FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

猫はやめられない

本日は梅雨が明けたということで、早起きして中央アルプスの盟主で日本百名山の1つである木曽駒ヶ岳にスローなトレランをしに行きました。

しかし、写真展の疲れと、このところの運動不足がたたって調子はいまひとつ。
おまけに雷雨にたたられたこともあって、下りはロープウェイを利用して楽をしてしまいました。
とはいうものの、写真は300枚以上も撮影していて、選択・編集にかかる元気はありません。

そこで、木曽駒ヶ岳のトレラン報告は明日以降にして、昨日撮影した写真でお茶を濁すことにします。
タイトルからお分かりの通り、埋め草となる被写体は今回も愛猫のチーコです。

(この記事を含めて、このページの掲載写真のうちかなりの部分のアイコンが消失しています。
サーバーのトラブルと思われますが、アイコンがあった場所をクリックすると大きな画像は現れます。
このままで復旧しない場合は、11日夜に写真の再アップロードをするなどで復旧を図りたいと思います。)

BL110709チーコ1  BL110709チーコ2  BL110709チーコ3

実のところチーコを撮影したのは、昨日掲載した写真展でいただいたプレゼントの写真を撮った後です。
正確に言えば、まだ途中のつもりでしたが、突然チーコがじゃましに入って、被写体が入れ替わったのです。

プレゼントを並べて写真を撮っていたのは食事をした後のテーブル。
チーコには、しつけらしいしつけはできていませんが、そんなチーコでも食事中にテーブルに乗ってくるようなはしたないことはしません。
(とはいえ私が食事をするときは「独りだけ食べるな」という意味らしく、私の足をかんで、鰹節などのオヤツをおねだりするのですが。)

でも昨日は、食事を終えた私が何やら並べているのが気になってか、チーコはジャンプをきめてテーブルの上に現れました(中央)。

ちょうどプレゼントの一番前に並べていたのが、「だから猫はやめられない」という本。
バレエ講師の植野元子さんにいただいた、ナンセンスとユーモアが詰まった漫画の絵本です。
ちなみに「やめられない」の主語は猫ではなくて、作者のクリーバンさんで、猫が大好きだという意味。
私の場合、愛猫のチーコとは、いわば運命共同体の関係で、単に「やめるにやめられない」のですが。

しかしチーコが興味を示したのは猫の本なんかじゃなくて、写真展に来場してくれた智美さんからいただいた走る人の切り絵でした。

チーコは、私がプレゼントの写真撮影をあきらめた後も、しばらくテーブルを占領していました(左、右)。
「しょうがないなあ」と思いながらカメラを向けると、小憎らしいチーコの顔は、それでも憎めません。

ということで、これが私の「だから猫はやめられない」でした。

スポンサーサイト