“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

全記事表示リンク

おんたけスカイレース2

今月28日に木曽御嶽山を舞台に開かれた「おんたけスカイレース」の報告を再開します。
制限時間を、ほぼいっぱい使って楽しんだレースでは、何度も降った雨にもかかわらず100枚近くの写真を撮っていました。そのうちの36枚を本日から3回にわたって掲載します。

BL110828おんたけスカイ2-1RIMG0012  BL110828おんたけスカイ2-2RIMG0015  BL110828おんたけスカイ2-3RIMG0017

おんたけスカイレースは、御嶽山の南麓にある王滝村の中心部から標高差2000メートル余りを、最高峰の剣ヶ峰まで一気に登り、広い山頂部に点在する幾つかの池を巡った後、下山してくるコースで行われました。

午前7時のスタート前、会場では地元・御嶽神社の宮司さんがランナーらに向かってお祓いをしました。
古くから信仰の山で、今でも信仰のための登山をする互助組織「御嶽講」の人たちが大勢、白装束で訪れる御嶽山に登るレースらしい儀式で、身の引き締まる思いがします(左)。

号砲とともに参加した男女合わせて約500人のランナーが一世にスタート(中央)。
非常時に供えてヘッドライトと水1リットル以上の携帯が義務づけられ、途中の給水所では基本的に食べ物が配られないことから、ほとんどのランナーが水や行動食、それに防寒具などを詰めたバックパックを担いで走ります。

スタートした後しばらくは町並みを抜けて舗装路を登るため、コースわきには村の人たちが繰り出して声援を送ってくれます(右)。

BL110828おんたけスカイ2-4RIMG0019  BL110828おんたけスカイ2-5RIMG0021  BL110828おんたけスカイ2-6RIMG0026

沿道に建つ木造家屋の2階ベランダから、応援してくれるお母さんと娘さんの姿もありました(左)。
足を止めてカメラを向けると「えらい余裕ですねえ」と、お母さんにあきれられました。

ワンちゃんと一緒に応援してくれるご家族の写真を撮ろうとすると、ワンちゃんは私に向かってダッシュをしてきました(中央)。

5キロほど登ると舗装路を外れて谷沿いの林道に入り、いよいよトレイルランの始まりです。
前夜にたっぷり雨が降ったとあって、途中で流れを横切る地点では、飛び石づたいに渡ります(右)。
ここの手前でしばし渋滞となりましたが、既に脚がきつくなっていた私としては、待ち時間にひと息つくことができて、ありがたく感じました。

BL110828おんたけスカイ2-7RIMG0032  BL110828おんたけスカイ2-8RIMG0031  BL110828おんたけスカイ2-9RIMG0035

林道に続く山道を過ぎると、御嶽山の中腹に造成された「おんたけ2240」というスキー場のゲレンデに草を倒してつくられた道をたどります。

スキー場の入り口には給水所が設けられていますが、事前の説明通り、置いてあるのは水だけ(左)。
それでも背中に担いだ「ハイドレーションシステム」(チューブで水を吸う水筒)の水を温存するために何杯もいただきました。

ここからはスキーのストックのようなポールを使うことが許され、細い折り畳み式のポールを担いできた私は両手にポールを握って、クロスカントリースキーのような要領で「四つ脚」で進みました。
脚が疲れ斜面も急になってきたことから、既に歩くよりも速く走ることができなくなって(そういうことがあるものです)、多くのランナーのあゆみは「早歩き」に変わっています(中央、右)。

ポールを持っているランナーは少数派ではあるものの、早歩きするには2本のポールを持っている方がずっと有利だと思いますが、かといって前のランナーを抜くことはあまりできません。
このレースは標高差が約1.5ある富士登山競走よりも楽であるように思い、甘く見ていたようですが、去年の富士登山前に積んだ猛練習と、さほど追い込まずに何度かの山行きを楽しんだだけの今年の練習とでは、雲泥の差があります。

筋力・瞬発力がずっと勝る若い人たちに比べて、私のようなオジサンは山のレースでは、ただでさえ格段に不利だというのに、きちんと準備をしないで臨むのでは、思うように進まないのは当たり前です。
結局のところ、この後もなかなかスピードを上げることができず、なんとなく「楽勝」だと思っていた制限時間の11時間を、たっぷり使って長い山旅をすることになりました。

BL110828おんたけスカイ2-10RIMG0042  BL110828おんたけスカイ2-11RIMG0040  BL110828おんたけスカイ2-12RIMG0043

そして富士山では5合目に当たる一般登山者にとってのスタート地点で、標高約2200メートルの田の原にたどり着いたころには、私は相当にバテてしまっていました。
7月下旬に駆けっこ仲間で中学高校の同級生でもあるジダンさんと御嶽山に来たときには、この田の原から登っただけでもかなりヘトヘトになったことを思い出すと、先が思いやられました。

その田の原で元気づけてもらったのは若い女性ボランティアの笑顔(左)。
そして、お子さんを抱きながらフルーツなどを配ってくれていたミニ「私設エイド」のお母さん(右)。
この赤くて大きなスモモ1個を皮ごといただくと、疲れが薄まるような気がしました。

スポンサーサイト

「走った!撮った!OSAKA」開催へ

10月20日から26日までオリンパスギャラリー大阪で開催する「走った!撮った!世界のマラソン OSAKA」の告知記事がギャラリーのウェブサイトに掲載されましたので、転載します。
また間もなく出来上がる予定のDM(ダイレクトメール)のデザインも、一足先に紹介いたします。

BL110827オリンパス1  BL110827オリンパス2  BL110827オリンパス3

「走った!撮った!世界のマラソン OSAKA」は、昨年2月に銀座のリコーフォトギャラリー「RING CUBE」で開かれた「世界のマラソン」の、パワーアップ版。
前回の写真展の後に走った東京マラソンや、おきなわマラソンの新しい写真を加えるとともに、新たに走った大会として紹介するのが昨年4月のパリマラソンで、サイトやDMで使われた写真も、パリで撮影した応援の若いカップルです。

真っ赤な応援ボードにピンクの傘がパリらしくお洒落で、男女も美男美女ぞろい。
走っているランナーは写っていませんが、ボードには「行け」の文字とともに走る人の絵が小さく描かれ、良く見るとマラソンの写真であることが分かります。

この写真を使おうと勧めてくれたうえDMのデザインを手掛けてくれたは、今回も駆けっこ中間で敏腕デザイナーの金森尚さん。
先だって紹介した「いすみ健康マラソン」のフライヤー(ちらし)のデザインも、実は金森さんが引き受けてくれました。

アンニョン金容載さん

韓国観光公社名古屋支社の次長で、駆けっこ仲間の金容載(キム・ヨンジェ)さんが転勤のため、今月限りで本国に戻られることになり、今夜は盛大な送別会が開かれました。

BL110829金容載氏送別会1P1010142  BL110829金容載氏送別会2P1010140  BL110829金容載氏送別会3P1010167

送別会の会場に集まったのは、金容載が仕事などで知り合われた名古屋の観光・行政関係者を中心とする約50人。
バリバリと仕事をこなすうえ、ひょうきんでキュートなキャラクターで、誰からも好かれる金容載さんのお人柄をあらためて示すような盛大な宴となりました。

金容載さんが出席者から贈られた記念品は、頭から足までに着けるスポーツウエアの一式(左など)。
ランニングや山登りが好きでいながら仕事の忙しさから、なかなか時間がとれなかったという金さんに帰国を機に本格的なトレーニングをしてもらおうという気持ちを込めて贈られたもので、金さんはさっそく会場で着替えて、テーブルの間を巡り歩いてられました。

その間に撮ってもらったのは、金容載さんとのツーショット(中央)。
ついつい熱い抱擁をしてしまいましたが、これは熱い愛情の表現であるとともに、スキンシップを大事にする韓国風の振る舞いでもあります。

そして名残惜しく感じながらも楽しい宴が、お開きになるころ、撮影させてもらったのが韓国観光公社名古屋支社のスタッフ一同(右)。
前列の右端が金世満(キム・セマン)支社長。
金容載さんの左右は新次長の崔喜相(チェ・ヒサン)さんと韓流美人の白(ペク)へジン課長。
そして後列は、全員が韓国語ペラペラで美人ぞろいの日本人スタッフの(左から)綾夏さん、沙織さん、そして和代さんでした。

金容載さんはソウルに戻られますが、これでソウルに行く際に訪ねる友人が1人増えたということ。
支社の皆さまには、企画を検討していただいている私の写真展「走った!撮った!韓流マラソン」や、やはり私が言い出しっぺになって企画が進もうとしている「漢拏山登山競走」などで、今後ともお世話になります。
この場を借りて「チャール・プータッ・カゲッスムニダ(今後とも、よろしくお願いします)!」

おんたけスカイレース1

木曽御嶽山に麓の大滝村から往復するトレイルランニングの大会「おんたけスカイレース」に本日出場して、なんとか完走してきました。

朝の4時過ぎに起床して7時にスタート。制限時間の11時間をほぼ、いっぱいに使って楽しんだ後、温泉に寄り道して夜中に帰宅するという長い1日。
レース中に撮影した写真を整理する余裕はありませんがスタート前とゴール後、そして下山前に頂上直下で撮ってもらった写真を、とりあえず掲載します。

おんたけスカイ1-1RIMG0002  おんたけスカイ1-2P1020129  おんたけスカイ1-3RIMG0089

おんたけ入り

明日、木曽御嶽山で開かれる「おんたけスカイレース」に出場するため本日は現地に入りました。

おんたけスカイレースは、ふもとの王滝村から御嶽山に登り、さらに広大な山頂部分をぐるりと1周して下りてくる約40キロ、制限時間は11時間におよぶハードなレースです。
それに備えて、本日の記事は手短かにします。

BL110227おんたけ1R0016032  BL110227おんたけ2R0016046  BL110227おんたけ3R0016044

写真の1枚目は、愛車ジムコを飛ばして名古屋から王滝村に来る途中で立ち寄った中山道の上松宿に近い木曽川にある名勝「寝覚の床(ねざめのとこ)」(左)。
JR中央本線も、すぐ近くを通りますが、川まで下りて見るのは初めてでした。

ここは竜宮城から戻ってきた浦島太郎が全国を旅した末、景色の美しさにひかれて住むようになり、この岩の上で昔を思い出して玉手箱を開いたところ300歳の老人に」なった-という「浦島伝説」のあるところ。

竜宮城のような華やかな暮らしとは無縁であるものの、自分の年齢を無視して遊び歩いている私はときおり、自分のことが浦島太郎のように思えることがあります。
しかし、玉手箱を開けるまでの暮らしだって虚構ではなく現実世界なのだと思います。

玉手箱を開くかどうかは自分が決めることですし、玉手箱を開いて、ネガティブな意味で自分の「年齢なり」になることに甘んじるまでは、実際にはずっと若いままでいられるように思うわけです。
ムシが良いようですが、人との出会いに(相手が男女にかかわらず)心ときめいたり、新しい物事に取り組むことを楽しんだりする気持ちを持てるうちは、身体は多少くたびれてきても、まだまだ玉手箱を開けないで済むのではないかと自分に言い聞かせています。

おんたけスカイレースのメーン会場である大滝村のスポーツ公園では、ナンバーカードをピックアップした後、前夜祭が開かれて、私はコーラで乾杯(右)。

会場では、私が所属する明走会の支部「関西明走会」のメンバーで大阪から来た、ゆきてぃさんと俊彰さんに会いました(中央)。
静岡で英語教員をしている友人のマイクさんとトレバーさんは、少し離れた場所で、テントを張って泊まっていて前夜祭に参加せず、前夜祭が終わったときには暗くなったうえ雨も降ってきたことから、明日の朝に会場で会うことにしました。