FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

社食の新装オープン間近!

私の職場が入るビルを保有する関連会社の社食は、長らく改装と業者の交代のため閉まっていたのですが、20日に再びオープンすることになりました!

まる1日、外での休憩をとれなかったため、いよいよネタ切れ目前となった夕方、トイレ休憩に立ったところ、閉ざされていた社食のドアが開いていました。
そこで、わずか数分間だけオープン間近の店内を見せてもらうことができ、なんと本物の料理のサンプルまで撮るという幸運に恵まれ、貴重な「スクープ写真」をゲットしました!

1217新社食1RIMG0250  1217新社食2RIMG0240  1217新社食3RIMG0246

私の職場から廊下を隔てて向かい側にある社食は、改装工事の間、長らくほぼ閉ざされて、電動工具の音が響くだけで、改装後の姿は謎に包まれていました。

関連会社の掲示板には、工事中の写真が随時紹介されていて、内装が整えられていく様子を間接的に知ることはできましたが、それでも、肝心のメニューの内容や値段は分からないまま。
つい最近になって、廊下で立ち話をした関連会社の総務課の美女たちから「ラーメンは150円から180円になって30円値上げになるようですが、メニューの内容は充実するらしいですよ」という断片的な情報を得たにとどまっていました。

それが、ついに新装オープンまで3日を残すだけとなった本日、内側から紙を張って目隠しされていた入口のガラス戸に派手なポスターが張られる(中央)とともに日替わり料理の内容や値段、料理ごとのカロリーまで書き込んだメニューの一覧表が、職場にも張り出されたのです。

事前の情報通り、ラーメンは180円でしたが、100円の小ラーメンもあります。
名古屋名物・きしめんは姿を消していましたが、ラーメンは日替わりで「名古屋赤味噌ラーメン」が定番の1つとなり、赤味噌に舌が慣れてきた私の胸は期待にふくらみます。

知る人ぞ知る名古屋名物「台湾ラーメン」の文字も、さりげなく見えて、名古屋人の食生活についての事前の市場・嗜好調査は行き届いているもようです。

そして、新装オープンに向けた目玉メニューが「ジャンボエビフライ」。
サンプルを見ると、確かに、そこそこ大きな皿からはみ出しそうなほどに「でっかい」(右)。
かつて紹介した「まるは食堂」のエビフライの向こうを張るぐらいの堂々とした外観です。

後方に写った「ワンプレート」のジャンボエビフライの断面を見ると、衣も分厚そうではありますが、それでも、この特大エビフライの定食が420円というのは、やはり期待できそうです。

貴重なジャンボエビフライのスクープ写真をものにしたからにはピカピカに生まれ変わった内装も紹介したいものだと思いきや、やはり人のいない建物内部の写真はつまらないもの。
そこで、私をこっそり招き入れてくださった店の責任者と見える男性に登場してもらい、私たち同様に、期待に胸をふくらませている表情を見せていただきました(左)。

写真説明が後回しになっていた12日と16日に記事(「京懐石」と「いすみ5」)は、いずれもようやく完結しました。そちらも、のぞいてみてください。

スポンサーサイト