FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

「ダブル写真展」ご紹介!

本日は東京・銀座のリコーフォトギャラリー RING CUBEで「走った!撮った!東京マラソン2010」の初日となり、私はこれから上京するところです。
今回の写真展は、ギャラリーのワンフロアを占拠して内外のマラソン12大会の写真123枚を一挙展示した昨年とは異なり、受付の通路わきにある「フォトスペース」で10枚だけを展示していただくもの。

こんなにささやかなイベントを、ネットや報道などで紹介していただくのも気が引けて、知人などへの声かけも控えめにしていましたが、それでも幾つか、ご紹介をしてくれる記事などを出してもらっています。

その1つが昨年の写真展で、のべ11日間の期間中、なんと毎日来場してくださったプレゼンコンシェルジュ天野暢子さんのブログ「日刊ノボちゃん」。
さすがにプレゼンの専門家だけに「辰巳郁雄ダブル写真展」とキャッチーなご自作のコピーをタイトルにして、15日付で詳しい紹介記事を掲載してくださいました。ありがとうございました!

BL110215ダブル写真展2R1019375  BL110215ダブル写真展1  BL110215ダブル写真展3R1019376

昨日、出張先の三重から職場に戻って来た際に驚いたのは、デスク前の事務椅子の上にどっかりと鎮座していた黄金色に輝く「一斗缶」。
なんとこれが、2月14日の日付指定でノボさんから届いていた「バレンタインのかりんとう」でした(左)。

そういえば一昨日の14日は三重で仕事関係など何人かの若い女性に会っていましたが、何もいただけず、その日がバレンタインだということすら完全に失念していました。
昨年の写真展はちょうど節分からバレンタインまでが開催の期間だったため、数え切れないほどいただいたチョコレートやお菓子の山に埋もれそうなほどになりましたが、今年はいつも通りの、そこそこに寂しい生活に戻っているというわけです。

そんな中でいただいた、かりんとう。見かけも立派なら、中身も立派(右)。
「白・黒(砂糖)」2種類の木の葉状で大ぶりなかりんとうが、大きなビニル袋にそれぞれ詰まっています。
そしてクリスピーな歯触りのかりんとうは、食品添加物が一切なしだけあって、素朴な味わいで、心が豊かになる感じがしました。もちろん、職場の仲間たちも一緒に食べてもらい、職場の空気もなごみました。

そして、そのノボさんは、本日からの写真展開催に合わせて、毎日つづってられるブログの昨日付の記事で、昨年の個展のDMなどに使ったニューヨークシティ・マラソンのボランティア少女「天使ちゃん」の写真を添えて今回の写真展を紹介してくれるとともに、明日から江東区・深川スポーツセンターで始まる「走った!撮った!世界のマラソン」東京編の再展示についても告知してくれました。

このほか昨日は毎日新聞の都内版で、やはり両方の写真展を紹介する写真付きの記事が、生活文化面のベテラン記者である節子さんの署名入りで掲載されました。ありがとうございました!
残念ながら今のところ紙面は手元にありませんが、記事のみはウェブで見ることができます。
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20110215ddlk13040248000c.html

また東京のイベント情報などを日英両国語で紹介するサイト「タイムアウト東京」でも昨日から、複数の写真付きで銀座の写真展の情報が紹介されています。お世話になります!
http://www.timeout.jp/ja/tokyo/event/1294

もちろんもちろん、このほかにも、多くの知人らがブログやツイッターで写真展の紹介をしてくれています。
みなさん、ほんとうに、重ねがさね、ありがとうございます!!!

スポンサーサイト