FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

再スタートの日

このブログは、ランニングや写真をめぐる話題を中心に書きつづる公開日記であって、仕事やプライベートな生活のネタは避けるようにしているのですが、本日は私の人生にとって、ちょっとした再スタートの日となったということのみを書き記すことにします。

本日の所用のために昨日、上京してきた私が東京の内幸町にある行きつけの韓国料理店で、駆けっこ仲間たちと飲み会を開いたことは既にお伝えしましたが、その様子はもう1日延びて、明日の記事で紹介します。

BL120210東京3R0020174  BL120210東京1R0020169  BL120210東京2R0020186

掲載する写真はまず、所用を終えた足で立ち寄った日比谷公園の風景。
園内にある洋館風の老舗レストラン(左)、オフィスビル群を背景にした噴水(中央)、そしてやはり園内にあるお花屋さんの花ではなくてショーウインドーに飾られた風船(右)。

東京都心のオアシスである日比谷公園は、かつてランニングでも数え切れないほど通ったことがあって、これらの風景の幾つかは、私にとって特別な意味を持つものでもありましたが、再スタートをしたとあっては、そうした意味ももはやありません。

その代わりに、本日撮る写真は、もっと前向きで晴れやかなものになると思いましたが、残念ながらそうでもないようです。再スタートの日だからといっても、特別に心が晴れわたるわけでもなく、結局のところ私は昨日までの私と劇的に変わるわけでもなく、目にする風景も、私が撮ることのできる写真もまた、たいして代わり映えなどしないもののようです。

それでも確かなことは、これからの人生もまた、あまり後ろを振り向かないで走り続けて行けるような勇気を持つことなのだと、自分に言い聞かせています。

BL120210東京4R0020189  BL120210東京5R0020192  BL120210東京6R0020195

日比谷公園を抜けて食事のためにち寄ったのは、昨夜も宴会の会場となった韓国家庭料理の店「まだん」。
店主の金淑子(キム・スクジャ)さんは、今日も元気な笑顔で出迎えてくれました(右)。

「お祝い」のためにとサービスでいただいたのは、迎え酒ともなった生ビール(左)。

再スタートとはいえ、カゼで身体も重たく、相当にくたびれた私の記念写真も撮ってもらいました(中央)。

スポンサーサイト