FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

走っても歩いても快適に通勤

肌にまとわりつくような名古屋の暑さに閉口していましたが、けさ起きてみると、どんよりとした曇り空。
「これなら、なんとか走れそう」と思って、新天地で初めての出勤ランニングを敢行しました。

わずか4キロほどでしたが、引っ越しでなまった体にはこたえ、帰路はウオーキングに切り替えました。
走るばかりか歩きもできるところは、職場に近い所に住める地方勤務ならではの特権のようなもの。
しかも、行き帰りは別々のルートでしたが、いずれも楽しく快適で、名古屋生活の基盤は確保できました。

BL0902通勤1RIMG5805  BL0902通勤2RIMG5816  BL0902通勤3RIMG5811

名古屋市民の憩いの場である鶴舞公園の近くにある自宅と、名古屋城エリアの一角にある職場を結ぶ私の通勤ルートは、名古屋の都心部を南東から北西へと斜めに貫くことになります。
その間の街路は碁盤の目のように縦横に通っているため、ルートは何種類でも描くことができます。

けさは高速道路の「都心環状線」に沿って北に進み、そのあと名古屋が誇る広い幅員の「100メートル道路」である「若宮大通」「久屋大通」を経て名古屋城エリアに入りました。
100メートル道路でなくても、名古屋の目抜き通りは片側5車線がざらで、広々としていて、歩道に自転車の専用レーンを設けても「2車線」を確保できるほど(左)。

ランニング通勤する場合にメーンのコースとなる久屋大通は、名古屋のシンボル・テレビ塔の前後に、広大な緑道公園抱えていて、道路が交差する所には歩道橋も設けてあるため、あまり信号待ちはありません(右)。

公園では、バスケの選手のような大男たちがタテに並んで基礎トレーニングをしていました(中央)。
皆さんは、なぜか韓国・朝鮮語を話してられて、「サジン・チゴド・テムニッカ(写真、撮ってもいいですか)?」とたずねてもほとんど無視されましたが、手前の男性は表情を緩めてくれました。

BL0902通勤4RIMG5827  BL0902通勤5RIMG5845  BL0902通勤6RIMG5834

夕方の帰路は地下鉄の鶴舞線に沿った国道を歩いて南下。
しばらく行くと、名古屋駅前に林立する摩天楼である「JRセントラルタワーズ」(円筒形のツインタワー)や中部地方で最も高い「ミッドランドスクエア」(247メートル)が見え、その間を夕日が雲を輝かせながら落ちていくとろこでした。

その先では、ボール状をした世界最大のプラネタリウムが来春オープンする「名古屋市科学館」が建っている「白川公園」を通りました(中央、新旧のプラネタリウムが大小の球体)。
公園の真ん中は広い土のグラウンドになっていて、都心のエアポケットといった感じがします。

公園の手前で、犬の散歩に来た名古屋美人のお嬢さんに写真を撮らせてもらいました(右)。
ワンちゃんは公園に着くまで大人しく自転車の荷台に乗り、公園ではよその犬とじゃれ合っていました。
「お散歩できて、いいですね。うちはネコなんで、うらやましい」と話しかけると「でもネコは手がかからなくて、いいですよね」とお嬢さん。確かに独り暮らしにつきあってくれるのはネコぐらいのものです。

BL0902通勤7RIMG5863  BL0902通勤8RIMG5860  BL0902通勤9RIMG5857

自宅の1キロほど手前では、東京でいえば浅草あたりに似た「大須観音」前の商店街を通過(中央)。
観音さんの本殿前には、浅草の雷門を思わせる巨大な提灯が、つり下げられていました(右)。

揚げパンや大判焼きなどのファストフード、和洋とりまぜた安売りの衣料店などが並ぶ商店街の雰囲気は、東京よりむしろ大阪に近い感じ。
店頭のディスプレーの派手派手しさも、どこか関西風でした(左)。

商店街を抜ける前には、買い物客でごった返す品揃えが豊富な生鮮食料品店も発見。
地元・愛知のほか長野や岐阜といった中部地方から運ばれた元気な野菜も多く、ついお買い物をしました。

名古屋は、東京や大阪と並ぶ都会とはいえ、実際に走ったり歩いたりしてみると街の表情は独特です。
目に入るものが、あれもこれも珍しくて、ついつい写真を撮ってしまい、お見せしてしまいます。
こんな勢いでは、早々にネタ切れになりそうですが、初めのうちは仕方ありません。おつきあいください。

スポンサーサイト