FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

円頓寺に韓流女性監督

名古屋の中心街にあり昭和の香りを残す商店街を舞台にした「円頓寺映画祭」が昨夕から始まりました。

会場となった円頓寺商店街は私の職場近くにあってランチタイムに訪れる場所でもあって、足を運ぶ予定をしていましたが、仕事の都合から映画の上映には間に合わず、上映後のスタッフらによる初日の打ち上げに合流させてもらいました。

映画祭の目玉となる監督であり、やはり打ち上げに参加されたのは韓国の新進気鋭の女性監督であるチェ・ヒョンヨンさん。
やはり地方都市のミニ映画祭である「ダマー映画祭in広島」でグランプリに輝いた短編作品「The After」の監督で、知的障害者のランナーを描いた「マラソン」のチョン・ユンチョル監督の愛弟子であり、なんと23歳という韓国映画界期待の逸材です。

BL1112円頓寺映画祭1-1RIMG0423  BL1112円頓寺映画祭1-2RIMG0418  BL1112円頓寺映画祭1-3RIMG0432

チェ・ヒョンヨン監督の作品「The After」の1回目の上映会場であり、打ち上げ会場ともなったのが、円頓寺商店街で「ワンデイ・シェフ」の料理を振る舞っているレストランの「庵ひろ」さん。

既に紹介させていただいているこの店は、また監督が映画祭のために制作した新作のロケにも使われ、店を切り盛りする女性店主の木下さんと監督は、なじみの仲です(左)。
木下さんと同じく美人のチェ・ヒョンヨン監督(写真の右)は、ご覧の通りチャーミングな女性で、大学で映画を学びながら制作もしているという才媛です。

円頓寺はかつて名古屋一の繁華街「栄(さかえ)」や東京・秋葉原のようなにぎわいをみせる「大須(おおす)」と並んで「三大商店街」といわれ、映画館も建ち並んでいましたが、今は取り残された感があります。
その円頓寺に「にぎわいを取り戻そう」と、今年で2回目となる映画祭を企画したのは、地元・名古屋大学の大学院生ら。

その中心メンバーの1人、島本昌典さんは、韓国語を専攻しているうえ韓国での留学経験もおもちで、昨日が初対面でしたが、瞬時に意気投合してしまいました(2次会で撮った右の写真の右が島本さん)。

しかも、島本さんが学ぶ学科で今年から教授を務めているのが私のかつての同僚であり(先の記事で紹介をしている中村登志哉さん)、私の駆けっこ仲間で「韓国語ジャーナル」の副編集長の河井佳さんも島本さんの知己だということで、世間の狭さといいますか「因縁(韓国語ではイニョン)」の妙を感じています。

打ち上げのメーンディッシュは、「うどんの博屋」の屋号で、木下さん自らがランチにも出している手打ち麺の味噌煮込みうどん(中央)。
固さを残したうどんに味噌の味がしみていて、一緒に出していただいたごはんにも、乾杯のビールにもマッチしていました。

BL1112蒲郡2RIMG0411  BL1112蒲郡3RIMG0416  BL1112蒲郡1RIMG0405

さて、円頓寺映画祭初日の打ち上げに出かけるのに先立ち、日中は朝からイベントなどの取材で文字通りの東奔西走をしました。
そのうち早朝から出かけたのは愛知県東部・蒲郡で開かれた「消防団の甲子園」こと全国消防操法大会(左)。
地域の消防活動に携わる消防団の代表が全国の都道府県から集まり、消火技術を競うというイベントです。

夕方まで続いたイベントの取材を昼までで切り上げて、昼食時に会場を出ようとすると、午後から出演予定のカラーガード隊の美女たちが会場そばに待機中で(右)、後ろ髪を引かれる思いでした。

会場となった競艇場からJRの駅に向かう途中では、民家の庭の柿の木が黄色く色づいたイチョウを背景に熟れた実をたわわにつけていました(中央)。

名古屋に戻った後は、徳川家ゆかりの品々を所蔵する徳川美術館で、江戸幕府の3代将軍・家光の長女が尾張徳川家に嫁いだ際の「日本一豪華な嫁入り道具」を取材しに出かけました。
そんなこんなで私は円頓寺映画祭の上映を見そびれたわけです。

私が撮影したものは、芸術作品である映画とは対照的な単なるニュース映像なのですが、消防の甲子園や豪華な嫁入り道具をご覧いただける場合は以下にアクセスしてみてください。
http://www.47news.jp/movie/general_topics/post_1507/
http://www.47news.jp/movie/general_topics/post_1511/

スポンサーサイト