FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

那古野神社・大須

本日も外は良く晴れていたようですが、私は日がな一日、自宅に引きこもっていました。
走りたいのもヤマヤマでしたが、この間、さんざん走って遊んだツケがついに回ってきて、本日ばかりは16日からの「韓流写真展」のプリント作業にかからざるを得なくなったのです。
まあ、これもまた遊びといえば遊びなのですが。

それに、年が明けてからも元旦以外は毎日走り続けた結果、昨日まで7日間の走行距離は(実質は6日間で)80キロを超えて、ちょっと頑張りすぎかもしれないと思ったからでもあります。
あまり急に練習量を増やしては、故障するリスクが大きくなりますので、ここは1日ぐらい休養日を挟んだ方が良いのではないかとも考えたというわけです。

そこでカメラに入っていたSDカードから引っ張り出してきたのは、今月4日に撮った写真7枚です。
この日は正月休暇中でしたが、会社にちょっとした用事があって出かけなければならず、夕方に往復の約9キロを走り、行きは会社近くの那古野(なごや)神社に、帰りには自宅からさほど遠くない大須(おおす)観音に立ち寄って、2日、3日に続いて初詣三昧をしたのです。

こんなに神社仏閣ばかりを巡っていては神さま仏さま同士がケンカしてしまいそうな気もするのですが、まあこんなことは年明けぐらいにしかしないわけですし、お許しいただこうと思います。
というわけで、ご覧いただくみなさまも、初詣の写真ばかりを見せられて食傷気味かとも思いますが、やはり年明けということで、ご勘弁ください。

BL120104那古野神社1R0019548  BL120104那古野神社2R0019545  BL120104那古野神社3R0019550

夕方近くに着いた那古野神社では、本殿の正面に真新しいしめ縄が張られ、やはり真新しく見える提灯にはあかりがともっていました(中央)。

お守りの売り場では、巫女さん姿の女の子が2人、大きな花のついたかんざしを着けて参拝客の応対をしていましたが、ちょうど仕事が終わる時間だったようで、1人がまず奥に引っ込んでしまい、あわててもう1人の子を撮らせてもらいました(左)。
ただ、手持ちのカメラは広角レンズのみのGRDで、とっさに近寄ることができず、開運祈願の熊手を手前に撮し込むことにしました。

境内では宮司らがたき火をされていて、その中には昨年のものとみられる破魔矢がくべられていました(右)。

BL120104大須1R0019553 BL120104大須2R0019570 BL120104大須3R0019575 BL120104大須4R0019578

大須観音の境内には何本ものノボリが立てられていて、見上げると、その先に月が輝いていました(左)。

ここもやはり多くの初詣客が訪れていて、大きな赤い提灯が軒下につるされた本堂でお参りを済ませ、写真を撮って行こうとキョロキョロしていると、外国人の美人の女性2人を見かけました。
話されているのはタイ語のようでしたので、「タイの方ですね」と声をかけたところ、持ってられた携帯電話で写真を撮って欲しいと頼まれ、ついでに私も撮らせてもらいました(中央左)。

カンボジアに1年余り住んでいた私は、そのときを含めてタイにも合わせて1カ月以上は滞在しています。
会社の現地スタッフの父上が亡くなった際、お葬式に参列したり、友人の女性と散歩した際にバンコクの寺で1時間ほど、お参りをしながら座るのにおつき合いしたこともあって、カンボジアと同じくタイも、日本とは比べものにならないくらい仏教が生活に根付いているのを目の当たりにしてきました。

それだけに、お正月やお葬式のときにだけ、にわかにナンチャッテ仏教徒になる日本人のことをタイの人たちはどんなふうに見ているのか気になるところですが、さすがに初対面の人たちに、そんなことを聞くのははばかられました。

境内の鐘楼の前には、食べ物の屋台が並び、これまた「あおって」月も入れて撮ることにしました(中央右)。

境内のわきから続く大須の商店街には食べ物屋や衣料品店などが並び、若者らが大勢押し寄せて、いつも以上ににぎわっていました(右)。
かつて名古屋の3大繁華街といえば「栄、大須、円頓寺」だったそうですが、同じアーケード街の商店街でも、この大須の栄えように比べて、会社の近くにある円頓寺は悲しくなるほど寂しく、大須を通るたびに円頓寺のことが思いやられます。

大須の商店街にも美味しいみたらし団子屋があるのですが、この日は立ち寄らず、いつも立ち寄るスーパーで刺身用の魚や野菜を買って帰宅しました。

スポンサーサイト