FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

2人に完敗!!でも6位!

本日は名古屋市緑区で開かれた第1回「大高緑地耐久ランニング」大会でハーフマラソンを走りました。

大会はまだ小規模で、10キロ以下の5種目とハーフ、フルを合わせて参加ランナーが1500人ほど。
私は名古屋市在住で中学高校の同級生である「ジダン」こと関谷尚之さん、会社の後輩で職場一のスポーツマンである23歳の若者・嶺一さんと一緒に、約350人がエントリーしたハーフに出走。
最初は飛び出したものの途中で2人に次々にかわされ、尚之さん、嶺一さんにそれぞれ約4分と約1分差の1時間40分台でゴールしました。

それでも私は「50代の部」で6位。
先にゴールした尚之さんは堂々の3位入賞。嶺一さんは「29歳以下」で14位でした。

2人に抜かれ、しかも尚之さんが3位に入ったことは悔しかったのですが、それでも最近の深刻な練習不足を考えて予測したタイムの「1時間40分から45分」を一応クリアし、「良く走れた」というのが実感です。

BL1226大高緑地1RIMG0644  BL1226大高緑地2RIMG0650  BL1226大高緑地3RIMG0642

嶺一さんは高校時代に体操部で活躍し、「相撲以外のスポーツは万能」というピカピカの社会人1年生。
若者らしく筋力や柔軟性は抜群で、東京マラソンでは、さほど特別なトレーニングを積まないままに、いきなりサブフォーで完走しています。

今回も、年齢が「ダブルスコア」超のおじさんに負けるものかと若い力を爆発させ、公園内を4周するコースの2周目に入ったところで、早くも失速した私をバネのきいた柔らかいフォームでスーと抜いていきました。
しばらくはついていったのですが、かなわないと悟り、しばらく前に出て快走シーンを撮影しました(右)。

力強いピッチ走法の尚之さんには3周目に入ったところで、あっという間にかわされました。
やはり余裕のないなかで、なんとか前に出て写真を撮らせてもらいましたが(左)、後ずさりしながら撮影する私はあやうく尚之さんと「正面衝突」しそうでした。

年代別3位の尚之さんは表彰状をゲット(中央)。
第1回の手づくり大会のため表彰台は用意されていませんでしたが、受け付けの美女から表彰状を手渡され笑顔の尚之さんを、私は「チャンチャカチャーンチャーン」と勝利のメロディーを口で奏でながら撮影しました。

尚之さんは今年春、名古屋から金沢まで丸2日がかりで走る大会で約270キロを完走。
先月中旬には兵庫と鳥取の県境にある氷ノ山の一帯を走る50マイルの過酷なトレイルレースも完走。
さらに3日前には自宅に近い愛・地球博記念公園とその周辺で30キロのロングジョギングをしたばかりで、本日の大会は「どうせ速く走れないので、走り込みのつもり」と言ってられました(一杯食わされました)。

私も3日前に名古屋近郊の山で丸1日のロングトレイルランをしたため、一緒にゆっくり走るつもりでしたが、それより前の練習の蓄えの違いが大差になって現れたわけです。
それにしても、お互いに「ええトシこいて、元気に走って遊んでいるものだ」と、打ち上げで美味しいビールを飲みながら話しました。

10数年以上前のピークのころに比べると、ハーフでなんと15分以上も遅くなっていて、ランニング歴の浅い若者にも、あっさりかわされるようになった自分ですが、もうひと頑張りできるようにも思います。
特に、小さな大会で年代別上位を目指すには、50代になったばかりのここ1、2年が狙い目だということにも気付きましたので、来年は久々に、きちんと記録を狙うレースも何度か走ってみたいものです。

BL1226大高緑地4RIMG0645  BL1226大高緑地5RIMG0656  BL1226大高緑地6RIMG0654

小規模な大会ではありましたが、ナンバーカードに付けたタイミングチップでタイムを計測して、ゴール直後に記録証が発行されるところは本格的なレース並み。
「50代の部」と明記された完走証を初めて受け取る瞬間を、スタッフの美女とともに撮っておきました(左)。

ハーフ女子の年代別で上位に入賞された美女2人は、遊び心あふれる、どうぶつのかぶり物姿(右)。
ついつい近くに駆け寄って、写真を撮らせていただきました。
なんと福井からはるばるやってきたというお2人は、同じランニングクラブの仲間同士。
雪の多い日本海側では冬本場になるとランニング大会がなくなるために、わざわざこの大会のため名古屋にいらしたものの「今日も大雪ですので、フルを走っている仲間を待って、すぐに帰らなきゃ」とのことでした。

ということで、私を含めハーフを走った3人は、ほかの仲間2人を合わせた男性ばかり5人で記念撮影をし、私の自宅に近い温泉のスーパー銭湯と、打ち上げ会場となった手打ちそばの店に向かいました(中央)。
洒落た青いニット帽の「韓流美男」は、10キロにエントリーされた韓国観光公社で名古屋支社次長を務める金容載(キム・ヨンジェ)さん。
その後ろのメガネ美男は、嶺一さんと同じく私の職場の後輩でランナーでありながらエントリーをしそびれて、応援に駆け付けてくれた俊輔さん。

金容載さんはハーフより早い10キロのスタートに間に合いませんでしたが、ハーフの私たちと一緒にスタートして約10キロを走った後、公園内で散歩を楽しまれました。
小さなことなど気にしない韓国男児の、「ケンチャナヨ(大丈夫さ)精神」を発揮したということで、早くも来年のレースで記録を狙いたいと意欲を語ってられました。

来年は5人一緒に、いやいやさらに新しい仲間たちも交えて、また走りたいものです。

愛岐丘陵トレラン2

一昨日、名古屋近郊の「愛岐丘陵」を走ったトレランのレポートは本日が2回目です。
掲載する写真は1回目と同じく12枚で、丘陵一帯の展望台になっている八曾山(327メートル)の山頂から、再び犬山市の奥まったところにある渓谷に戻るまでに撮影したものです。

1回目の写真説明もまだなのですが、2回目もとりあえず写真のみの掲載とさせていただきます。
といいますのは本日の午後、写真の編集などに使用している自宅のデスクトップパソコンが突然、たちの悪いウイルスに感染して、ほとんど使用不能になってしまったのです。
小さなノートパソコンを代わりに使っていますが、あまり作業効率が良くないものですから。

デスクトップは写真などのデータをしばらくの間、外付けのハードディスクにバックアップしていなかったために正月休みにその作業をしようと思っていた矢先の感染事故となりました。
幸いにもウイルスは写真のファイルにダメージを与えるものではないようですが、パソコンはインターネットが使えなくなったうえ、起動しても10分ほどでシャットダウンするようになってしまい、写真のファイルをすべて救出するには、とんでもない手間がかかることになりそうです。

高価なウイルス対策ソフトをインストールしていても、それをかいくぐり感染するウイルスがあるということで、バックアップを怠けていた私としては、冷水を頭から浴びて目をさましたような気分です。
それでも突然ハードディスクが壊れるような事故よりは、ましなようですので、良しとするしかありません。
それに交通事故に遭ったり、本物の邪悪なウイルスに体をむしばまれるよりは、ましですので、ここは反省を促された部分だけを受け止めることにしたいと思います。

ということで、明日以降、気を取り直して作業を再開したいと思います。

BL1223愛岐丘陵2-1R1008048  BL1223愛岐丘陵2-5R1008064  BL1223愛岐丘陵2-3R1008056

BL1223愛岐丘陵2-6R1008075  BL1223愛岐丘陵2-4R1008067  BL1223愛岐丘陵2-2R1008053

BL1223愛岐丘陵2-10R1008114  BL1223愛岐丘陵2-8R1008094  BL1223愛岐丘陵2-7R1008093

BL1223愛岐丘陵2-9R1008105  BL1223愛岐丘陵2-11R1008120  BL1223愛岐丘陵2-12R1008124

愛岐丘陵トレラン1

きのう名古屋近郊の山に入って丸1日、久々にトレランをした際のレポートを、道すがらに撮った写真48枚とともに本日から4回に分けて掲載いたします。

今回走った地域は、愛知県の北部と岐阜県の県境地帯に広がる標高300~400メートルの「愛岐丘陵」と呼ばれる低山の森林地帯。
先月1日に走ったJR定光寺駅から「春日井三山」を経て内津(うつつ)峠に至る「東海自然歩道」の、続きに当たるコースが貫いている里山です。

私の自宅近くのJR中央線・鶴舞駅から約20分の高蔵寺駅で名鉄バスに乗り換えて、さらに約30分ほどで内津峠の直下にある終点の内津神社前に到着。
峠からは愛知・春日井市と岐阜・多治見市の県境を経て愛知・小牧市の北端をかすめ、犬山市の山懐に深く刻まれた渓谷に下りていきます。

自然歩道はそのまま渓谷の川が流れ込んでいる入鹿池の岸辺に出て(その対岸に「明治村」があります)、再び丘陵の中に入り、本日のゴール地点となった名鉄の駅がある犬山市善師野まで続きます。
しかし私はこのコースにプラスして渓谷の奥に分け入り「平成の名水百選」の1つである名瀑や、丘陵一帯の展望台となっている八曽山(327メートル)も訪ね、計30キロ近くを走って愛岐丘陵の魅力を満喫しました。

そしてレポート第1回の本日紹介する写真は名瀑・山伏の滝を経て八曾山の山頂近くまでに撮影した12枚。
ユニット交換式カメラの愛機・リコーGXRに、一眼レフと同様の大型の撮像素子と広角レンズを組み合わせた最新のユニットを装着して撮ったものが大半で、キレもボケも美しく、階調表現も豊かな、コンパクト機と一味違う描写も楽しんでいただけます。

BL1223愛岐丘陵1R1007936  BL1213愛岐丘陵13R1007928  BL1223愛岐丘陵3R1007947

午前8時半すぎという朝寝坊の私としては画期的に早い時間から走り始めたため、内津峠までの谷あいでは快晴なのに日差しが届かず、ウインドブレーカーを着込まなければならないほど。

江戸時代に街道の要所だったという内津峠は今や幹線道路の通過地点となり、昔の面影はありませんが、国道と高速を次々と渡った後にたどる尾根づたいの林道は、静かな雑木林の中に続いています。
斜めに差す木漏れ日はやわらかく、土と落ち葉の香りに包まれます。

目の高さの枝で逆光に輝いていた枯れ葉は、頭上にある別の木から落ちてきて枝に引っ掛かったもの(左)。

水たまりの中に映った青空は、本物の空よりもいっそう鮮やかに見えました(中央)。

やわらかな斜光は足元のシダの葉も美しく輝かせて、透けた葉と、その上に描かれる別の葉のシルエット、そして前後のボケもあしらって画面のデザインに凝ってみたくなります(右)。

BL1223愛岐丘陵4R1007953  BL1223愛岐丘陵5R1007955  BL1223愛岐丘陵6R1007965

一帯の森林は常緑の照葉樹と落葉樹が入り交じった雑木林と、針葉樹の植林地がまだら状になっています。
落葉樹が多いところは森の中の道が明るく、頭上では真っ青な空を背景に伸びた木々のこずえに残っている葉が数えられるほどでした(左)。

道の真ん中に生えた常緑樹の苗は、踏まれたようなあともありましたが、それでもしゃんと立っていて、目を引きました(中央)。
植物は一度根を張ると、自分では動くことができませんが、この苗は大きく育つことができるのでしょうか。

地面に敷きつめられた落ち葉に木の幹が並んで影を落としているところでは、影が起伏に沿ってカーブして、変化のあるデザインをつくりだしていました(右)。

BL1223愛岐丘陵7R1008017  BL1223愛岐丘陵8R1008006  BL1223愛岐丘陵9R1008015

尾根伝いの道は車の通らない未舗装の林道でしたが愛知県の春日井市、小牧市、犬山市、そして岐阜県の多治見市の4つの市の県・市境付近を過ぎると、山道を下って「五条川」の渓谷に下りていきます。
渓谷の一帯は自然休養林になっていて、谷川の合流点付近には夏場に開かれるキャンプ場があり、そこから東海自然歩道をしばし外れて谷沿いを登ると、平成の名水百選の1つ「山伏の滝」に達します。

落差10メートル以上、垂直よりも少し斜めの岩盤をなめて水が落ちる滝の眺めはなかなか壮観です(右)。

滝つぼ近くのしぶきに日が差すと、その部分だけ虹が現れて、風景にワンポイントがあしらわれます(中央)。

滝つぼの反対側の岸べには、落ち葉が表を向き裏を向いて、たゆたっていました(左)。

今回のトレランでは、愛機のリコーGXRに、35ミリ版カメラで焦点距離が28ミリ相当の広角レンズと、50ミリ相当の(接写ができる)マクロレンズのユニットを主に装着して撮影しましたが、山伏の滝では望遠が必要なことから、この3枚はレンズを望遠にできる高倍率ズームのユニットを使っています。

BL1223愛岐丘陵10R1007997  BL1223愛岐丘陵11R1008027  BL1223愛岐丘陵12R1008039

トレラン後に酒盛り

本日は久々に名古屋近郊の山に入り1日中、写真を撮りながら、ゆるゆるペースでトレランを楽しみました。

3日後に名古屋市内でハーフマラソンを走る予定で、真剣にタイムを狙えるレースなら直前に丸1日走るなど暴挙になるところですが、このところの練習不足を考えると、休眠状態に近い体を長い時間の運動に慣らしておいた方が得策だとも思ったのです。

常用しているカメラの1つで「ユニット交換式」のリコー「GXR」に装着する広角レンズのユニットを、このほど入手し、これの「筆おろし」も兼ねて道すがらに撮影した写真は約400枚。
心地よい疲労に包まれた体にむち打ってこの膨大な写真の選択・編集作業にかかるのはつらく、その作業は1日遅らせることにしました。

その代わりにアップするのが、トレラン後に心置きなく「食べて飲んで」した「独り酒盛り」の食卓です。

BL1223夕食1R1008290  BL1223夕食2R1008287  BL1223夕食3R1008295

お腹が減っているときに料理をすると、ついつい作りすぎてしまうもので、われながらみっともないと思ったのですが、とりあえず食卓に並べた料理などを披露いたします(中央)。

メーンはトレランの帰り、電車を乗り換える際に立ち寄った名古屋駅のデパ地下でゲットしたタコとムール貝。
いずれも地元産ではないものの国内産で、タコは無添加でボイルしたもの、ムール貝は生きていました。
ともにリーゾナブルな価格で、味も申し分ありませんでした。
名古屋のスーパーは、魚介類の質が東京に比べて「いまいち」なため、新鮮で珍しいものも並ぶデパ地下は意外な穴場で、野菜も豊富なうえ品によってはスーパーよりずっと元気で安いものを探せます。

このところ刺身を食べる際、錬ったワサビは美味しくないためにショウガを使っていましたが、本日は隣県の静岡から仕入れた大きな生ワサビが特価だったため、タコはすりたてのワサビでいただきました。
ムール貝はワイン蒸しが定番のようですが、料理のため取り置きのないワインを入手するのは本末転倒ですので、酒蒸しにしました。とはいえ料理用の日本酒の取り置きもなく、上等な酒を使ったのですが。

実は、このほかにもタイの頭など2匹分のアラを100円でゲットして煮付けましたが、写真を撮ったときには失念していて、手をつけるまでにも至らず、明日以降のおかずに繰り越しです。

サラダには、いつもながらのグリーンの野菜に、やはりデパ地下で特価だったミニトマトを加えました。
ドレッシングは、「見切り価格」の2個68円で10個も買い占めた大きなカボスの搾り汁と醤油だけ。
野菜の素材の味を楽しむには、オイルだの胡椒だのは入れないシンプルなドレッシングがベターですから。

コマツナのおひたしは、残り物に、これもデパ地下で特価の京都産の超元気の良い菜っ葉をプラス。
カボチャは長らく冷蔵庫に転がっていたものが、ようやく晴れて食卓に上りました。

みそ汁は、昨夜の鍋の残りに味噌を加え、別のデパ地下で昨日ゲットした巨大なナメコを放り込んだだけ。
ご飯は、トレランに持っていった、おにぎりの残りでした。

本日も晩酌用に一升瓶の日本酒を買い込みましたが、とりあえずいただいたのは昨日買った2種類。
そのうちの1つは岐阜県美濃加茂市(太田本町3丁目)の「御代櫻醸造」による「三丁目のにごり酒」。
醸造用アルコールが添加されていますが、火入れをしていない活性酒で、舌の先に快い刺激があります。
もろみが残っていますが甘すぎず若々しい味わい。ドロドロではなく適度な濃さで、食中酒にもなります。

もう1つは地元・愛知県設楽町の「関谷醸造」による「蓬萊泉 純米大吟醸 しぼりたて」。
これも生のまま蔵出しされた新しい酒で、濃厚な味わいと、新鮮なフルーツを思わせる香りが絶品です。

好きなものを好きなだけ美味しく「食べて飲んで」するのが、私にとって走ることの大きな理由です。
「こんなに買い込んで作って、独りだけでいただくのはもったいない」という思いもないわけではありませんが、それはそれとして、健康に「走って食べて飲んで」できることの幸せをかみしめた酒盛りでした。

トレランは、先だって走った東海自然歩道の「春日井三山」に続く内津(うつつ)峠から犬山市・善師野までのコースをたどり、その途中で愛知・岐阜県境に広がる丘陵の森を見渡す展望台のような山にも登りました。
トレランの報告は、新しいレンズのユニットが大活躍した写真とともに、できれば明日以降に掲載します。
どうぞ、ご期待ください。

師走のイルミネーション

本日は久々に出勤ランニングをしましたが、帰宅時には走る気分がわかず、途中までウオーキング。
その際に撮影した師走の街のイルミネーションの写真をアップいたします。

当初は新装オープンしたばかりの職場前の「社食」に2度目に行った際にいただいた「ジャンボエビフライ」を載せようかと思ったのですが、このメニューは「ハズレ」だったために掲載を見合わせました。
開店前にサンプルの写真を紹介していたことから、実際にいただいてどうだったかは報告すべきだろうと思いましたが、ハズレた食事まで紹介する気には、やはりなれません。

写真にしても、きれいでないものを「作品」にする方も世の中にはいないわけではありませんが、私はそうしたものを撮りたいと思ったり、見せたいと思ったりすることはありません。
ドキュメンタリーの写真では、戦争や暴力などの悲惨さを伝えるためにとして、目をそむけたくなるシーンを、わざわざ撮影する場合もあるようですが、これもまた私にはできるとは思えません。

ということで、東京ほどはきらびやかではないものの、それはそれで名古屋らしい街のイルミネーションです。

BL1222電飾1RIMG0614  BL1222電飾2RIMG0620  BL1222電飾3RIMG0632