FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

「韓流マラソン」開幕!!!

写真展「走った!撮った!韓流マラソン」が本日、無事に開幕しました!!!

私にとって名古屋では初めてとなるこの写真展は、名古屋中心部にある韓国観光公社名古屋支社の「コリアプラザ名古屋」を会場に、来月3日までの、なんと3週間にわたって開かれるものです(土日は休館)。

展示するのはソウル、慶州、コチャンで開かれる「韓流マラソン」3大会で撮った34枚で、「世界のマラソン」に比べると小さな規模で地味な感じもしますが、慶州についてはマラソンの写真に加え、前夜祭や観光名所の写真約10枚も展示させていただくほか、大画面のモニターを使ってのスライドショーも常時ながされるなど、新しい趣向も加えられています。

それに、こうした一般の展示スペースでメーン展示として写真を見ていただくのも初めてのことで、マラソンや写真を愛好する方に加え、韓流ファンや一般の多くの方々にも見ていただけるものと期待しています。

BL120116韓流初日1R0019611  BL120116韓流初日2R0019609  BL120116韓流初日3R0019628

会場のコリアプラザ名古屋は名古屋のビジネス街のど真ん中である地下鉄東山線・鶴舞線の伏見駅から2分という交通至便の場所で、プラザは名古屋中心部を東西に貫く大通り3本の真ん中・錦通に面しています。
この一等地にあって広々とした展示スペースを誇る情報発信基地がコリアプラザで、観光公社名古屋支社のスタッフの美女軍団のうち、プラザの受け付け・運営を担当されているのが沙織さん(中央)。

先週金曜の夜や本日の朝に、時間外となる仕事として、同僚の美女たちと一緒に写真パネルの展示作業に付き合ってくれた沙織さんは、ようやく格好がついた展示スペースを前に、ホッとした表情。
私たちの背後に見えるコーナーは、廊下側の入り口から入って真正面に当たる場所で、今回の展示の目玉となる「慶州さくらマラソン」(昨年4月)の写真を展示してあります。
ちょうど本日は名古屋発のマラソンツアーの募集開始日に当たり、観光公社名古屋支社ではその説明会が開催。写真展の初日も、それに合わせる形となりました。

そして、沙織さんとともに設置前の「韓流マラソン」のタイトルパネルを持ってくれたのは和代さん(左)。
日本人の職員全員が留学経験があって、韓国語がペラペラなかでも、特に機関銃のような会話術がホンモノの韓国人としか思えない、広報などを担当される美人スタッフです。

展示写真をアレンジしたタイトルをデザインしてくれたのは、今回も会場のレイアウトや文字入りのパネルの制作などを一手に引き受けてくれた駆けっこ仲間で敏腕デザイナーの尚さん。
「走った!撮った!韓流マラソン!」と、いつぞやと同じく、最後にも勇み足で、なかったはずの「!」マークがプラスされているところは勢いもあって、ちょっとした愛嬌だと思っていましたが、尚さんによると半ば意識的にやったということでした。

今年までの「韓国訪問の年」のプロモーションのために、コリアプラザでは私なんか及びもつかないほど格好良い韓流スターたち(の書き割り)も活躍しています(右)。
ヨンさま(ペ・ヨンジュン)にビョンさま(イ・ビョンホン)、それに向こうには(リュ・)シウォンさまも。

BL120116韓流初日4R0019622  BL120116韓流初日5R0019625  BL120116韓流初日6R0019623

壁面を使った展示スペースに加えて、会場には移動式のついたてを並べて、その裏表に残る2大会の写真を展示してあります。
そのうち壁に面した側に展示しているのは、去年11月の「コチャン・コインドルマラソン」で撮影した写真で、これらはすべてプリントして公開するのは初めてとなります(左)。

全羅北道高敞(コチャン)郡で開かれるコインドルマラソンと、私が運営にかかわる「東京夢舞いマラソン」とは一昨年以来、運営母体のランナーグループ同士で相互訪問による交流を続けています。
展示写真の中には、私がツアーコンダクターを務めるコチャンツアーでリピーターになってくれた美女ランナー淳子さんが浴衣姿の仮装でウオームアップしているシーンも。
コチャンコーナーの向こうには、歌手で俳優もこなすピ(レイン)の書き割りも、ほほ笑んでいます。

コチャンの裏、廊下に面した側に展示しているのは「ソウル国際マラソン」(2007年3月)の写真(右)。
このコーナーだけが5年前という少し古い写真ですが、DMに使用したチアガールなど、「秘蔵」となっていた初公開の写真も数枚含まれています。

そして慶州コーナーの右隣、壁の展示スペースの中央部分では、大型モニターで展示写真のスライドショーを繰り返し上映しているほか、私のプロフィールやあいさつのパネル、そして慶州で撮影した前夜祭や遺跡・寺院など観光名所の写真の小ぶりなパネルも展示しています(中央)。

慶州の写真の中には、大会で広報親善大使を務められる増田明美さんがウオークの部で歩かれる様子や、前夜祭で韓国観光公社のイ・チャム社長がスピーチする様子、それに増田さんや観光公社名古屋支社長の金世満さんらと一緒に私が収まっている記念撮影の写真もあります。
(社長のパネルは写真には写っておらず、この後、加えました。失礼しました。)

BL120116韓流初日7R0019635  BL120116韓流初日8R0019639  BL120116韓流初日9R0019638

年末になって急きょ開催が決まった今回の写真展は、展示の規模が小さい割には、これまで以上に大忙しの準備作業をしたことなどから、オープニングだの飲み会だのといった写真展の楽しみも全く仕込めないまま。
しかし、寂しい初日も悪くないなどと痩せ我慢していたところ、直前になって駆けっこ仲間のジダンさんが大阪から出張で名古屋にやってこられました。

ということで、たまたま彼のホテルの近くだった行きつけの韓国料理店「ソウル家」に、DMを置いてもらうため持って行くついでに2人で繰り出し、「花」抜きで硬派なオープニング祝いをしました(中央)。
失礼しました。お店にはちゃんと、美人のお姉さまもいらっしゃいました(と言っても、私とタメなのですが)。

いただいたメーンの料理は本日も、豚三枚肉の焼き肉「サムギョプサル」(左)。
そして、写真展の準備で疲れ果てた身体も心もいやしてくれる特製の(朝鮮)人参酒(右)。

このほかにも、今日もまたお祝いとして、美味しい韓国風の茶わん蒸し(ケーランチム)など数々のサービスをしていただきました。
チャール・モゴッスムニダ(沢山いただきました=ごちそうさま)!カムサハムニダ!

スポンサーサイト