FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

韓服美女と旧正月

昨日の2月4日、韓国の旧正月「ソルラル」の雰囲気に触れることのできる「賀詞交換会」が韓国観光公社の名古屋支社に併設されている「コリアプラザ」で開かれ、職場の遅い昼休みを利用して出席。
あでやかな伝統衣装の「韓服」(チマ・チョゴリ)に身を包む美女たちに囲まれて、楽しい一時を過ごしました。

韓国の今年の旧正月は2月3日で、韓国の人たちはそれぞれ故郷の実家で家族と一緒に新年を祝います。
観光公社では3日には、一般の人たち向けの「ソルラル体験」イベントを開いていたことから、旅行代理店の関係者などを招く賀詞交換会は4日になったようです。

「あけましておめでとう」に当たる韓国の賀詞は「セヘ・ポン・マーニ・パドゥセヨ」。
直訳すれば「新しい年に、福をたくさん、お受けになってください」ですが、「今年は良いことがたくさんありますように」といったところでしょうか。

BL110204ソルラル1RIMG0906  BL110204ソルラル2RIMG0911  BL110204ソルラル3RIMG0912

そして、賀詞交換会に出て私がさっそく幸福を感じたのは、韓国女性や韓国語ペラペラの日本人女性など、あでやかな韓服で正装した美女ぞろいのスタッフに囲まれたこと(中央)。
いつもはラフな格好で観光公社を訪れ、ランニングウエアで現れることもある私が、珍しくジャケット姿だったことから、美女に「今日は決まってますね」と冷やかされましたが、自転車で乗りつけた私が履いていたのは反射材が光るトレラン用のシューズです。

会場でふるまわれていたのは、韓国のお正月で食べる餅などのお菓子(左)。
韓国語の餅は「トック」で、写真の中で左側にある黄色い餅は「ホバク(カボチャ)・トック」、その隣にあるのは「ムジゲ(虹)・トック」です。といっても、日本の餅よりは軽くふわっとした感じのお菓子でした。

「これもムジゲの模様なのよ」と説明してくれたスタッフの韓流美人の韓服は、袖が虹色の縞模様(右)。
ちなみに私のネクタイも、おめでたい感じの色使いですが、これはタイ人の友人からプレゼントしてもらった「シルク王」ジム・トンプソンのブランドものでした。

BL110204ソルラル4RIMG0914  BL110204ソルラル5RIMG0909  BL110204ソルラル6R1019021

観光公社の支社次長で、駆けっこ仲間の金容載(キム・ヨンジェ)さんも、男性用の韓服で正装(中央)。
「日ごろ走る時間がなかなかとれない」とぼやいていた金さんは、前週末にいきなり長い距離を走ってヒザを痛めてしまわれたとのこと。

「もう走れないかもしれません」と弱音をはいてられましたが、完全に治してから少しずつ距離を増やした方が良いとアドバイスさせてもらいました。
しばらく大会に一緒に出るのは難しいにしても、お酒は飲みましょうという約束もしましたが。

名古屋における韓国の旅行や文化に関する情報の発信基地となっているコリアプラザは地下鉄の伏見駅の近く、繁華街の錦(にしき)にあって、写真ですがヨン様も迎えてくれます(左)。

遅い時間から行った私は、皆さんと歓談しているうちに最後に近い客となって、残ったお菓子などをたくさん、お土産にいただくことになりました。まさに残りモノには福といったところです。
それらお菓子の大半は職場の同僚らに差し入れましたが、さらに残った、砕いた小豆をまぶした「シルトック(蒸し餅)」は、自宅でもいただきました(右)。

賀詞交換会のおかげで、旧正月のことを思い出すことができ、何人かの韓国の友人らに電話をして「今年は良いことがありますように」とあいさつし、「辰巳さんもね」と言ってもらいました。
でも待ってはいないで、ほんとうに良いことがあるように、ぼちぼち努力もしたいものだと思いました。

スポンサーサイト