FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

御嶽山トレラン5

駆けっこ仲間のMさんが雲取山でのトレラン中に遭難して命を落とした先月24日、旧友のジダンさんと一緒に出かけていた木曽御嶽山でのトレランの報告は、ようやく最終回を迎えました。

あの日以来2週間、現地に赴くなどして遭難についての報告を6回にわたり書かせてもらい、御嶽山の報告は本日が5回目。長々と続けた7月24日についての記事は、これでひとまず一段落します。

もちろんMさんの遭難について調べること知りたいことは、まだまだありますが、それは来週以降にします。
本日は、静岡の沼津で明日開かれるトライアスロンに仲間と参加するため、これから現地に向かいます。
Mさんのことを思うと気持ちが晴れないままなのに、もう大会に出るなんて不謹慎なようにも感じるのですが、月並みな言い方ではあるものの、彼女の分まで楽しむことができればと思っています。

御嶽山の記事は、これまでも写真掲載だけにとどまり、記事はほとんど書いていませんが、これは宿題です。
今回もまた、写真のみ12枚をまず掲載します。

中腹のバス停を午後4時50分に出るバスを目指し、もう100%間に合うことが分かった4時ごろ、それでも走り続けるジダンさんから遅れ、マイペースに切り替えて撮ったナナカマドの落ち葉などの写真。
そして、ふもとの木曽福島に着き、駅から10分ほど歩いて、宿場町の趣を残し再現した町を抜けて、温泉の風呂を借りた旅館まで往復する間に撮った写真です。

撮影時刻を見ると、ちょうど私たちがぬくぬくと温泉につかっているその時分、Mさんの悲劇が起きました。
雲取山のふもとより西にある木曽福島は同時刻でも少し明るいはずですが、それでも夕闇は迫っています。
事故現場となった樹林帯の谷間は、やはり、とっぷりと暗くなっていたのでしょう。
あのとき、そしてあのときまで、何もすることができなかった自分が、悔やまれるばかりです。

今回の写真は、ご覧のように地味なものですし、これまでに紹介した写真もまたジダンさんを追いかけながら速攻で撮ったものばかりで、満足する出来のものは多くありませんが、これらの花や草木、そして山の写真をMさんに捧げたいと思っています。

BL110724御嶽山5-1R0014305  BL110724御嶽山5-2R0014296  BL110724御嶽山5-3R0014302

BL110724御嶽山5-4R0014299  BL110724御嶽山5-5R0014312  BL110724御嶽山5-6R0014331

BL110724御嶽山5-7R0014345  BL110724御嶽山5-8R0014339  BL110724御嶽山5-9R0014353

BL110724御嶽山5-10R0014366  BL110724御嶽山5-11R0014377  BL110724御嶽山5-12R0014371

スポンサーサイト