FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

勘違いのおかげで帰省

土曜ながら勤務があった本日は仕事の後、大阪の実家に帰り、両親と遅い夕食をいただきました。

実のところ、明日は名古屋近郊の犬山でハーフマラソンを走るつもりをしていたのですが、なんとあろうことかエントリーをしていたと思い込んでいたところが手続きをしそびれていたことが今朝になって判明。
その代わりに1文字違いである大阪南部の「犬鳴山」を走るトレイルランの企画に参加することにして、急きょ「予定」を変更し、朝早い出発に備えて実家から出かけることにしたというわけです。

おっちょこちょいの私ですが、エントリーしていない大会を走るつもりになっていたのは、これが初めて。
どうも走るつもりでネットでのエントリーを途中まで進めた後に、何らかの理由で最後のクリックをしそびれていたのではないかと思いますが、手帳にはしっかりその「予定」を書き込んでしまっていて、案内の郵便物が届かないため不安になってネットで確認して、初めてポカが判明しました。

まあ頑張って走ろうと準備をしたレースや海外の大会でなかったのは幸運で、むしろ最近まで長引いたカゼのために完全な練習不足だったことから、リハビリ的に走れそうなトレランの方が好都合でした。
それに何より、お正月以来、なかなか機会をつくれず、久々となった帰省が、とんだ勘違いのおかげで突然、実現することになったのもまた、なんだか幸運でした。

そしてまた、トレラン企画に「ドタ参加」をさせてくれる中学高校の同窓生にして駆けっこ仲間のジダン監督と、彼が率いるチームジダンの皆さんには、深く感謝をしたいと思っています。

BL120225実家1R9290916  BL120225実家2R9290919 BL120225実家3R9290923

予定が狂ったといえば、このところ連日のように飲みすぎたことから、お酒を1滴も口にしなかった昨日に続きもう2、3日は断酒をしようと思った目論見が早くも崩れ去りました。
私の親ですから、お察しいただける通り、80歳前後の両親は今でもともに毎日の晩酌を欠かすことがなく、本日の食卓にもビールに始まって(中央)、日本酒も次々に出されました(左)。

といっても、写真に撮ったこれらの日本酒は、いずれも私が、お正月に抱えてきた何本ものうちの2本。
両親は少しずつ飲みながら、大事に残しておいてくれたようです。
しばらくは、お酒を受け付けないように思えた私の体ですが、やはり上等で美味しいお酒はスルスルと入っていくようで、トレランに向けた「燃料補給」を十分にすることができました。

そして、ちょっと驚いたのは「幾つもの目や口があった方が楽しいだろう」と母が用意してくれたお鍋が、韓国風の「ブデ(部隊)チゲ」だったということ(右)。
韓国には行ったことがないというのに、長年の間、毎朝ラジオの韓国語講座を聞いている父が、料理雑誌を見て勧めたのだということでしたが、「ハイカラ」に見えて味の方が日本風に中和されたブデチゲはなかなかオツな味の仕上がりでした。

スポンサーサイト