FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

空に届く光のタワー

名古屋を舞台に開催されている現代アートの祭典、「あいちトリエンナーレ2010」の目玉作品の1つである巨大な「光のタワー」が今夜、名古屋城の上空に出現しました。

この作品は「spectra[nagoya](スペクトラナゴヤ)」。
岐阜県出身でパリに在住の電子音楽の作曲家で美術作家の池田亮司さんが手がけた作品で、名古屋城の天守閣に近い広場に64台のサーチライトを縦横に並べ、10台のスピーカーから電子音を流して、光と音を組み合わせてつくった「インスタレーション(空間芸術作品)」です。

私は本日、仕事を兼ねて名古屋城を訪れ、この作品を間近で見る機会に恵まれました。
実は昼には名古屋市の中心街に出現している「巨大なバランスボール」のような世界最大のプラネタリウム(建設中)の投影試験も見てきたのですが、こちらは限定公開ですので、ここで紹介することができません。
そこで、私にとっての2大イベントのうち、一般公開された光のタワーのみ紹介いたします。

BL0924スペクトラ1RIMG0140  BL0924スペクトラ2RIMG0139  BL0924スペクトラ3RIMG0146

新聞用の写真であれば光のタワーの下から空まで、名古屋城、見ている人を1枚に収めるべきで、それには超広角レンズが必要です。
しかし、映像の撮影のため現場に行った私は、いつも通りコンパクトカメラを持っているだけ。
映像のカットよろしく3枚の「組写真」によって、なんとか作品の様子をお伝えすることでお茶を濁します。

花火の大筒のように真上に向けられたサーチライトの光は真っ白で、成層圏まで届くという強力なもの。
ライトアップされた名古屋城も見える会場の広場では、縦横8列ずつに並んだライトの間を歩くこともできて、見物に来た人たちはライトのすぐそばから頭上を見上げていました(中央)。

「下から見ると、光を発しているというより、光が空から降り注ぐ感じに見えるそうです」
トリエンナーレのスタッフから事前に聞いていたとおり、自分もライトの間に行って空を見上げてみたところ、上空の遠くで光が1カ所に集まり、そこから光の筋が傘のように落ちてくる感じがしました(左)。

近くから見ると「光のツリー」のように見える作品ですが、遠くから見ると確かに「光のタワー」です(右)。
てっぺんの光の玉のように輝いたところは、雲が厚くなっている部分のようでした。
実は昨日も、この作品の「試験点灯」が行われましたが、私の自宅近くからは、うっすらとしか見えず、今日と明日の「本番」がどうなるのか、少し心配でした。

作品の光が、くっきりと見えるかどうかは、空気中の浮遊物が多いかどうかにかかっているとされます。
スタッフは「小雨ぐらいがちょうど良い」と話していましたが、撮影する者にとって雨はめんどうです。
そしてふたを開けてみると、直前までの小雨が上がって少しもやっているという最高のコンディション。
作家やスタッフ、それに見物する私たちの願いが、まさに「天に届いた」ともいえる幸運でした。

そうそう、「光と音を組み合わてつくった作品」と言っても写真だけでは音を聞いていただくことはできません。
ご興味のある方は、私が撮影したネット動画ニュースで、音も合わせた現場の雰囲気をお楽しみください。
http://www.47news.jp/movie/general_topics/post_1107/

そうそうそう、巨大ボールのプラネタリウム内部も、光が少なすぎて画面が暗めですが、ご覧いただけます。
http://www.47news.jp/movie/general_topics/post_1100/

スポンサーサイト