FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

汐留から東京展望

長らく住み慣れた東京を離れる日が近づいた本日、日曜出勤の昼休みを利用して、会社のある汐留地区の別のビルの展望階に上り、懐かしい東京の街の眺望を楽しみました。

BL0822東京展望1RIMG0043  BL0822東京展望2RIMG0042  BL0822東京展望3RIMG0008

まずはビルから北の方を眺めると、銀座の街が見渡せます(中央)。
手前にそびえるのが、私の写真展を開いてくれたリコーの本社ビル。
汐留は地名でいえば「東新橋」なのですが、写真の左下の首都高速とリコーのビルの右側にある昭和通りの向こうは銀座。
後方の中央より左寄りに林立するのは東京駅前・丸の内のオフィス街で、その左に皇居の一角も見えます。
そして写真の右上には、建設が進む東京スカイツリーもバッチリ見えました。

銀座といえば、4丁目交差点にある写真展会場のギャラリーのビルは?とズームアップをして探したところ、屋上部分が辛うじて見えました(左の写真の左端近く)。
その北向かいにある和光のビルの時計台も、やはりビルの間から頭を出していました(写真の中央左)。
ちなみに写真の右上にある「MG」は、東京の方なら皆さんご存じの「松屋銀座」の看板です。

東京スカイツリーをアップすると、既に外側が出来上がった高さ約350メートル付近にある「第1展望台」より上の部分が、かなり伸びてきています(右)。
完成すると634メートルに達するツリーの現在の高さは430メートル近く。
私が名古屋から戻るころにはツリーは完成し、天をつく勇姿が、東京の景色の要となっているはずです。

BL0822東京展望4RIMG0002  BL0822東京展望5RIMG0029  BL0822東京展望6RIMG0027

昭和通りから西が銀座なら、通りを隔てて東は築地(左)。
写真の手前にある銀座中学校のプールと運動場の右向こうには国立がんセンターのビルが見えて(茶色の建物)、その奥には聖路加病院の段違いになったツインタワーがそびえ、さらに佃地区の高層マンション群が林立しています。

築地といえば、その南端の隅田川に面した一角にあるのが移転問題に揺れる築地市場(中央、手前)。
隅田川の向こう側、高層マンションが林立する勝ちどきから、さらに晴海運河を隔てて反対側(写真の奥)に草色の空き地が広がる地域が、移転先に計画されている豊洲です。

築地から運河を隔てて南側に広がる森と池は浜離宮恩賜庭園。
その向こうのビルが建ち並ぶ付近には、伊豆・小笠原諸島への玄関口である竹芝客船ターミナルがあって、さらに遠くにはレインボーブリッジも眺めることができました。

遠回りの出勤ランで何度も走って渡ったレインボーブリッジ、「東京夢舞いマラソン」やその試走の際に周囲を回った東京スカイツリー、そして出勤ランの定番コースだった勝ちどき、築地、銀座-。
くまなく走り回った東京の街を一望の下に見渡すと、あらためて懐かしさがこみ上げてきます。
新天地・名古屋の街も、こんなふうに走り回りたいものです。
そして、再び戻るときの東京が、さらにどんな変ぼうを遂げているのか、楽しみでもあります。

スポンサーサイト