FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

四間道・長者街

日曜のマラソンに備えて、無理な練習をするよりは休み過ぎる方が良い今週は、昨日を除いては月曜、火曜に続いて本日も、通勤ランをせずにバイク(自転車)通勤をしています。

1日走らないだけで全然走れなくなるような不安もわいてきますが、マラソンの場合、この時期までくると、もうトレーニングをしても効果は期待できませんし、よほどのことがない限り、これまでの練習量に見合った結果は既に決まっているようなものですから、やはり無理をするよりは体調を整えることが一番です。

というわけでウエアに着替えての練習は、またまたさぼってしまいましたが、早めの昼休みを利用し、写真展を開催しているコリアプラザまで会社からの往復で少し回り道して、ときおり軽いジョギングを挟みながらウオーキングをしました。

このところ続く強い冷え込みで気温は低いものの、昼前の太陽が街の景色を立体的に見せてくれる中で歩いたのは、城下町の雰囲気を残す四間道(しけみち)と、かつて日本三大繊維街の1つとされた長者町。
陽光に照らされた冬の花や木々、歴史を感じさせる街のたたずまいなどをスケッチした9枚を掲載します。

BL120126昼休み1R9290184  BL120126昼休み2R9290194  BL120126昼休み3R9290155

四間道のエリアに着く前に通ったのは、南北方向の大通り・伏見通の1本西にある御園通。
以前の記事でも紹介したことがありますが、この通り沿いの会社に近い一帯は民家や店の前にある植え込みや植木鉢・プランターなどに季節の花がいつも咲いている「都会の花園」のような場所。
本日のウオーキングでも、掲載する写真の1枚目は、ここで撮ったキク科とみられる黄色い花(右)。
冬の斜光を背後から受けて、鮮やかに輝いていました。

御園通から右に折れ、名古屋城と港を結ぶ江戸時代の運河・堀川に架かる五条橋を渡ると、正面が昭和の香りを残す円頓寺商店街ですが、その手前を左に入ると四間道のかいわいです。

四間道についても以前に何度か紹介していますが、江戸時代に運河沿いにあった米や味噌、塩などを商っていた商店などが大火事に遭って次々と延焼したのを教訓に、道幅を4間(7メートル余り)に広げたのが名前の由来で、その一角が戦災から免れて、昔の面影を残しています。

四間道の旧家の中には、火災などの厄除けのため、屋根のひさしのそばに小さな祠を設けた、名古屋地方に独特の「屋根神」が残っている家もありますが、その手前には昔ながらの防火用水も見られ、その水面は「水鏡」となって、まだらの雲と、その向こうの太陽を映していました(中央)。

旧家の玄関先に植わっていたナンテンは、実の多くを落としていましたが、これもまた風情があります(左)。
カメラのレンズを望遠にしてナンテンを接写すると、背景にボケて見える白壁に黒格子のお蔵などの家並みと赤い実が似合っていました。

BL120126昼休み4R9290215  BL120126昼休み5R9290210  BL120126昼休み6R9290214

別の民家の軒先にあったナンテンは、赤く染まった葉が、やはり逆光で透けて見えて、黒格子がつくる背景とマッチしていました(右)。

四間道のお蔵を改造した和風レストランの玄関先には、プリムラ(西洋桜草)やパンジー、シクラメンといった冬の花を集めてアレンジしたハンギングフラワーが飾ってあり、これまた黒っぽい居た壁にお似合いでした(中央)。

こうして見ると、四間道もまた御園通と同じく、飾られた花々が目を楽しませてくれることが分かります。
家の中だけでなく、外を通る見知らぬ人たちのことも考えて、家の外もきれいにしようという気持ちは、自分の家や町に対して誇りを持っているからこそ持てるものなのでしょうが、余裕や遊びのある心にも源があるように思えます。

そんなことを思いながら四間道を歩いていたそのとき、ちょうどすれ違ったのは、色とりどりの生け花を荷台の箱に入れて自転車に乗った女性(左)。
その後ろ姿も、町並みに溶け込んでいるように見えました。

BL120126昼休み7R9290253  BL120126昼休み8R9290247  BL120126昼休み9R9290238

写真展の会場であるコリアプラザ名古屋に立ち寄った後、会社に戻る際に通ったのは、長者町通(右)。
この通りはプラザのわきにある南北の通り・長島町通と平行して1本西側にあり、プラザが面する東西方向の大通り・錦通から会社に近い次の大通り・桜通付近までの通り沿いの一帯は「長者町繊維街」です。

長者町は戦後、日本橋横山町(東京)、船場丼池(どぶいけ)筋(大阪)と並ぶ日本三大繊維街の1つとされて栄えた繊維製品の卸問屋街ですが、1990年代に安い中国製品の輸入が増えたことを受けて活気を失い、業者の数も半減しました。

ところが、その後にファッションビルの建設やIT系企業の誘致などによる町おこしも強力に進め、その一環として一昨年、現代アートの祭典「あいちトリエンナーレ」のメーン会場の1つに名乗りを上げ、空きビルや空き地を展示場に提供するなどして、かつてとは違ったにぎわいを見せたことは、このブログでも何本もの記事で紹介しています。

卸業者が盛り返しをかけて試みているのが、小売店の併設で、写真で分かるように、ちょっと昭和風の看板が並ぶ一角もあります。
こうした店では、紳士服から着物まで、さまざまな種類のアパレル製品を格安の値段で買い求めることができますが、私はこれまで、トリエンナーレの際に開かれた地元の祭りなどで、風呂敷などの小物を破格の値段で買っただけでした。

しかし、本日は仕事用などのスーツを新調しようと思っていた矢先だったことから「もしや」と思って、写真でも見える紳士服の店に立ち寄ったところ、なんと身長187センチという人並み外れてノッポな私に、ピッタリのスーツが店内の「吊し」であるではありませんか。

しかも、店頭に並ぶ超破格の値段のものほどではないものの、定価の4割引きという破格の値段。
それに、5年以上も前に買った今の「一張羅」に比べると、スリムなシルエットが「イマ風」で格好良く、夏にも使えそうな軽くて張りのある生地も高級感あふれる風合いで、なんと昼休みにスーツを衝動買いしてしまいました。

先に進むと、トリエンナーレの際にパフォーマンスイベントの会場にもなった老舗料亭が併設する明治の洋館風のレストランが通りの角にあって、店の前にある柳の大木の葉が、やはり逆光に輝き、黄緑色のしぶきを上げる大きな滝のように見えました(左)。

御園通や四間道とは違い、仕事場の街である長者町では、通り沿いに花は目立ちませんが、花屋の事務所とみられる看板を掲げた事業所の外壁は枯れたツタに覆われ、店の前の植え込みはヤブのように爆発していて、自然のちからを感じさせる一角になっていました(中央)。

スポンサーサイト