FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

門出祝い「ハーレム」で

マラソン大会の「格付け」をテーマにした雑誌の座談会に参加するため昨日上京した私は、夕方に行きつけの韓国料理店を訪れ、2週間前に迎えた人生の門出を、またまた駆けっこ仲間らに祝っていただきました。

今回の食事会は、駆けつけてくれたのが美女ぞろいの女性4人。当初予定していた男性の仲間が参加できなくなったことから、完全な「ハーレム状態」となり、ビッグな方々が顔をそろえた座談会の緊張から解放され心が軽くなったこともあって、私は終止ほおが緩んだままとなり、いつも以上にお酒も進んでしまいました。

美女たちとの飲み会のネタを、こうも連発していては、読んでくださる方々も食傷気味になるのではないかと心配されます。自分がいいトシをしたオヤジであることを冷静になって振り返っても、お調子者の自分に気恥ずかしい感じを、覚えないわけではありません。

しかし、これは致し方のない現実であり、私のキャラでもあって、撮らせていただいた記念写真の数々を封印してしまうこともできませんので、ごかんべんいただくことにします。
東京・内幸町にある韓国家庭料理の店「まだん」を舞台にした本日分の写真は、以下の6枚です。

BL120223まだん1R0020643  BL120223まだん2R0020645  BL120223まだん3R0020641

そのハーレム状態の食事会に参加してくれた美女軍団は、明走会のメンバーを中心とした4人(右)。
写真の左から美酒乱さん、みわこさん、直美さん、翔子さんです。

そのうち美酒乱さんは、そのニックネームの通り私など足元にも及ばない明走会きっての酒豪で、明走会が実質的に母体となって運営している「東京夢舞いマラソン」と交流関係にある韓国の「コチャン・コインドルマラソン」を走るツアーには、昨年まで2年続きで参加。直美さんは私と同じく明走会の幹事団の一員で、夢舞いでも中心メンバーとして活躍。みわこさんは直美さんの職場の同僚で、昨年の夢舞いでは、ボランティアとして参加してくれました。

そして直美さんいわく、直美さんご自身と美酒乱さんに私という「オヤジ」グループの中にあって、1人で平均年齢を下げてくれた今回のスペシャルゲストである翔子さんは、去年の7月にトレラン中の事故で亡くなった夢舞い・明走会の仲間Mさんと以前の職場で後輩だったことから、先月開かれた事故の報告の際に私たちと知り合ったというMさんにつながる新しい仲間です。

4人を撮影させてもらったのは、「とりあえずの生ビール」に続く「生マッコリ」が全員にほぼいきわたったころの何度目かの乾杯の際。
そして、方向を逆にして私を入れた写真は、直美さんによるショット。
こうした写真をいつも撮ってもらって、その度に私からダメだしを繰り返し受けているうち過不足ない画角を会得された直美の写真は、今回もトリミングがほぼ不要でバッチリ。
「もっと若く見えるように撮ってくれ」という、さらなる難しい注文にも応じていただいたようです。

まだんの美人ママを手伝ってくれるアルバイトの「アガッシ(お嬢さん)」は、日本でフランス料理を勉強されているという、やはりとびきりの美人さん(中央)。
彼女が持ってくれたのは、ドングリの粉でつくった寒天状の「トトリムク」を使った「ムッチム(サラダ)」。
山の森のような香りがするこの料理は、予約をしている場合だけ作ってもらえる店で一押しの品です。

BL120223まだん4R0020652  BL120223まだん5R0020658  BL120223まだん6R0020659

バレンタインデーからまだ10日ほどだということから、直美さんがプレゼントしてくれたのは、懐かしい味の「チロルチョコレート」など(左)。

隣のテーブルに座っていた若者たちは、近くにある会社の職場の仲間たち(中央の写真の後方)。
そのうちの体格の良いイケメンの若者は、元ラグビー選手ですが、現在は禁煙に挑戦中。

それでもつい吸ってしまった際に、煙が大の苦手の私が控えてくれるようお願いしたところ、見知らぬオヤジの頼みを素直に聞いて、その後はピタリとタバコに指をのばさないでいてくれました。
ということで、一時は少し気まずい空気も流れたものの、最後にはテーブルの間の見えない垣根が取り払われて、うるさいオヤジからは、タバコよりは1000倍は美味しいはずの、生マッコリが振る舞われることになりました。

今回も大いに盛り上がった宴会の後は、まだんの美人ママ・金淑子(キム・スクジャ)さんを交えての恒例の店の前での記念撮影(右)。
この後、酒豪の美酒乱さんと、直美さんから「妖怪もう一軒」と呼ばれる私は、当然のように、もう1軒の店を目指してオヤジの飲み屋街・新橋の街へ。
オヤジの街とは最も不似合な翔子さんにまで、お付き合いいただいて、失礼をしてしまいました。

こうして美女たちに囲まれ、味方でもあり敵でもあるお酒にも浸りながら、また長い夜が更けていきました。

スポンサーサイト