FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

夜景を眺め巨大エビフライ!!

昨夜は名古屋市在住の友人がミニ歓迎会を開いてくれ、「名古屋めし」の代表格の一つであるエビフライを、市内で随一の繁華街・栄(さかえ)にあり、夜景を眺められる食堂でいただきました!!

この食堂は、知多半島にある老舗の食堂旅館の出店で、三越名古屋栄本店の専門店館「ラシック」の8階にある「まるは食堂」。
きれいなファッションビルの上層階に位置するだけあって、ちゃんと禁煙席が設けられ、煙に悩まされずに、美味しい食事を楽しめましたので、馴染みの店というわけではありませんが、紹介させていただきます。

BL0911エビフライ1RIMG0116  BL0911エビフライ2RIMG0121  BL0911エビフライ3RIMG0127

この食堂の定番メニューの一つで友人の一押しでもあるのが「エビフライ定食」(中央)。
大皿にのって運ばれてきたのは、全長約20センチの極太・特大の立派なエビフライ2本。
あまりの立派さに、さっそく大きな窓越しに見える夜景をバックに写真を撮ってしまいました。

食堂からは私が出勤ランニングで何度も走っている久屋大通を見下ろせ、公園の中にそびえるテレビ塔や、通りの向かい側の夜景を楽しむことができます。

そして肝心のエビフライはサクサクで香ばしい衣が分厚いだけではなく、中から出てくるエビそのものも太くて歯応えが十分でジューシー。
でかいもの好きの名古屋っ子を、見た目で満足させそうなだけでなく、味も万人をうならせるものでした。

エビフライ定食に加えていただいたのは、やはり友人がお勧めの、ゆでたシャコ(左)とワタリガニ(右)。
いずれも手ごろな価格ですが、シャコは12本が山盛りで、柔らかく、口の中に海の香りが広がります。
ワタリガニは大ぶりで、足やハサミの肉もしっかり食べることができ、胴体の肉やミソは、うま味が凝縮された感じで、絶品でした。

信長、秀吉、家康など、ご当地ゆかりの戦国武将が多い「武将の町」である名古屋。
武将の甲冑を思い浮かばせる甲殻類のオンパレードは、私が「名古屋人」になって初めて華の栄でいただく食事としては、格好のネタとなりました。

スポンサーサイト