FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

都心の夜景を眺め送別会

昨日は東京の職場で最後のシフト勤務をこなした後、会社の近くにある高層ビルの展望レストランで、都心の夜景を眺めながらの送別会を、駆けっこ仲間らが開いてくれました。

BL0823オレゴン1RIMG0123  BL0823オレゴン2RIMG0068  BL0823オレゴン3RIMG0063

このレストランは汐留シティセンターの42階にある「オレゴン バー&グリル」。
汐留の界隈では最高の眺望を楽しめるだけでなく、ビュッフェのランチもディナーも、展望レストランにしては手頃な価格で美味しく、さらにほぼ完全な分煙をしていることから、私が良く利用してきたお店です。

L字形の広い店内のフロアは北と西に向いていて、北側の窓からは銀座が一望の下(右)。
西側からは東京タワーを眺めることもできます(左)。
昼間と同じく(昨日の記事参照)銀座4丁目の交差点付近にズームアップしてみると、和光の時計台や私が写真展を開かせてもらったギャラリーが入るリコーの円筒形のビルも見えました(中央、左下)。

BL0823オレゴン4RIMG0050  BL0823オレゴン5RIMG0060  BL0823オレゴン6RIMG0078

東京タワーは最初、青や赤でライトアップされていて、ワイングラス越しにその光を撮せました(左)。

その名の通り、アメリカンな料理はどれも、たっぷりボリュームがあってカジュアルでヘルシー(中央、右)。
素材の味を引き出すことが重視されているようです。

BL0823オレゴン7RIMG0080  BL0823オレゴン8RIMG0083  BL0823オレゴン9RIMG0090

ランチでサラダバーが中心のビュッフェを提供しているだけあって、野菜料理も美味しく、ローズマリーが香るアスパラやトマトなどの温サラダ風の野菜のグリルは秀逸でした(左)。

果実もふんだんに使ってカントリー風の彩りを演出した料理も多く、デザートでいただいたクレームブリュレも見た目にも、そして味も最高でした(右)。

息をのむような夜景、美味しい料理、そして語らいを楽しむうちに時間が過ぎて、ワインも白に続いて赤と、次々にボトルが空いていきました(中央)。

BL0823オレゴン10RIMG0106  BL0823オレゴン11RIMG0099  BL0823オレゴン12RIMG0108

さて今回の送別会は、私が所属する「明走会」の駆けっこ仲間であるまり恵さんが、送別会の「第1弾」にも、その後の月例会にも出席できなかったことから、自らを含めた「敗者復活戦」として企画してくれたもの。

私の都合に合わせて、日曜の午後8時にスタートという、サラリーマンにとっては大胆な日時の設定ながら、汐留に集結してくれた面々は(中央の写真の左手前から時計回りに)真理ちゃん、まり恵さん、山田洋さん、岳史さん、石井ちゃん、エノちゃん、飛鳥ちゃん、(私を飛ばして)未矢さん、拓史さん。

ブログで何度かご紹介した方もいらっしゃいますが、岳史さんは写真展で11日間のうち10日間にわたって受付に立ってくださった「受付隊長」。
エノちゃんは、このウェブサイトやブログを開設してくれた敏腕ウェブデザイナー。
そして着物美人の未矢さんは、依存症や不倫をテーマにした多数の著書がある、売れっ子のノンフィクション作家にして「シリアスにファンラン」を実践されるランナーでいらっしゃいます。

BL0823オレゴン13RIMG0111  BL0823オレゴン14RIMG0114  BL0823オレゴン15RIMG0118

「辰巳さんを囲む会」と銘打たれた送別会の終わり近くに、記念品を手渡してくれたのは真理ちゃん(左)。
かつて私が沖縄の久米島マラソンでナンパした那覇の女性ランナー・愛ちゃんに新潟の大会でナンパされ、3人そろって那覇マラソンを走ったことから明走会に参加している若手美人ランナーです。

那覇で初のフルマラソンを完走して、「次の目標はサブフォー(4時間未満)」という真理ちゃんが選んでくれた記念品は「富士山グラス」(中央)。
私が先月、富士登山競走を5年がかりでようやく完走したことから「飲んべえの辰巳さんにはコレしかない」と吟味してくださった品です。
ご覧の通り、富士山をモチーフにして上にいくほど、すぼまった形のグラスは、ビールを注ぐと「頂上」の近くが泡で白くなり、冠雪した富士山を思わせる姿に変身するそうです。最高にうれしかったですよ!!!

また、走ることによる社会貢献を目指して「走る.jp」を主宰する洋さんからは、自らの活動のシンボルである「走るTシャツ」をプレゼントしてもらいました。ありがとうございました!!!

「囲む会」はこうして盛会のうちに終わりましたが、楽しい夜はまだまだ終わりませんでした。
ビルの最上階から地上に降りた私たち10人のうち、7人が日付変更線を挟んで続いた「2次会」に参加。
時を忘れて語らううち、進まない引っ越し準備を心配する気持ちが薄れ、さらに「3次会」へと流れました。
自分自身を含めて、駆けっこ仲間たちというのは、夜の持久力も並外れているものです。

スポンサーサイト