FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

香港マラソンたんのう!!

韓国以外では久々となる「走った!撮った!」の海外マラソンとなる香港マラソンを本日、無事に完走、そして「完撮」しました!!

スタートの際には小雨がぱらついていましたが、その後は天気が回復して、心配だった暑さもなく、海と高層ビル群が織りなす香港の景色をたんのうすることができました。

といいますのも、この大会のコースはスタート後わずかとゴール前わずかを除いて、ほとんどが高速道路や洋上に架かる橋という設定。まるで空港と市内を結ぶダブルデッカーのバスの先頭に乗って、車の通らない道路をわが物顔で走り回るような絶景の連続なのです。

ただし、その代わりに一般市民による沿道の応援は、コースの大部分で物理的に不可能で、応援する人たちをメーンの被写体にする私としては、ちょっと欲求不満を感じるところもありました。
おかげで撮影した写真は、このところの「走った!撮った!」で撮影する1大会当たり300~500枚を大幅に下回る約200枚にとどまりました。
写真が少なかったこともあって、このところに比べると早めの4時間25分ほどでゴールしました。

とはいうものの、自動車専用道路のわきに陣取って一所懸命にランナーをサポートしてくれるボランティアの写真はたくさん撮影することができましたし、残り数キロになってダウンタウンに入った途端、せきを切ったように盛り上がった応援の様子も、満を持してたくさん撮ることができ、終わってみると、絶景も応援も楽しめる、それなりにぜいたくなマラソンだったことについて、かなりの満足感を得ることができました。

BL120225香港マラソン当日1R9290587  BL120225香港マラソン当日2R9290642  BL120225香港マラソン当日3R9290648

紹介する写真はまず、ようやく沿道の応援を受けられるようになって間もない40キロ地点で、写真を撮らせてもらった女性に撮ってもらった私自身〈左〉。

完走メダルを首にかけてもらうシーンを、美人ボランティアスタッフに再現してもらって撮ったもの〈中央〉。

そして、中盤で何キロかにわたって並走させてもらいながらも、振り切られてしまった香港美人のランナーに、ゴール後、幸運にもばったり会って撮ってもらったツーショットでした〈右〉。

スポンサーサイト