FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

またまた「まだん」

今年10月にプレ大会、来年の春か秋に第1回の本大会を予定している韓国・済州島での「ハルラ登山競争」の企画に関連する所用のため、本日は名古屋での勤務後、夕方に上京しました。
そして用事を済ませた後、行きつけにしている東京・内幸町の韓国家庭料理の店「まだん」で、登山競争や8月の写真展に向けた作戦会議も兼ねて明走会の駆けっこ仲間らと食事会を開きました。

12-06-01まだん1IMG_0406E  12-06-01まだん2IMG_0412E  12-06-01まだん3IMG_0422E

直前に声掛けさせてもらったにもかかわらず、まだんに集まってくれた仲間は6人(中央)。
写真の後列は左から岳志さん、さゆりさん、雄ちゃん、淳子さん、前列は同様に、ささどん、直美さん。
「まだん」は韓国語で「広場」の意味。その名の通り、肩ひじを張ることなく、美味しい料理と酒をいただきながら談笑を楽しめる店では、またまた7時台から11時ごろの暖簾を下ろす時間まで居座ってしまったにもかかわらず、美人ママの金淑子(キム・スクジャ)さんは店の前での記念写真に応じてくれました。

お開き近くになって店内で撮った記念写真で、誰からとも知れずやったパフォーマンスは、先ごろの金環日食にちなんで日食を観察する際のポーズを真似たもの(左)。
韓国風味付け岩のり「トルギム」を、日食グラスに見立てています。

日付変更線が近くなってから、最寄のJR新橋駅前にある「SL広場」で合流してくれたのは、敏腕デザイナーで、ハルラ登山競争プレ大会のチラシも手掛けてくれている尚さん(右の写真の中央)。
販売が最終日となった「ドリームジャンボ宝くじ」で、窓口の終了直前に「残り福」を狙って駆け込みで購入した仲間らは、今度は買ったばかりのくじでも、日食グラスのポーズをしてられました。

このときはまだ、太陽は地球の裏側にある深夜でしたが、2次会の店に移動して、さらに延々と食べて飲んだ仲間数人とともに店を出ると、なんと明け方が近く、「またやってしまった」と思いながらも、楽しい夜を過ごすことができました。
といいますか、日本では「妖怪もう1軒」、韓国では「スルハルバン(お酒じいさん)」の名誉なのか不名誉なのかが微妙なニックネームをいただいた私に付き合ってくれる仲間たちに、申し訳ないというか、頭が下がるというか、とにかく感謝しています。

スポンサーサイト