FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

金沢で早朝ジョグ

昨日から1泊の出張で金沢に来ていた私は早朝、金沢城の周囲や兼六園などをジョギングしました。

私は両親が石川県の出身で、大学浪人時代、金沢に住んでいた叔母の家に居候をしたこともあることから、この北陸の小京都は懐かしい街。
今朝のジョギングは距離も時間も短いものでしたが、私は昔の思い出もたどりながら、秋が深まる曇天の街を、「センチメンタル・ランニング」しました。

この記事を書くのに先立ち、その叔母宅に居候したころの昔話を、10月25日付の記事に書き加えました。
かなり前のページになりますので、同じブログ内ではありますが、記事のアドレスを以下に添付します。
http://marathoncameraman.blog12.fc2.com/blog-entry-743.html

BL111130金沢3R9298482  BL111130金沢1R9298480  BL111130金沢2R9298475

宿泊先のホテルを出て、まず立ち寄ったのは金沢一の繁華街・香林坊の近くにある尾山神社(左)。
ここは「加賀(藩)百万石」の基礎を築いた戦国武将・前田利家を祭る神社で、兼六園と並ぶ金沢のシンボルとされています。

尾山神社の境内にあって、最も目を引くのが、参道の石段を登ったところにそびえる「神門」(右)。
明治時代、和漢用の3つの様式を混合して建造された3層の建築物で、一番上の第3層目の窓の部分は、なんと「ギヤマン(ガラス)張り」の、いわゆるステンドグラスです。

伯母の家に居候していた際、本日と同じように名古屋城の周囲をジョギングした際にも、このステンドグラスを見上げては、色とりどりのガラスが光に透けて見えるのを楽しみました(中央)。
今朝はあいにくの曇天でしたが、それでも本殿側から神門を見るとステンドグラスからは虹色の光が放たれ、窓の上の壁には、前田家の家紋である梅の模様が、金色のレリーフであしらわれていました。

BL111130金沢4R9298501  BL111130金沢5R9298504  BL111130金沢6R9298496

次に向かったのは「日本三名園」の1つに数えられている「兼六園」。
江戸時代に加賀藩主の庭園として造成された、この名園も、私はこれまで何度となく訪れています。
しかし冬場に訪れる機会は逸していて、冬の風物詩であり、積雪に備えて樹木の枝を傘状に張った縄で補強する「雪吊り」を見逃していたため、この雪吊りを見に行くのが、二日酔いをおして早朝ジョギングを敢行した大きな理由でした。

しかし、初めに立ち寄った兼六園の門は午前8時の開園前とあって、閉ざされていました。
がっかりしながらも、外からでも雪吊りが見られればと思って次の門まで来たところ、開園の準備をしていた入場券売り場の女性は「今なら入れますよ。あまり時間はありませんが」と私を園内に招き入れてくれました。

実はこの兼六園、入園は基本的に有料ですが、地元の市民らがウオーキングを楽しむため、開園前の早朝には無料で開放されているとのこと。
なぜか「走らないで、歩いてくださいね」と言われましたが、それでもなかなか粋な計らいで、新宿御苑や浜離宮、明治神宮など、東京にある巨大な緑地公園がことごとく有料で、開園時間に制限が設けられているのとは対照的です。

皇居の庭園をはじめ、広い公園の多くが、もっと広く開放されるようになれば、皇居の外周ばかりがランナーで混雑するという状況も緩和されて、より多くの都民らが、もっと健康な生活を享受できるはずだ-という私の持論を、ついつい脱線して、ひけらかしてしまいたくなりました。

ともあれ、私は速歩で兼六園の中に入り、傘のような幾何学模様が並んで、フランスのアーティスト・クリストの屋外美術作品のようにも見える雪吊りの景色を楽しむことができました(右)。

兼六園の中央部にある「霞ヶ池」のほとりには、琵琶湖畔から種子を取り寄せて育てられたという園内で最も立派なクロマツの「唐崎松(からさきまつ)」も雪吊りを施され(左)、池の水面には黄色やオレンジの落ち葉が金沢名物の伝統和菓子のような繊細な模様を描いていました(中央)。

BL111130金沢7R9298506 BL111130金沢8R9298517 BL111130金沢9R9298512 BL111130金沢10R9298519

スポンサーサイト