FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

名古屋の社食は…

名古屋に来て歓迎会などが続いていることから、上等な食事を紹介させていただく記事が多く、見てくださる方にとっては「食傷気味」なのではないかと察します。
そこで本日は、普段の朝や昼にいただいている「社食」のリーゾナブルな食事の一端をお見せいたします。

社食とはいっても正確に言えば私の会社の食堂ではなく、私の会社が「間借り」させていただいている地元の一流企業の食堂です。
この会社は繁華街から外れた名古屋城エリアの一角にあるため、実際に外に出かけての外食は現実的ではなく、私は普段の朝・昼のほぼ100%をこの食堂に頼らせていただいています。

BL0916社食3RIMG0113  BL0916社食1RIMG0001  BL0916社食2RIMG0347

この頼りになる社食でいただく「名古屋めし」の筆頭は「あんこトースト」(中央)。
名古屋以外の人がこれを見ると「なんじゃこりゃ!」と驚きます。
でも、私にとってこのあんこトーストは、このところの「モーニング」の定番なのです。
あんこトーストの値段は100円、一緒に頼むことにしているミキサーでつくったミックスジュースは130円で、この「モーニングセット」は、なんと230円です!
朝が早い出番の日は、会社まで「出勤ラン」をしたあと泊まり勤務者向けのシャワーで汗を流し、このセットをデスクの上でいただくのが、私が仕事の1日をスタートさせる儀式になっています。
(便利なことに、食堂は私の職場からわずか10メートルほどの至近距離にあるのです。)

珍しいように見えるあんこトーストですが、考えようによっては、あんパンのあんをパンの中に入れる代わりに上に乗せただけにも思えます。
ただ、毎日のように味わっていて気づいた双方の違いは、あんトーストの方にはその名の通り、あんを乗せる前のパンにバターが塗られていることです。
走って汗をかいたあとは、このバターによるほど良い塩味が、ただの菓子パンとは違った満足感をもたらせてくれるというわけです。

甘めのあんこトーストの次に紹介するのは、数日前の昼食メニューの一つだった「カレー南蛮」(左)。
なぜか、この何でもないカレーうどんも「名古屋めし」の代表になっていて、その証拠に、こうして1日に4、5種類しかない昼の定食の1つに登場するわけです。
このときはカレー南蛮に、かやく飯がセットになった定食が380円でした!

「南蛮」といいながらも、初めに乗っているネギは少なめで、受け取りカウンターのタッパウエアに入っているネギをたっぷりかけていただきました。
しかし、その後、タッパウエアを見ると「ざるそば専用」と書いてありました。
どうりで「ネギいただきますね」と私が言った際、食堂のおばさま方は、けげんな表情を見せていました。
ネギと一緒に、たっぷりかけた七味ももちろん、舌も心も韓流で辛いモノ好きである私自身の仕業です。

そして本日、朝のうちからガラスケースをのぞいてチェックしていた昼の定食の1つはカツ。
名古屋でカツと言えば八丁味噌(赤味噌)を溶いてかけた「味噌カツ」だと思い込んでいたところ、メニューの名前を見ると「横浜カツ」。
食券売り場のおばさまに聞くと、カツはミンチで、ソースも普通のとんかつソースだとのこと。
仕方なくこの横浜カツがメーンである380円の定食に、名古屋名物「きしめん」の「小(盛り)」を添えることにしました(右)。

この「きしめん小」の値段は、なんとなんと80円!
先月まで仕事をしていた東京の本社では、社食で職場まで出前してくれる650円のランチの「ご飯大盛り」が無料だったことで、けっこう満足していましたが、この名古屋の社食の「お値打ち感」は、それを上回ります。
私の会社が間借りをしているこの会社では、現業部門で働いてられる方々も多いことから、こんなふうにして「どか食い」の人向けに「もう一口」という思いを満たすメニューがあるのでしょう。
走ってばかりで、いい年をして基礎代謝が異常に多い私にとっては、ありがたいことこの上ありません。

それにしても、この「きしめん小」を見ると、きしめんが名古屋の人の食生活に、主食の1つのようにして組み込まれていることが良く分かる気がします。
実は、この社食の「もう一口メニュー」には、きしめんの他にも、なんと150円のラーメンがあり、これもまた、私がつい定食に加えて頼んでしまうお気に入りメニューです。

カレー南蛮、きしめん、ラーメン。そういえば、本日は夕方の「おやつ」に焼きそばもいただきました。
こんなふうに「めん好き」なのは、名古屋の文化なのか、それともこの社食だけのことなのか。
いずれにしても、職場の同僚から「大学生のような食欲ですね」とあきれられている私のランナー的お腹は、この名古屋的であり、庶民的な社食に支えていただいています。
そうそう。言い忘れましたが、味も庶民的ながら、けっこうイケてるんですよ。いつも、ごちそうさまです!

スポンサーサイト