FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

走った!撮った!新城1

ようやく桜が咲き始めたところでしたが、本日は全国的に、まさに「春の嵐」の猛烈な風雨となりました。
草や木は風雨には強いものですが、さすがにこんな暴風雨では、せっかく咲いた花の多くは散ってしまったのではないかと心配されます。

満開を過ぎた桜の木には既に散った花のガクが見えるものですが、満開前の桜は普通なら、きれいな花やつぼみばかりが見えるものなのに、こんな嵐の後では、満開前にもガクが目立つことになるかも知れません。
しかし、それも自然の成り行き。いちど傷ついた桜が再び満開に向けて咲き続ける姿も、それはそれできっといつもの春にはない美しさを見せてくれると思いたいものです。

さて、そうして春はますます本番に向かって行くなか、紹介する記事はまだまだ昨年度の落ち穂拾いで、本日は、あと3回を残している「走った!撮った!京都マラソン」をもうしばらく休んで、京都の次の日曜、2週間余り前に走ったトレラン大会の報告「走った!撮った!新城トレイル」の1回目を掲載します。
とはいえ、山の中を走るトレランでは、お祭りマラソンのように沿道の応援は基本的になく、給水所も少なめ。
走っているランナーも、足下の悪いなかでカメラを意識してくれるほどの余裕がないもので、走りながら撮れる写真は場面も枚数も限られています。

いきおい約32キロを8時間近くかけて走ったコース中に撮った写真は、わずか100枚足らず。
掲載する写真も30枚で、これを2回に分けて15枚ずつ紹介します。
その第1回といいますか、前半の今回は、コース中で最高峰となった「宇連山(うれやま)」までの様子です。

BL120318新城トレイル1-1RIMG0639  BL120318新城トレイル1-2RIMG0644  BL120318新城トレイル1-3RIMG0659

BL120318新城トレイル1-4RIMG0660  BL120318新城トレイル1-5RIMG0663  BL120318新城トレイル1-6RIMG0666

BL120318新城トレイル1-7RIMG0669  BL120318新城トレイル1-8RIMG0670  BL120318新城トレイル1-9RIMG0673

BL120318新城トレイル1-10RIMG0677  BL120318新城トレイル1-11RIMG0682  BL120318新城トレイル1-12RIMG0686

BL120318新城トレイル1-13RIMG0688  BL120318新城トレイル1-14RIMG0690  BL120318新城トレイル1-15RIMG0693

※※※
このブログの写真を拡大して閲覧する際の手順が、変更されました。
といいましても、無料で利用しているブログの仕様が年度替わりに突然、変わったということです。
その変更は「アルバム機能」というものが付加されたというものです。

これまでは本文と一緒にアイコンが並んでいる横3~4枚の写真を拡大するには、アイコンの上でクリックをすれば済んだのですが、アルバム機能が付加された本日の記事からは、クリックすれば前後の写真も合わせて9枚分のアイコンと、少し拡大された写真がセットになったアルバム画面が開きます。
写真をさらに拡大するには、写真の上か右上にある「虫めがね」のアイコンをクリックする必要があります。

つまり、大きな画像を見るために2度のクリックが必要となったということです。
しかも、アルバムのデザイン上、小さな画面のパソコンを使った場合には、写真のサイズは、これまでに比べ一回り小さくなってしまいます。
さらに、アルバムの画面には、目障りなほど大きな広告スペースが盛り込まれていて、こちらの方に目を奪われてしまいます。

確かにアルバムが使いやすい面もあるのでしょうが、私の印象からすれば、はっきり言って余計なお世話で、こんな基本的な仕様の変更が何の前触れもなく始まって、しかもどうやら、それを拒否することができないというのは、悲しいかな無料のブログの情けないところです。

そもそも、一昨年の写真展の際、駆けっこ仲間のウェブプロデューサー「榎さま」に立ち上げてもらったサイトとブログですので、すべてをお任せしている私には、どうすることもできず、今後の対処法については、榎さまと相談することにしたいと思います。

ただ、当初はブログが、その後2年以上も続くことなど予想だにせず、「とりあえずは無料のサービスを使った方が良い」と自分自身も納得していましたので、こうした仕様の変更も、とりあえずは受け止めるべきなのでしょう。
それに、そもそも仕事とは関係のない100%趣味の世界のブログですから、無料サービスの方が似合っていますし、訪問してくださる方々に、お付き合いいただいているだけで、あらためて感謝したいと思っています。

スポンサーサイト