FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

トラ部ダブルお祝い

本日は私が所属する明走会の忘年会が東京で開かれ、それに先だって「大田区ロードレース」で10キロの部を走るため、これから上京するところですが、3日前に上京した際に出席した明走会の分科会である「トライアスロン部」の忘年会の様子を、本日のネタとしてアップしていきます。

「トラ部」の忘年会では、各メンバーによる今年の大会参加の報告や来年に向けた抱負の発表、新人部員の紹介などが行われ、私は「写真班」として少なくない枚数の写真を撮らせていただきましたが、本日掲載するのは、そのうち、最近お祝いごとのあった女性部員2人の写真が中心です。

BL111215トラ部忘年会1R0018870  BL111215トラ部忘年会2R0018877  BL111215トラ部忘年会3R0018868

お祝い事のあった女性2人のうち、年功序列で最初に紹介するのは超ウルトラランナーの、お富さん。
お誕生日ケーキの写真(右)をご覧になれば分かるように、このたび、なんと還暦を迎えられました。

この日の忘年会に参加した女性部員4人のうち、もう1人のシニアグループ部員の奈津子さんから送られたプレゼントはクリスマスシーズンらしく緑の包装紙に緑と赤のリボンが飾られた小さな箱(左)。

その中から出てきたのは、赤いチャンチャンコならぬ、白い水玉の真っ赤なパンティーでした(中央)。

明走会の重鎮であり東京夢舞いマラソン実行委員会の事務局次長を務められるお富さんは、数々のウルトラマラソンを完走されてきましたが、2年ほど前に東京から新潟までの520キロを走る日本横断「川の道」フットレースに出場した際、惜しくも500キロ地点で力尽きたうえにヒザを故障されて、その後は長いリハビリ生活を続けてられます。

このところトライアスロンに挑戦されているのも、ヒザに負担をかけないスイムやバイク(自転車)で、ラン以外の方法で鍛える「クロストレーニング」で体力の維持を図られているからでもあります。
そうした貪欲で不屈の精神を保ってられる限り、還暦を過ぎたからといっても、くたびれることなどなく、来年は必ず完全復帰されて、長い距離のランニングも再開されることだと信じています。

BL111215トラ部忘年会4R9299490  BL111215トラ部忘年会5R9299501  BL111215トラ部忘年会6R0018909

そして、お祝い事のあったもう1人は、若手でスイマー出身の新人部員である紋ちゃん(中央)。
このたび、おめでたく結婚・入籍を果たされました。

今年8月に静岡県沼津市で開かれた短い距離のトライアスロン大会に初出場した紋ちゃんは、最初の種目であるスイムで、並み居るトライアスロン部員の猛者らを尻目にトップで泳ぎ鮮烈なデビューを飾られました。
ご結婚のお相手は、残念ながら明走会のメンバーではありませんが、沼津でのデビュー戦では、その彼氏が応援に駆けつけられ、お2人は近くゴールインしそうな雰囲気を醸されていました。

忘年会ではクリスマスを前にメンバー全員にミニプレゼントが用意され、私は光栄にも紋ちゃんからプレゼントを手渡してもらいました(左)。

会のラストには、参加者全員が並んで記念撮影(右)。
ご覧のように、それぞれがサンタ帽などをかぶって、一足早いクリスマス気分で集った宴でした。

スポンサーサイト