FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

「走った!撮った!夢舞い2011」7

昨日から掲載を再開した「走った!撮った!東京夢舞いマラソン」は本日が7回目。
今回も写真15枚を一挙、掲載します。

掲載する写真は、コースの22キロ過ぎの隅田公園に設けられた2カ所目の給水所から、今年もハイライトとなった東京スカイツリーの周辺を経て、29キロ近くの御徒町までに撮ったものです。

もしかすると気づかれている方もいると思いますが、「走った!撮った!夢舞い」では、大会当日・10月9日付けの記事で掲載した写真のうち、これまでで2枚を再び掲載しています。
「走った!撮った!」のカテゴリーに入って、まとめて記事を見る際に、写真の出来やストーリーの流れの上で加えておきたいカットだからです(この後も、最終回でもう1枚、同様に再掲載する写真があります)。

その中の1枚が、スカイツリー近くで食事をしに入った、そば屋さんの店内の写真。
写真に写っているのは、韓国のコチャンからゲストとして走りに来てくれた原始人スタイルのランナー4人と、私と一緒に韓国ランナーのアテンドを買って出てくれた「韓国語ジャーナル」編集長でウルトラランナーの暢子さん(途中の会話は、私よりもずっと韓国語が流ちょうな暢子さんがしてくれたため、こうして数多くの写真を心置きなく撮ることができました)。

実は、途中で休憩や食事もしながら、のんびり走れる夢舞いならではの楽しみを満喫しようと、そば屋さんでどっかりと座り込んだのですが、とても美味しいそばが出されるまでの時間が、まさに「そば屋の出前」的に、のんびりしていたことから、食事後にコースに出てみると、既にランナーは1人もいなかったのです。

あわてて案内の地図に併記してあった、最終ランナーを追い立てる「しんがり隊(スイーパー)」の通過時間を見ると、しばらく前に過ぎていました。
そこで私たちが講じた策は、これまたショートカットも許される夢舞いならではの流儀に従う格好で、タクシーに乗って先行くランナーに追い着くという作戦。

6人のうち私を含む4人は約2キロを、残る2人は約3キロをショートカットしたうえで、その後ピッチを上げて、見事しんがり隊にも追い着いて、何事もなかったかのように再びゴールを目指しました。

肝心のスカイツリーの写真が少ししかないこと、やはりコースの要の1つである浅草・雷門の写真も記念写真が1枚あるだけであることの理由は、そうしたハプニングだったのです。

BL111009夢舞い7-1RIMG0393  BL111009夢舞い7-2RIMG0394  BL111009夢舞い7-3RIMG0404

BL111009夢舞い7-5RIMG0398  BL111009夢舞い7-6RIMG0408  BL111009夢舞い7-4RIMG0407

BL111009夢舞い7-7RIMG0411  BL111009夢舞い7-8RIMG0416  BL111009夢舞い7-9RIMG0415

BL111009夢舞い7-10RIMG0422  BL111009夢舞い7-11RIMG0431  BL111009夢舞い7-12RIMG0424

BL111009夢舞い7-13RIMG0435  BL111009夢舞い7-14RIMG0432  BL111009夢舞い7-15RIMG0438

スポンサーサイト