要ということで、今回は、初体験のワインを赤白1本ずつ調達してきました。

BL0630一升瓶ワイン1RIMG0287  BL0630一升瓶ワイン2RIMG0294  BL0630一升瓶ワイン3RIMG0305

調達した赤と白のワイン2本は、笛吹市の「矢作(やはぎ)洋酒」が醸造する「矢作ワイン」の赤と、山梨市の「東晨(とうしん)洋酒」が醸造する白の「SUN RIVER」(左)。

「矢作ワイン」は少し薄めのブドウ色で、逆に「SUN RIVER」は黄色がかった白です(中央)。
ともに地元産の原料にこだわってつくられたものということで、いずれも辛めで硬派な味わいです。
「矢作ワイン」は、しっかりしたボディーで酸味や苦みの強いワイルドなのどごし。
「SUN RIVER」も酸味が強く、焼酎を思わせるようなキリっとした舌触りです。

いずれも、料理をいただきながらグイグイやるには、うってつけの質実剛健な感じのワインですが、本日は(正確にいえば日付けは変わっていますが)夜勤を終えて帰宅したあとに撮影を兼ねていただきましたので、つまみは軽めの蒸したトウモロコシ(右)。
これも、ワインを調達したスーパーで一緒に買った(日曜の)地元で朝採りの元気なトウモロコシです。

日本酒フリークの私は、そもそもワインの銘柄や味の違いには無頓着な方ですが、国産のワインはお好みの銘柄もあって、どちらかといえば肩入れしています。
その理由の一つは、ワインブームで酒屋やデパートの売り場には世界各地のワインがズラリと並ぶ一方で、国産品は付け足しのようにわずかしかないことに疑問を感じるから。

ひとことで言えば、高い輸送費を上乗せしても儲かる輸入ワインを、それほどありがたいとは思えません。
そもそも、わざわざ輸送すること自体、二酸化炭素をまき散らすのに一役買って、環境にはよろしくない。
さらに大量に出る空き瓶もまた、リターナルなものではなく、すべてがゴミの山です。

それに比べると、輸送費もかからず、瓶もリターナルな一升瓶ワインは、少なくとも環境に優しいわけです。
そして食べ物も酒も、つくられた場所でいただくのが新鮮で、一番おいしいものなのです。
とくに、同じ地域の同じ水で作られた農産物と酒は、不思議なほどに、それぞれの味が一番マッチします。

そんなわけで、自分1人を運ぶついでに、旅した地域の酒や農産物を調達するのは、ぜいたくな楽しみです。
第一、ヘビーな飲んべえの私には、お得な一升瓶ワインが似合っているのは間違いありませんし。
でも、過酷な富士登山競走に挑むのであれば、ぼちぼち酒量を減らすことも考えた方がよさそうです。

スポンサーサイト