FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

「走った!撮った!夢舞いマラソン」2

「走った!撮った!東京夢舞いマラソン」は本日が第2回目。
皇居周辺から隅田川にかかる中央大橋を渡って、1カ所目のエイドステーションがある月島までです。

「なんだ、まだまだ進まないじゃないか」と思われる向きがあるかもしれませんが、ご勘弁を。
なにしろ今回は、ゲストとして招待した韓国ランナーの伴走をしたことから恒例のビデオ撮影を断念。
「走った!撮った」に専念したことから、撮影した写真はスタートからゴールまでだけで約700枚。
それも連写ではなく、コンパクトカメラで1枚1枚撮ったものですので、同じような絵柄が続くわけではないため選択・編集の作業は、それなりに力仕事です。

それに韓国ランナーの写真は、海の向こうでブログをチェックしてくれていると聞いているだけに(翻訳ソフトにかけると、文章の意味も大体分かるということです)、「これは」と思うカットは盛り込むことにしていますので、いきおい全体の枚数もかさむというわけです。

それでも「撮ってもらったはずなのに、掲載されないじゃないか」と残念に思われる方も、やはりご勘弁を。
「OKカット」の全部を掲載するわけにも、まいりませんので。
でも、そんな方にも、ご連絡をいただければ写真を送らせていただきます。

というわけで、本日もまた写真のみを15枚、先に掲載いたします。
文章が、なかなか追い着いていませんが、これもまたまた、ご勘弁を。ぼちぼち進めさせていただきます。

1010夢舞い2-1RIMG6280  1010夢舞い2-2RIMG6282  1010夢舞い2-3RIMG6287

さて、10日以上もほったらかしで失礼しましたが、写真の説明・本文を追加いたします。
皇居の外濠沿いで自転車に乗って道案内をしていたのは、美人建築士ランナーの「ミサーニャ」さん(左)。
バリバリの超ウルトラランナーで、昨年の「萩往還ウルトラマラニック」では140キロの部の後半、私と熾烈なバトルを繰り広げてくれました。
スタート直前まで雨だったことから「雨でも楽しく走ってほしい」というボードのメッセージとこの笑顔。
みんなのこうした明るさが、雨を追い払ったのだと、つくづく思います。

皇居がランナーでにぎわっていることは、韓国にも聞こえているとのことで、韓国ランナーの皆さんは「皇居を走ってみたい」と口をそろえていました。
定番である内濠沿いではありませんが、外濠沿いの歩道を走るチェ・ソンネさんは、念願がかなって、うれしそうな表情でした(中央)。

皇居周辺では、多くの外国人観光客を見かけます。
夢舞いランナーがかれらとハイタッチを交わすシーンは、ちょっと海外マラソンを思わせます(右)。

1010夢舞い2-4RIMG6303  1010夢舞い2-5RIMG6304  1010夢舞い2-6RIMG6315

丸の内のビル街を過ぎ、銀座方面に向けてくぐるJRの高架橋の上には電車が行き交っていました(左)。
山手線の電車のカラーと、今年の夢舞いシャツのカラーがそっくりなことに気づきました!

その先の信号待ちで「辰巳さんですよね!」とイケメンのランナーが声をかけてくれました(中央)。
彼は実は、私の会社の大先輩で、今はフリーで活躍されているフォトグラファーの本間秀夫さんの息子さん。
本間さんは写真展に来場してくださったのですが、なんとその後、このブログをチェックしてくださってもいるということで、ランナーの息子さんに夢舞いを勧めてくれたそうです。
ということで、感謝感激のツーショットでした!

中央区の佃、月島に向かって隅田川を渡る中央大橋は、今年の夢舞いのフォトスポットの1つ(右)。
チェ・ソンネさん、ソン・ジョンドクさんは一緒に交流しながら走っていたグループのランナーと隅田川を背景に記念写真におさまってくれました。

1010夢舞い2-7RIMG6316  1010夢舞い2-8RIMG6322  1010夢舞い2-9RIMG6318

中央大橋の坂を登るところでは、チェ・ジョンタクさんも一緒に余裕の笑顔を見せてくれました(左)。

橋の下りは、プロカメラマンも構えている撮影スポット(中央)。
橋の中央の柱と、そこから放射状に伸びるワイヤを背景に、私も地面スレスレからランナーらを狙いました。

愛犬と一緒に散歩中のご婦人も、笑顔でランナーらを見守ってくれていました(右)。

1010夢舞い2-10RIMG6343  1010夢舞い2-11RIMG6334  1010夢舞い2-12RIMG6348

月島の「もんじゃストリート」入り口には、待望のエイドステーションがあります。
ここは地元の協力によって、毎年エイドが設けられている場所。
おいしい麦茶をふるまってくれるボランティアの女性らは、笑顔の美しい美人ぞろい(左、中央)!!!

持参したおにぎりを出して食べるランナーらも、みな笑顔(右)!!!

1010夢舞い2-13RIMG6336  1010夢舞い2-14RIMG6351  1010夢舞い2-15RIMG6359

月島のエイドでは、救護係の美人ボランティア・典子さんも、お茶を配りながら笑顔でランナーを応援。
男性ランナーは、ご覧の通り、疲れが吹き飛んだような表情をされていました(左)。

慣れない信号待ち続きのコースで、ちょっと疲れ始めていた韓国ランナー3人も、エイドで小休止して元気を盛り返し、ポーズをつけてくれました(中央)。

もんじゃストリートを外れる曲がり角では、地元の方と思われる男性が愛犬を連れて、視覚障害のランナーに声をかけながら道案内をされていました(右)。

スポンサーサイト