FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

皇居周辺ジョグ2

今週半ばに上京し、2日間続けて皇居の周辺をジョギングした際の写真を3回に分けて掲載することにしていて、その2回目として、一昨日に撮影した写真の残り9枚をアップします。

BL120412皇居2-1R9290711  BL120412皇居2-2R9290684  BL120412皇居2-3R9290727

皇居の外周歩道からしばし離れて、皇居外苑の芝生や土の小道を走った私は、東京駅の正面の行幸通りが内堀通りにつき当たる三叉路交差点で外周に戻りました。
大手門の前を過ぎて大手濠に沿って走っていると、濠の水にハクチョウが浮かんで、私と同じく北に向かって水面を滑るように進んでいました(中央)。
ハクチョウだけをアップにすると絵柄がつまらなくなりますので、お濠端で若葉を吹いていた柳の枝先を少しだけ映し込みました。

皇居の近くで土の地面をたどる私の「都心クロカン(トレラン)コース」では、皇居の北側の代官町通り沿いで北桔梗門に差しかかるところの歩道橋を渡り、北の丸公園に入るのですが、この日はさらに進んで千鳥ヶ淵の交差点まで戻り、千鳥ヶ淵沿いの桜を見られる千鳥ヶ淵緑道に向かいました。
交差点の手前から歩道わきに咲いた菜の花越しに半蔵濠を見ると、国会議事堂の三角屋根が、その左後方に、以前の職場が隣にあったJTのビルなどとともに遠望できました(左)。

千鳥ヶ淵の両岸の桜も、かなり散って、岸の近くの水面に無数の「花いかだ」が浮かんでいましたが、城のお堀端に桜が植わった場所としては日本一の絶景を楽しめる名所だけに、水面には平日とは思えないほど多くの手こぎボートも浮かんでいました(右)。

BL120412皇居2-4R9290761  BL120412皇居2-5R9290734  BL120412皇居2-6R9290749

千鳥ヶ淵緑道を過ぎると、北の丸公園の日本武道館わきの入口である田安門の前に達し、そこで歩道橋を渡ったところが大鳥居の立つ靖国神社の参道入口で、クロカンコースに戻って参道の砂利道を進みました。
東京で桜の開花宣言の目安とされる、ソメイヨシノの「標本木」がある靖国神社の境内でも、桜の花はかなり散って葉桜になりかけていました(中央、右)

靖国神社の境内わきには「平和の象徴」とされ、1万羽に1羽しか生まれないとされる白い伝書鳩を飼育している鳩舎があり、数羽が出入りしているのを見ることができました(左)。
ここでは300羽もの白い鳩を飼育していて、8月15日の終戦記念日に、多くの鳩を空に放つ「放鳩式」というイベントが行われるということです。

BL120412皇居2-7R9290766  BL120412皇居2-8R9290775  BL120412皇居2-9R9290772

靖国神社を出て、ミサイル発射騒ぎで警備担当の警察官や報道陣が集まっていた朝鮮総連の前を過ぎると、皇居の外濠沿いにある外濠公園はすぐ近くです。
ここもまた私のクロカンコースの一部で、公園は飯田橋の近くから市ヶ谷を通り、四谷までの2キロ余り、また都心のトレイルを踏める貴重な場所であるばかりか、桜並木が続く花見の名所でもあります。

とはいえ、この公園でも桜は盛りを過ぎて、地面に敷き詰めるように散った花のじゅうたんの方が圧巻(左)。
それでも、歩道わきには夜桜見物の花見用に、会社名などを書いたブルーシートが場所取りのために並べられ、四谷の上智大学の近くでは、学生らが既に花見に興じているところでした(右)。

桜の木の下で、熱く抱擁し合う外国人カップルの姿も(中央)。
花の盛りは過ぎたものの、1年に1度だけの桜の季節は、この国にいる多くの人たちに生命の息吹きと、人生を渡っていくことの幸せを、最も感じさせてくれる時期のようです。

私のクロカンコースはかつて、外濠公園を過ぎた後、赤坂までは弁慶濠の岸辺につけられた、まさに森の中のようなトレイルをたどったのですが、この部分は残念ながら補修が必要だという理由で数年にわたって延々と封鎖されてたまま。私は仕方なく四谷駅前まで戻って、新宿通りからホテルに向かうことにしました。
クロカンコースで土の地面を踏める部分のうち、この日に通らなかった日比谷公園と北の丸公園のルートは翌日の朝にジョギングで走っていて、次回の記事で、そこで撮った写真などを紹介することにします。

スポンサーサイト



皇居周辺ジョグ1

いくつかの所用のため週半ばに上京していた私は、一昨日と昨日の2日続けて、ランナーのメッカである皇居の周辺をジョギングしました。
桜が散っていき、その代わりに木々の若い緑が一斉に吹き始める、さわやかな春の景色と空気の中で、都心をジョギングしながら撮った写真を、3回に分けて掲載します。

BL120412皇居1-1R9290624  BL120412皇居1-2R9290631  BL120412皇居1-3R9290623

私が今回の上京で宿泊したのは、皇居ランナーの定番コース・外周歩道のある内堀通りに、新宿通りが突き当たる皇居西側の半蔵門から、ごく近くにあるホテル。
もちろん、桜が咲き残る皇居かいわいをジョギングするのに好都合であることから宿泊先を選んだわけです。
目論み通りで、前日は「午前さま」になるまで飲み歩いたものの、目の前が皇居とあっては走らないわけにはいかず、朝のうちに外に出て、名残の花見と体内のアルコール発散を兼ねた写真を撮りながらのファンランをしました。

まず向かったのは、外周歩道と平行して設けられている千鳥ヶ淵公園。
実は、この公園が名前を冠している千鳥ヶ淵は、外周歩道が皇居の北側で沿っている代官通りを隔てて北にあり、公園のそばにあるのは半蔵濠です。

ともあれ、岸辺に桜の大木が並ぶ千鳥ヶ淵と同じく、この千鳥ヶ淵公園も皇居かいわいの花見スポット。
桜は前日の雨で大幅に散ったようでしたが、「花のじゅうたん」のように地面に散った桜の花びらと枝に残る桜にサンドイッチされた公園で、外人観光客や子どもらが花見の散歩をしていました(左、右)。

彫刻の足下に設けられた水槽には桜の花びらと、ちょうど葉が入れ替わる時期を迎えた常緑樹のクスノキの落ち葉が浮き草のように散っていて、水の中ではオタマジャクシが泳いでいました(中央)。

BL120412皇居1-4R9290645  BL120412皇居1-5R9290656  BL120412皇居1-6R9290649

半蔵門前で公園から外周歩道に出ると、皇居の周回コースで最高の眺望が広がる絶景スポット(右、左)。
桜田濠に沿って長く緩やかな下りが続き、調子が良ければ、気持ち良く飛ばせる部分でもあります。

桜田門が近づくと、道向かいには官公庁の庁舎が迫り、日陰になったビルを背景に、街路樹のこずえが逆光で美しく光っていました(中央)。
ビルの窓の中には天井の蛍光灯が見えて、多くの人たちがデスクワークに励んでいるもよう。
こちらは平日に休みをいただいて、さわやかな空気を胸一杯に吸い込みながら走っているわけで、幸せを感じると同時に申し訳ないような、世の中から逸脱してしまったような感じもします。

BL120412皇居1-7R9290662  BL120412皇居1-8R9290679  BL120412皇居1-9R9290674

1周ほぼジャスト5キロという皇居の外周歩道のコースは、警視庁の向かいで内堀通りを少し外れて、桜田門をくぐり、皇居前広場の南の縁をたどります。
その後、コースは再び内堀通り沿いを北上するのですが、私はそこで通りを渡り、皇居外苑の芝生や、芝生の外側にある林の中の小道をたどりました。

タイムトライアルやペース走をするには信号のない5キロの外周歩道は、うってつけですが、皇居の周辺は、こんなふうに公園の中などをたどると、意外なことに土や芝生の地面を踏んでいくことができます。

私は以前、職場が皇居に近い虎ノ門にあったころ、日比谷公園や皇居外苑、皇居北側にある北の丸公園、靖国神社、外濠公園-などをつないで10キロ余りのうち半分ほども地面を踏める、名付けて「都心クロカン(トレイル)コース」をつくっていて、シフト勤務の前後などに数え切れないほど走ったものです。
元々が「山ヤ」で、トレランが人気になる前から山も走っていた私は、舗装された路面よりも土の道の方がトレーニング効果もあるうえ故障しにくいということを体験的に分かっていたことから、ロング練習をするときにも、ほとんど公園や河川敷の土の道を走るようにしていたのです。

それに、そうした公園などを走ると、車がそばを通って排気ガスを吸わされる皇居の外周歩道に比べ、ずっと美味しい空気を吸えますし、季節の花々なども楽しめるという特典もついてきます。

今回、皇居外苑の外側、馬場先濠との間にある林を走っていて見かけたのは、散りゆくソメイヨシノに代わり咲きそろい始めた八重桜と、その枝に止まるスズメ(左)。
地面に落ちたヤブツバキの花と、その上に落ちたクスノキの落ち葉(中央)。
そして、落ちたヤブツバキのそばで花を咲かせ始めていた白いハコベや紫のイヌフグリといった春の草花(右)。

東京の都心というところは皇居の外周歩道にしろ、こうした土の道と都会の自然を楽しめるサブコースにしろ走る場所に恵まれていて、そのことを、こうして東京を離れ、たまに出かけてくると、いっそう強く実感します。