FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

桜・願い

福島第1原発からの放射性物質の「たれ流し」による環境の汚染が、あまりに深刻で気が滅入る毎日です。
震災関係の情報に塗りつぶされたニュースからは目が離せないと同時に、目を背けたくもなります。
落ち込むような世の中の空気に浸っていると、日本中が鬱病かPTSDのような状態になりそうな気もします。

数字が並ぶ暗いニュースが毎日のように流れるのは、前の天皇が崩御する前の期間以来でしょうか。
あのときは連日、報じられる血圧や体温の数字を理解することができましたが、今は放射線の量などを表す数字が、目に見えない放射能と同様に、私たちにはなじみがなく、分かりにくいものです。
「基準値の何倍」と言われると何となく理解できるような気がしても、ついに数百万倍という数字まで出てきてしまうと、極めて問題だとは分かっても、その深刻さが想像を絶していて、感覚がマヒしてきます。

それでも情報を発表する側、それを伝える側としては冷静さを失うわけにはいかず、ウソを言っているのではないにしても、深刻すぎる現状や見通しをストレートに出しきれていないようです。
明らかな情報の操作をして、ウソをたれ流していた戦時中の「大本営発表」と比較するのは、無茶なことなのですが、数字は並び客観的ではあるものの、ほとんどの人が実感を持って理解できない情報が流れ続ける状態というのは、やはり何か違う感じがします。世の中が、それだけ非常事態だからなのですが。

被災地から遠い名古屋に暮らして、何食わぬ顔で走り続けるなど、日常を失わないようにしようと思っている私も、実は肝っ玉の小さい人間のようで、さすがに昨日からは実際に胃が痛くなってきました。
本日の遅い昼休みにも食欲がわきませんでしたが、テレビがそばにあるうえに、原発関連のニュース速報がリアルタイムで流れる職場に居続ける気にもならず、外に出ることにしました。

向かった先は、職場の近くにある東照宮と那古野神社という隣り合わせになった2つの神社。
那古野神社は以前も紹介しましたが、桜の名所と聞く東照宮を紹介するには、この時期だと思ったからです。
それにまた、こんなときに元気を出すには自然のポジティブな生命力に触れるのが一番だと思いますので。

そして、オフィス街の外れにある2つの神社で見た桜の花は、実に見事で目を奪われるほどでした。
2つの神社は、まさに桜によって力を増強したパワースポットという感じで、私は写真を撮りながら、いずれもこぢんまりとした2つの境内を行き来しているうちに、食事をすることも忘れてしまいました。
(仕事の関係から昼休み時間が短かったため、帰社後にデスクで出前の食事をとることになりました。)

というわけで、前置きが長くなりましたが、2つの神社で撮影した桜の写真6枚を掲載します。
自然のパワーを、少しでも伝えることができればと願いながら。
説明は、なくもがなですが、追って可能であれば加えることにします。

BL110405東照宮・那古野神社1RIMG0167  BL110405東照宮・那古野神社2RIMG0184  BL110405東照宮・那古野神社3RIMG0193

BL110405東照宮・那古野神社4RIMG0216  BL110405東照宮・那古野神社5RIMG0234  BL110405東照宮・那古野神社6RIMG0204

スポンサーサイト