FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

「東京写走」に出演へ!

これまで何度も写真展の紹介などをしていただいたTOKYO FMの美人パーソナリティー・浅利そのみさんの担当する番組に、久々にゲスト出演させていただくことになり、上京していた昨夕、収録をしてきました。
浅利さんは現在、ランナー向けの番組「JOGLIS RUN GIRLS」の木曜日を担当されています。
そして、この木曜のキャッチフレーズが、なんと「あなた」と「RUNNING」と「写真」で共有しながら遊ぶ「東京写走」!!!

去年11月の第1回神戸マラソンで、カメラを持ちながら走り、「1000人の笑顔を撮る」という一大プロジェクトに挑戦された浅利さんは、その後もレースや練習でカメラを持ちながら走り、「走った!撮った!」を実践中。
そうして浅利さんが撮られた写真や、リスナーから送られたランニングにまつわる写真をウェブサイトで紹介しながら盛り上げるというのが木曜のコンセプトだそうです。

しかもしかも浅利さんが、とてもランナーとして真っ当とはいえない「走った!撮った!」の道に足を踏み込まれたきっかけが、一昨年の私の写真展だとおっしゃるものですから、今回もゲストに呼んでくださった際、2つ返事で出演を快諾させてもらいました。

BL120621FM東京1RIMG0066  BL120621FM東京2RIMG0070  BL120621FM東京3RIMG0072

昨日、収録したゲストコーナーは、6月28日と7月5日の午後5時50分から10分間の番組内で3分余りの長さでオンエアされる予定です。

2回のコーナーでは、私の「走るマラソンカメラマン」としての活動を紹介していただいたうえで、走りながらの写真撮影のテクニックを、お伝えする-というのが趣旨でしたが、短めの時間に簡潔明瞭に話をすることができず、説明足らず、舌足らずの不本意な内容になったように思っています。

以前、出向先のテレビ局で、自分が制作した特集の解説をするため何度かスタジオ出演した際にも、決められた時間に言うべきことを簡潔に話すことが難しかったのを思い出してしまいます。
上手に話すことが生来、苦手なんだということを、あらためて実感した次第で、こんな私をゲストに呼んでくださる浅利さんや番組スタッフの皆さまには、申し訳なく感じます。

掲載した写真は、そんなスタッフの1人で、番組のディレクターを務められている大輔さん(右)。
浅利さんが持ってられるのは、神戸マラソンの前に私が推薦させてもらったリコーのデジカメ「CX4」(中央)。
私と同じく、走りながらいつも手にしてられるためか、ピントが合いにくくなる不具合が少し出始めているようで、早急に入院治療に預けられるよう、お勧めさせてもらいました。

舌足らずに終わった「シューティングテクニック」の説明については、もし番組を聴かれた方から問い合わせをいただきましたら、お話できればと思っています。

※※※

といいましても、とりあえず、ここでポイントだけを紹介しておきます。
番組では、他のランナーに迷惑をかけないよう「安全第一で」、被写体の方に快く応じていただけるよう「声をかけて撮る」こと、そして「撮りたい」と思う「気持ちに素直になること」までを、お話しました(オンエア前のフライングで恐縮ですが)。

まあ後は技術的な当たり前のことばかりですが、まずできる限り「被写体に近づいて、画面いっぱいに撮る」、四隅などに意味のあるモノが入るよう「アングルを工夫する」、「最高の瞬間を一発で決める」(といっても、「失敗したかな」と思ったら、もう1枚)、「ピンボケとブレに注意する」-などを説明できればと思っていました。

それから、色や陰影が正確に分かる、程度の良いパソコン用モニターを使って確認・選択することも。
つまり、写真というものは実は、撮ることと同じぐらい「チェックして選ぶ」作業も重要だということです。
と、ここまで書いて分かったのは、言いそびれたと思っていた内容は、ちょっと難しくて一般的ではないため、結局のところ、さわりの部分だけでも良かったようだということでした。

BL120621皇居1RIMG0075  BL120621皇居2RIMG0082  BL120621皇居3RIMG0106

さて、せっかく皇居に面して本社ビルが建つTOKYO FMにおじゃましたのですが、皇居ランを楽しむ時間はなく、その代わり、半蔵門から坂を下った桜田門まで、大勢がイブニングランに繰り出しているランナーを横目にウオークすることにしました。

写真は左から、半蔵門の三叉路交差点近くに建つTOKYO FMのビルとランナーら。
同じく半蔵門から、桜田濠を見下ろす下り坂を駆け下りていこうとするランナーら。
そして、桜田門近くで、ランナーらが走る歩道や桜田濠越しに見えた丸の内のビル街でした。

スポンサーサイト